PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
GRANCH

2005年に名古屋で結成されたキーボード、ギター、ベースから成る女の子3ピースGRANCH。自分達の音楽を、自分達のペースで、自分達のやりたい場所で、自分達のやりたいようにやってきた彼女達は、楽曲も活動スタイルも彼女達自身も自然体。やさしく、そして力強く表現される心情風景は、そのまま女の子のやさしさや力強さを表しているようで聴いていて胸がきゅっとなる。今回彼女達が発表するミニアルバム「DIARY」も1曲1曲に色んな表情の女の子がいる。是非感じてみて欲しい。

Q.GRANCHの結成の経緯は?

松井:私は元々知り合いがやってたビッグバンドのボーカルを手伝ってたんですけど、それが嫌だったんです(笑)。そのビッグバンドは洋楽のカヴァーをやってたんですけど私は日本語の歌でバンドをやりたかったんです。それで仲の良かったドラムの人とバンドをやることになって、当時アコースティックギターを弾いてたあっちゃん(加藤)も誘って、3人でGRANCHを始めました。


Q.じゃあ三宅ちゃんは後から加入したの?

松井:練習で使ってたスタジオにメンバー募集の紙を張ってもらったんですよ。そしたらスタジオのスタッフの方が三宅を紹介してくれたんです。

三宅:スタジオのオーナーが「良いバンドいるからベース弾いてみない?」って声かけてくれて。それで連絡してGRANCHに入りました。

加藤:なので当時はドラムも入れて4人でやっていました。


Q.ライブハウスに出るようになったのは?

加藤:三宅と初めて会ったその日です(笑)。


Q.え!?

松井:三宅がバンドの練習に初めて来た日が、実はGRANCHの初ライブの日だったんですよ。

三宅:スタジオに行ったら「今日ライブあるけど一緒にやりませんか?」って言われて(笑)。そのままライブしました(笑)。


Q.でもその日は初対面なんだよね?

松井:そうなんですよ(笑)。

三宅:初対面だったけど、スタジオでジャーンって音を合わせた瞬間に「めっちゃいい!」って思ったんです。私はそれまで吹奏楽をやってたので譜面がある音楽しかやったことがなかったんですよ。だから初めてのオリジナルバンドだったから一音鳴らしただけで鳥肌が立って。みんなが自由に音楽を出来ることがとにかく新鮮で楽しかったです。


Q.4人から3人になったのは?

松井:最初のドラムが辞めた次は女性のドラムが入りました。でも彼女はライブがやりたくなったみたいで。

三宅:ライブの日になるとお腹が痛くなっちゃう子だったんです。

松井:でもやっぱり曲を作ったらライブをやりたいじゃないですか。だから彼女とは長くは続かなかったんです。それで3人になってどうやってバンドをやっていこうかって話になったときに今の原形が出来ました。その後もサポートドラマーさんにお願いしたりしながらバンドをやってきました。


Q.だからGRANCHはドラムがいるライブと3人だけのライブのどっちでもやれるんだね。

加藤:そうですね。

松井:去年から3人でやることを増やしたんですよ。私達ってドラムに頼っちゃう部分があったので3人だけでやれる自信や強さが欲しいって思ったんです。バンドとしての体力をつけたかったんですよね。だから去年は3人でのライブも多かったと思います。


Q.今作はどういうアルバムになった?

三宅:今回はGRANCHを詰め込みました。

松井:写真を見るように色んなことを思い出せる、まさにアルバムになったと思います。

加藤:聴く人にも楽しんでもらえるアルバムが出来ました。

三宅:色んなカラーの曲が入っているから色んな楽しみ方が出来ると思います。

加藤:ライブでよくやってる曲から、新曲まで色々入っているんですよ。

三宅:凄い昔からやってる曲もnothingmanの太田さんにドラムを叩いてもらって今のGRANCHで録り直すことが出来て嬉しいです。

松井:だから私達の集大成ですね。


Q.みんなにとってGRANCHはどういう存在?

松井:生活の一部ですね。私達が生活としての音楽を続けていく場がGRANCHなんです。具体的に「あれをやろう」「これをやろう」っていうのはバンドを続けていればいつでも出来るんですよ。だから大事なのはそれをやる場所があるかどうかなんですよね。私達にとってGRANCHはそういう場所なんです。生活が続いていくようにGRANCHも続けていきたいです。

加藤:生活の一部として続けていきながらも、高みは目指して頑張っていきたいですね。やるからにはしっかりやりたいです。

三宅:私もそうですね。最近はライブに来てくれる人も増えたり、音源を聴いてくれる人も増えたのを実感しています。このアルバムがまた新しい出会いのきっかけになれば嬉しいですね。4月にはレコ発もあるから是非遊びに来て欲しいです。


Q.レコ発は女の子バンドばかりなんだよね?

松井:そうなんです。女の子ばっかりなんです。

加藤:女の子の内面を全部出しちゃうようなイベントにしたいですね。

三宅:色んなタイプの女の子がいるから楽しいと思いますよ。

松井:今回のアルバムもそうなんですよ。7曲あったら7人の女の子が主人公なんです。

三宅:めっちゃ明るい女の子もいたら、すぐ落ち込んじゃうような女の子もいるし。そういう色んな女の子をアルバムでは表現出来ました。イベントでは単純に女の子いっぱいで楽しくやれたら良いなって思っています。

松井:女の子祭りです!

 

GRANCH
加藤敦子
三宅理恵子
松井美和子

【HPアドレス】
http://granch.web.fc2.com/

LIVE SCHEDULE

4月1日(日)
新栄クラブロックンロール
『GRANCH presents 〜女の子は嘘つきよ♪〜』
GRANCH/森彩乃/菊地紗矢/あいまいより。/いとまとあやこ

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993