PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The Mirraz

2011年に発表された「観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは」「ラストナンバー」という2枚のシングル、そして2012年1月にリリースされたばかりの4枚目のアルバム「言いたいことはなくなった」で、今までのような詰め込まれた言葉を乱射するリリックや攻撃的でダークなサウンドイメージから、歌詞はラブソングがメイン、サウンドもポップなロックンロールへと一変した。だがこの物議をかもすような変化もアルバムを聴けば聴くほど実は何も変わっていないことに気付かされるし、「言いたいことはなくなった」というタイトルに反して今までで一番言いたいことを言っているようにすら感じられる。2YOU MAGAZINEでは、前号に続き、アルバムについて、そして待ちきれないツアーについて畠山に話を訊いてきました。とにかく早くライブが観たい。

Q.アルバムの反響はどうですか?

畠山:リリースしてからまだライブをやってないからそこまで実感はないんですけど、シングルを発表したときに「The Mirrazは変わった」って結構言われたけど、今回は「今までよりもガレージっぽいね」みたいな反応もあって。だから伝わる人には伝わってるんじゃないですかね。でもやっぱりライブをやってみないと何とも言えないですよね。


Q.確かにライブで演奏することで初めて完成するようなアルバムですよね。

畠山:そうだと思います。このアルバムの曲をライブで観てもらったら、俺が「観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは」で何がやりたかったか分かってもらえるんじゃないかな。ライブで伝わる自信はありますね。


Q.これまでのThe Mirrazは歌詞が注目されることが多かったじゃないですか。でも今回は歌詞だけでなく、楽曲が凄く前に出ているような気がしました。それはライブにも影響されそうですよね。

畠山:そうですね。確かに今までは歌詞によるメッセージが強い印象だったと思うんですよ。でもその中に自分が言いたい事がどれだけあるかって、実はそこまでメッセージは無くて。言葉遊びの中で生まれた歌詞だったりしたし。それで今回のアルバムは、歌詞がどうっていうよりも純粋に音楽で楽しんで欲しいって気持ちで作ったんですよ。音楽がかっこいいことに色んな理由をつけるんじゃなくて、単純に「かっこよければいいじゃん」っていう。


Q.そう思うようになったのは最近?

畠山:どうなんですかね。意外と昔から思ってることは変わらないんですけどね。でもそういう気持ちをアルバムで形にしようと思ったのは今回が初めてですね。俺がアークティックモンキーズが好きで、アークティックモンキーズみたいな音楽をやりたいって思うのと一緒ですよね。ああいうバンドを日本でやったら新しいんじゃないかとか、後付けの理由は色々ありますけど、聴いた瞬間に「こういうのやりたい」って単純に思ったからやっただけっていう。


Q.まさに衝動ですよね。

畠山:はい。結局はそれだけですよね。だから今回は難しいことを考えずに聴いてもらってかっこいいって思えるものを作りたかったんです。それはライブにも表れると思います。


Q.では今回のツアーは今までと変化しそうですか?

畠山:いや、そんなに変わらないと思いますよ。ただ会場も大きくなったし、自分が目指してるところに段々近づいて来たっていうとこで変化は当然あると思います。音のスケール感や音の大きさは自然と変わってくるのかなとは思いますね。


Q.The Mirrazは結成当初から武道館でやるとか、CDを100万枚売るって公言してきたじゃないですか。着実に近づいているんじゃないですか?

畠山:でも自分的にはスピード遅いなって思いますよ。もっと一気にドカン!といくイメージだったんで。どうなんですかね。俺、普段あまりライブを観に行かないから、ライブ活動していく中で現実を知ったっていう。俺のイメージではもっと早く売れると思ってましたから。


Q.着実だと思いますよ。あと最近のThe Mirrazは新しいスタンダードを作ろうとしているイメージもあります。

畠山:はい。今作がスタンダードかどうかは分からないですけど、みんなが覚えて歌えるって意味ではスタンダードを目指しているかもしれないです。


Q.昔のベストテンとかって好き嫌いは別としてみんなが曲を知ってたじゃないですか。そこは目指しますか?

畠山:本当に昔はそうでしたよね。そこは目指してますよ。でもそこを目指しつつも、全く新しいこともやっていくっていう。


Q.スタンダードでありカウンターでもあるような。

畠山:そうそう。だから作ってて一番難しいのはそこなんですよ。カウンターだけであればいいわけじゃないし、ただスタンダードであればいいわけでもない。そこを両立して新しいものをどう作っていくかが大事だと思いますね。


Q.その過程を僕らはリアルタイムで追えるからThe Mirrazを見てるのが楽しいんですよ。

畠山:そういう風に解釈してもらえると凄く嬉しいですね。


Q.瞬間瞬間を見逃したくないんですよね。

畠山:その瞬間みたいなものってバンドの歴史であり、聴いてくれた人の歴史であると思うんですよね。それを体感できるのは今しかないと思ってるんで。


Q.ツアーではその瞬間を確かめに行きます。

畠山:名古屋は大きいライブハウスでやるので、友達連れてワイワイ遊びに来て欲しいですね。俺達のこと知らない人も今回のツアーは楽しめると思うし、ライブ観てもらって昔の曲も聴いてくれたら嬉しいですね。うん。遊びに来て欲しいです。

 

The Mirraz:
中島ケイゾー(Ba)Vo&Gt.畠山承平(Vo.Gt)関口塁(Dr)佐藤真彦(Gt)

【HPアドレス】
http://the-mirraz.com/

アルバムタイトル

The Mirraz
NEW ALBUM
言いたいことはなくなった
【通常版】【CD】KINOI-2002 ¥2310
【初回限定版】【CD+DVD】KINOI-2002/D ¥2800
【DVD】KINOI-3001 ¥3200

NOW ON SALE

2012年『言いたいことはなくなったから言いたいことを探しに行くツアー』

2012年3月3日(土) 盛岡CLUB CHANGE
2012年3月4日(日) 仙台CLUB JUNKBOX
2012年3月8日(木) 水戸ライトハウス
2012年3月9日(金) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2012年3月11日(日) 金沢van van V4
2012年3月20日(火・祝) 京都磔磔
2012年3月22日(木) 岡山IMAGE
2012年3月24日(土) 福岡DRUM Be-1
2012年3月25日(日) 熊本DRUM Be-9 V2
2012年3月27日(火) 静岡UMBER
2012年3月30日(金) 神戸VARIT.
2012年4月1日(日)名古屋ダイアモンドホール
2012年4月6日(金)広島ナミキジャンクション
2012年4月8日(日)高松DIME
2012年4月14日(土)苫小牧ELLCUBE
2012年4月15日(日)札幌cube garden
2012年4月17日(火)梅田CLUB QUATTRO
2012年4月22日(日)東京ZEPP TOKYO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993