PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ロマンチップス

2010年、大阪で結成されたロマンチップス。光 伸司(弟)と光 浩司(兄)と藤井 秋平(マイミク)からなる抜群の特色を持つスリーピースポップスバンドとして、結成から僅か2年、大阪を中心に物凄いスピードで急成長中。大阪のライブサーキットイベント「見放題」「MINAMI WHEEL」、ondo records主催ストリーミングロックフェス「WEB ROCKS」に出演するなど、リスナーは勿論、関係者、バンドマンからの支持も熱い。そして満を持して発表される初の全国流通ミニアルバムが完成。ロマンチップスの優しくも力強い行進が始まります!

Q.まず光兄弟の音楽との出会いは?

光 伸司:僕は幼稚園の頃からエレクトーンをやってましたね。

光 浩司:僕は中学生の頃からベースをやってました。それで弟が僕の影響でギターを始めた感じですね。

光 伸司:当時はGLAY、L'Arc〜en〜Ciel、B’zが好きでしたね。

藤井 秋平:僕がドラムを始めたきっかけもL'Arc〜en〜Cielです。今でも大好きですね。


Q.光兄弟と藤井君はどうやって出会ったの?

光 伸司:当時、僕はソロでロマンチップスって名前で活動してたんですけど、藤井君が前にやってたバンドの解散ライブに出たんですよ。

藤井 秋平:そこで意気投合して、僕もバンドが無くなるし一緒にスタジオ入ってみて。

光 伸司:最初は遊び感覚でやるつもりやったんですけど、一緒にやってみたら本当に楽しくて(笑)。根拠のない自信とワクワクする感じが一気に沸き上がって来たんですよ。一体感も最初からあったし。

光 浩司:最初から歌モノでやろうっていうのは共通認識でありましたね。一番に歌が活きる演奏を心掛けようっていう。

藤井 秋平:それが自然に一致したから一緒にやれるって確信もしましたね。それで改めて2010年1月にロマンチップスとして始動しました。


Q.結成が意外と最近でびっくりしました。かなり濃い2年間だったんじゃない?

光 伸司:そうですね。かなり詰め込みました。去年もライブを100本以上やりましたからね。しんどかったけどそれ以上に楽しいんですよね。しんどいと言いつつ、今年はもっとライブ本数増えそうやし(笑)。


Q.確かに名古屋でもめちゃくちゃライブやってるよね。

光 伸司:去年は毎月名古屋に来てましたからね(笑)。名古屋のお客さんは最初からずっと温かかったんですよ。初めての名古屋のライブの帰りには既に「もう毎月名古屋にライブしに行きたい!」って思ってましたからね(笑)。それに最近はどんどん拡がっていってるのがライブをやってても感じるんですよ。僕らからコール&レスポンスって言葉を言う前に、しっかりコール&レスポンス出来ているのが嬉しいですね。ホンマに名古屋のみなさんには愛してもらってます。


Q.名古屋のバンドで交流があるのは?

光 伸司:nothingmanや里帰りとは仲良くしてもらってますね。よく一緒にライブをする機会もあったし、めっちゃ刺激もらっています。出会えて良かったです。こういう出会いがバンドをやっててホンマに良かったって思える瞬間やし、大事にしていきたいって思いますね。


Q.うん。ロマンチップスは出会いを凄く大切にしている印象があります。

光 伸司:それはホンマにありますね。滅茶苦茶色んな人に支えられてますからね。自分らで言うのもなんやけど、周りに愛されているなあと思います。

光 浩司:周りの人らがおったから今のロマンチップスがあると思います。それは絶対。


Q.今回は初の全国流通盤ですが、どんなアルバムになりました?

光 伸司:このアルバムは僕の中では、自分の背中も聴いてくれた人の背中も押してくれるアルバムなんですよ。歌っていても、聴いていても凄く励まされるんです。僕らも含め、強い人なんてそんなにいないと思うんですよ。根っから明るいって訳でもないし。だからこそ、ちょっとずつで良いからみんなで一緒に前に進んでいきたいですよね。聴いてくれてる人も一緒に、やってる僕らも。それがアルバムを通して、ライブを通して伝えられたら嬉しいです。


Q.アルバムにはゲストも参加してますね。

光 伸司:はい。「ありがとう」にTHEラブ人間のバイオリンの谷崎航大、AWAYOKUBAのキーボードのあんどうに参加してもらっています。今までは自分達だけでレコーディングもやってきたんだけど、求めているサウンドがあったし、仲間の音も入れたいなっていう思いがあってお願いしました。バンドマン同士の繋がりも作品を通して強くなったし、聴いてくれる人にも楽しんでもらえたらと思っています。スタッフや仲間たちと一緒に作ったホンマに大事な作品になりました。


Q.ではアルバムを楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

藤井 秋平:落ち込んでいるときに聴いてもらえて、少しでも元気になってもらえたら嬉しいです。

光 浩司:聞き終わった頃には笑顔になっているアルバムだと思います。辛いときにこそ聴いて欲しいですね。

光 伸司:アルバム最後の「ありがとう」には僕らが伝えたい思いが込められてます。ロマンチップスを聴いてくれてありがとう。ロマンチップスを見つけてくれてありがとう。感謝しています。この作品を聴いてライブハウスに足を運んでもらえたら、直接あなたにありがとうと言わせて欲しいです。ホンマにありがとう。

 

ロマンチップス:
光 浩司Bass / Chorus 光 伸司(Vocal / Guitar)藤井 秋平(Drums / Chorus)

【HPアドレス】
www.romanchips.com

アルバムタイトル

ロマンチップス
NEW ALBUM
Newgic
CRRC-1003  \1,575(税込)

2012年4月4日 ON SALE

M-6「ありがとう」谷崎航大(THEラブ人間)+安東唯一(AWAYOKUBA)参加!

LIVE SCHEDULE

4/13(金)名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
5/19(土)四日市CLUB CHAOS
5/20(日)名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
5/26(土)一宮style
6/09(土)名古屋大学学園祭
6/10(日)岐阜中津川BREATH

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993