PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
空中ループ×里帰り

結成から5年目にして自らの名前を冠した最高傑作アルバム「空中ループ」を発表した空中ループ。確実にネクストレベルに辿り着いた彼らが出演したondo records主宰「WEB ROCKS」ではゲストプレーヤーにエゴラッピン、石橋英子、ジム・オルークとのRECやツアーで有名な前衛ヴァイオリニスト波多野敦子、ピアノ&コーラスに「里帰り」ゆりを迎えてのセッションを敢行。大きな話題となる。そしてそのライブで披露された「ラストシーン」が、未発表曲を含む全5曲収録のシングルとしてリリースされる。2YOU MAGAZINEでは、このシングルで共演している空中ループ・松井&里帰り・ゆりにインタビュー。ミュージシャンとミュージシャン。友達と友達。この距離感が音になっているのが伝わればと思う。

Q.まずアルバム「空中ループ」の反響はどうでした?

松井:あのアルバムは今までとは変化のあった作品でしたし、バンドの限界を超えるような冒険もした作品でした。聴いてくれた人がその変化を受け入れてもらえているのは感じていますね。

ゆり:私が聴いて思ったのは、確かに前と変わったけど、好きだった部分がもっと好きになったような感じがしました。

松井:ツアーでお客さんから手紙を頂いたんですけど「今までの空中ループは自分の中にある小さな光に気付かせてくれるような存在でした。そして今の空中ループは強い光があってそこから手を引っ張ってくれるそうな存在です」って言ってくれたんです。そう感じてもらえるなら本当に嬉しいですね。

ゆり:前はバンドの内側の世界を表現してたのが今は誰かに向けているような感じはしますね。


Q.今回のシングル「ラストシーン」はスタジオライブ音源なんですよね?

松井:そうですね。ondo records主宰でユーストリーム配信された「WEB ROCKS」に参加させて頂いたときのライブ音源です。          


Q.この曲はアルバムにも収録されていたけど、印象がかなり違いますね。

松井:そうですね。ゆりちゃんにピアノとコーラスをお願いして。

ゆり:はい、参加させてもらいました。

松井:波多野敦子さんにヴァイオリンを弾いて頂いて。アルバムとは別世界を表現出来たと思っています。


Q.このアイディアは?

松井:もともとこの曲はピアノで作った曲だったんです。でもアルバムでは全体のバランスを考えてピアノではなくアコースティックギターで表現したんです。それで「WEB ROCKS」では元々のイメージのピアノでやってみようかなって。それでゆりちゃんに声をかけて。

ゆり:手短なところで探したんでしょ(笑)。

松井:違うって(笑)。メンバー満場一致で(笑)。ゆりちゃんにはこの曲が出来たときに聴いてもらっていたし。

ゆり:そうなんですよ。「ラストシーン」の原形を聴かせてくれたんです。

松井:この曲は僕の祖母が亡くなったときに作った曲で。その話をしながらゆりちゃんに聴いてもらったんです。だから曲のイメージもきっと伝わっていると思ってたし、ゆりちゃんに弾いてもらったのは必然だったんですよ。

ゆり:嬉しい。


Q.空中ループと里帰りの出会いは?

ゆり:「夜明け、光。」のツアーで名古屋に空中ループが来たときに、クラブロックンロールの本多さんが紹介してくれたんです。

松井:僕らが名古屋でライブをする度に「どんなバンドと対バンしてほしいですか?」っていうアンケートを配ってたんですけど、結構な割合で「里帰り」って書いてあったんです。最初は「里帰りて(笑)」みたいな(笑)。それで本多さんが紹介してくれたんです。

ゆり:始めて一緒にライブしたときは緊張して曲を間違えちゃったんですよ。それでも空中のみんなが「良かったよ!」って言ってくれて。その日の打ち上げで仲良くなって、里帰りがちょうどワンマンを控えてたんですけど、空中ループに「ワンマンのゲストで出てください!」っていきなりお願いして(笑)。

松井:ゆりちゃん、滅茶苦茶酔っ払ってたけどね(笑)。でも改めて連絡もらって。

ゆり:それでワンマンに出てもらって、それからnothingmanとchoriとの合同企画もやるようになったり、急接近しました(笑)。


Q.今回、一緒に演奏してみてどうでした?

松井:すごくしっくり来たんですよ。コーラスワークもゆりちゃんが考えてくれたんですけど凄く気持ち良くて。

ゆり:声の感じとか歌の感じ、あと好きなアーティストとか、私達って似ている部分が多いんですよ。一緒に演奏できて嬉しかったです。


Q.ではお互いのバンドのことをどう思っていますか?

松井:里帰りはなんか変なんですよ(笑)。いい意味でいびつ。3人の奇跡的なバランスが本当に面白いですよね。あの3人じゃなきゃ成り立たない黄金率のような比率があると思います。あと好きな曲もいっぱいあります。特に「レインソング」が好きです。里帰りの曲は心にすっと入ってくるんですよね。

ゆり:好きなところが多すぎてまとまらない(笑)。尊敬する部分、好きな部分は勿論いっぱいあるし、音楽的にも人間的にも凄く近い存在なんです。空中ループっていう存在があったから頑張れることもあったし。だから、追いかけたり、近くにいてくれたり、守られたり、もしかしたら守ったり。友達としても、バンド仲間としても、本当に大切なバンドです。


Q.この曲をライブで見れることはありそうですか?

松井:2月5日に名古屋でレコ発なんですけど…。

ゆり:前日の2月4日は里帰りのワンマンだよ。

松井:え?じゃあ2月5日はなにしてるの?

ゆり:何もないよ。私、弾いて良いの?

松井:勿論!決定しました(笑)。2月5日はゆりちゃんをゲストに迎えて名古屋でライブをします(笑)。

ゆり:わーい(笑)。

 

●松井省悟(空中ループ)
http://www.kuuchuuloop.net/
●ゆり(里帰り)
http://sato-gaeri.com/

アルバムタイトル

空中ループ
NEW ALBUM
ラストシーンwith ストリングスEP
WRCD-56 全5曲500円タワーレコード限定発売
※DVD-R特典付

NOW ON SALE

1. ラストシーン
2. Ame-agari(未発表曲)
3. Dancing in the rain
4. Saturday
5. baku -ETUDE-(未発表曲)

空中ループpresents「ライブ アクロス ザ ユニバース4」

2月3日(金) at 心斎橋JANUS
2月4日(土) at 新宿MARZ
2月5日(日)新栄クラブ・ロックンロール

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993