PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ゆれる

大阪発ゆれる、初となる正式音源が遂にリリース!ここ名古屋にも毎月と言っていいほどライブに来ている彼ら。勿論名古屋だけでなく地元大阪をはじめ全国のライブハウスでその切れ味鋭いパフォーマンスで中毒者が続出中!ソリッドな曲調、限界まで上げられた音量、エモーショナルに訴える楽曲、独自の詞世界。CDから伝わるこの熱量は聴いた瞬間に家を飛び出してライブハウスに走りたくなる衝動!!ゆれるでゆれろ!!!

Q.結成の経緯は?

Ami:僕とYutaは奄美王島出身で、高校の頃から一緒にバンドをやってたんですよ。それでバンドが楽しくて一緒に大阪に出てきたんです。それで前のドラムが入ったくらいにバンド名をゆれるに改名して始まった感じですね。


Q.それが5年前くらいですよね。みなさんのルーツは?

Ami:僕はニルヴァーナでギターを始めて、THE BACK HORNでバンドを始めました。

Bauchi:僕はGLAYです。GLAYの「BELOVED」のイントロが弾きたくてギターを始めました。それで親に何故かベースを買ってもらって、今はドラムをやっています(笑)。

Yuta:僕はDORAGON ASHが好きでした。バンドを始めてからはナンバーガールに影響を受けましたね。


Q.ゆれるっていうバンド名はインパクトありますよね。

Ami:元々インパクトのある名前をつけようと思ったんですよ。それで「動詞にしよう」ってなって、言葉を並べていったらこの名前になりました。


Q.でもなるべくしてなった名前ですよね。バンドの空気感や曲に凄く合っている気がします。

Ami:ありがとうございます。それは嬉しいですね。バンドの世界観に奇しくも合ったような気は僕らもしています。


Q.今回、初のアルバムということで集大成的なアルバムになっているように感じましたが、テーマはなにかありました?

Ami:まさに集大成というのが最大のテーマでした。5年前の曲もあれば最近の曲もあるんですよ。結成からの5年間の僕らの曲を今の僕らが演奏するっていうのがテーマでもありました。まさに集大成ですね。


Q.M-1「風化するフォーチュン」のような初期の曲もあれば新曲も入っていますもんね。

Ami:そうですね。ドラムのBauchiがバンドに入ったのが1年前くらいなんですよ。そこでバンドが新しくなったこともあったし、バンドを組んだ頃からやってきたこともあったので本当にこの5年間が詰まったような作品になりました。


Q.ゆれるって激しい曲もあれば聴かせる曲もあるけど、一貫して鋭利なイメージがあります。歌詞からも楽曲からも切れ味の良さを感じるというか。

Ami:それを感じてもらえれば本望です。思いっきり意識していますから。言葉選びも、その言葉自体が尖ってないと使わないくらい意識しているんです。思ったことをそのまま書くんじゃなくて、嫌な言葉は絶対に使わないように歌詞を書いています。


Q.今回の作品を作るにあたって印象に残っている出来事はありますか?

Bauchi:昔はテンポが遅い曲しか作れなかったんですけど、だんだんテンポの速い曲をやるようになっていったら気付いたときには既存の曲も全部速くなってて(笑)。だから今回の7曲で30分無いんですよ。レコーディングが本当に大変でしたね。スピードを求めていくようなレコーディングは過酷でした(笑)。


Q.やっぱり昔の曲もどんどん速くなっていくんですね(笑)。

Ami:そうですね(笑)。成長していきます(笑)。あとは昔作った曲をリメイクして作ったりもするんですよ。M-7「BPM」とかは出来る限り速くしたくてBPM230でいけたんですよ。とにかく速さに拘りました(笑)。


Q.ゆれるは歌詞も凄く面白いですよね。パッときいて分かる歌詞じゃなくて、じっくり聴いて始めて分かるというか、考えて聴いたらもっと楽しくなると思います。

Ami:まさにその通りで、考えて聴いて欲しいって思っています。昔から僕の歌詞は分かり辛いって言われるんですけど、それを聴く人がそれぞれ考えて聴いてくれたら凄く嬉しいです。


Q.あと、物凄く爆音ですよね(笑)。

Ami:メタリカ基準で作りました(笑)。iPODでMAXで聴くとやばいですよ。っていうか無理です(笑)。もしMAXの音量で聴いてる人がいたら会いたいです(笑)。


Q.ツアーも始まるから全国のどこかで会えるかも(笑)。

Ami:そうですね(笑)。これまで行けなかったところも行くのでツアーも本当に楽しみですね。ライブがしたくて作ったアルバムなんでツアーは本当に楽しみです。

Yuta:今までだと音源を聴いてからライブに来るっていうのはなかったから、CDを聴いてライブに来てくれるのが楽しみですね。ライブ基準で音源を作ったのでCDを気にいったらライブにも遊びに来て欲しいですね。

Bauchi:音源を聴いてからライブに来るともしかしたら「違うバンド?」って思う人もいるかもしれないですけど、どっちも楽しめるとは思いますので是非遊びに来て欲しいです。

Ami:歌詞カードにも意味があるんでCDを手にとって聴いて欲しいですね。それでCDを聴いてくれたらライブハウスで会いたいです。

 

ゆれる:
Ami Osamura(Vo.Gt) Bauchi(Dr) Yuta Sakae(Ba)

【HPアドレス】
http://www.yureru.net

アルバムタイトル

ゆれる
1st mini album
mutilations
価格:1600円(税抜)/1680円(税込)

NOW ON SALE

LIVE SCHEDULE

●1/14(土) at.広島4.14
●1/20(金) at.福岡graf
●1/22(日) at.福岡 四次元
●1/27(金) at.新栄ROCK`N`ROLL
●1/28(土) at.磐田FM-STAGE
●1/29(日) at.甲府KAZOO HALL
●2/3(金) at.奈良NEVER LAND
●2/4(土) at.神戸BLUE PORT
●2/10(金) at.神戸 太陽と虎
●2/12(日) at.心斎橋pangea
●2/24(金) at.熊谷BULE FOREST
●2/25(土) at.柏ALIVE
●2/26(日) at.宇都宮HELLO DOLLY
●3/2(土) at.下北沢ERA
●3/9(金) at.上越ERATH
●3/10(土) at.金沢VANVAN V4
●3/11(日) at.京都nano
●3/24(土) at.福岡graf

東名阪ファイナル
●4/7(土) at.新栄ROCK`N`ROLL
●4/14(土) at.新宿JAM
●4/28(土) at.十三FANDANGO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993