PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Split BoB

愛知県岡崎市で話題の音楽スクール「Wish Music School」から飛び出した5人組「現役女子高校生」ロックバンドSplit BoB。2012年1月18日にタワーレコード限定でリリースしたデビューシングル「Split BoB e.p.」がその青春ど真ん中な直球ソングと現役女子高生のリアルな歌詞が話題となり、地元岡崎だけでなく全国のガールズバンドファンにその存在をアピールした。そして3月で高校を卒業する彼女達が初のミニアルバムであり卒業記念盤でもある「FORGET ME NOT」を発売。音楽への無垢な思いと高校生活の思い出が全て詰まった彼女たちの音楽はノスタルジックな感情と涙腺を刺激する。現役女子高生だからこそ歌えるリアルをぜひ感じてみて欲しい。

Q.現役の女子高生なんだよね?みんな同級生?

ゆり:はい、同級生です。クラスが一緒だったり幼馴染だったり。

あゆみ:今年の3月でみんな卒業です。


Q.バンドを初めたのは?

なつみ:学校の行事で先輩がバンドをやってるのに憧れて。

ゆり:私達も出たいなって。それに向けて組んだのが最初ですね。

あゆみ:それが高校2年生の頃ですね。


Q.じゃあ結成してまだ1年半くらいなんだ。CDを出すことになったのはどういうきっかけで?

こはる:初めて出たライブが岡崎カムホールだったんですけど、店長の井坂さんに「タワーレコード岡崎店の10周年オーディションに出ないか?」って声をかけてもらったんですよ。

なつみ:それでオーディションに向けてWish Music Schoolにも通うようになったところから…。

ゆり:まさかのCDを出すことになりました(笑)。


Q.みんなスクール生なんですね。それでタワーレコード限定シングルをリリースすることになったと。

あゆみ:最初は高校の卒業記念のつもりだったので、タワーレコードで発売されることも知らなかったんですよ。

ゆり:とりあえずレコーディングするみたいな(笑)。

こはる:だからCDが出たのは本当にびっくりしました。


Q.学校のみんなの反響はどうだった?

ゆり:友達や先生が買ってくれました。でも逆にみんなからかってくるんですよ(笑)。


Q.Split BoBが目指しているバンドはいる?

ゆり:プリンセスプリンセスです!


Q.え!?プリプリ!?みんな高校生でしょ?

ゆり:プリプリ大好きなんですよ。かっこいいガールズバンドに憧れているんです。

あゆみ:勿論リアルタイムじゃないんですけどプリンセスプリンセスは今でもテレビでやってたり本当にかっこいいバンドなんで大好きですね。


Q.実は初めてSplit BoBを聴いた時に「プリプリっぽいな」って思ったんですよ。あれから20年くらい経ったけど女の子達の気持ちは一緒なんだなってプリプリとSplit BoBを聴き比べると思います。

ゆり:本当ですか!嬉しいです!


Q.では今回、初のミニアルバムだけど、どんなアルバムになった?高校生のリアルが凄く詰め込まれているように感じました。

あゆみ:伝えたいことはちゃんと伝えられるようにレコーディングもしました。私達はまだ結成したばかりだし、まだまだこれからなんですけど、演奏が下手くそなとこや歌詞も未完成なのも含めて今のSplit BoBを聴いて欲しいですね。

こはる:きっと今にしか作れないアルバムだと思います。


Q.M-1「forget-me-not」は卒業がテーマだけど、今の時期聴くとグッとくるんじゃない?

こはる:凄く想いが入っている曲なので歌ってて泣きそうになっちゃいます(笑)。

あゆみ:この曲を演奏する度に卒業を実感しますね。

ゆり:この曲にはメンバーの名前が出えてくるんですよ。

なつみ:私達の高校生活の集大成のような曲です。


Q.M-2「BE READY」とM-5「虹色ジェネレーション」は高校生から大人になっていく揺れる思いというか、大人でも子供でもない時期の感情が凄く表れている気がしました。

ゆり:その通りですね。

なつみ:自分達のネガティブさが全部この2曲に集まっています(笑)。


Q.18歳って子供と大人の1回目の境界線だと思うんだけどみんなはどう?

ゆり:ああ、なんか変な感じはしますね。

なつみ:バンドをやるようになって余計思いますね。若い方がいいのか大人になった方がいいのか。

あゆみ:子供だから出来ることもあるし、大人にならなきゃいけないこともあるし。今はそういう境目で悩んだりはしますね。

ゆり:それがこういう曲になっているんだと思います。


Q.だから本当に今しか歌えない曲なんだろうね。例えば来年、同じ曲を同じ歌詞で歌ってもそれはまたその時の状況で全然違う曲に聴こえるかもしれない。

こはる:そうかもしれません。高校生の今だから歌える曲なのかもしれませんね。


Q. この「虹色ジェネレーション」の最後の合唱は、体育館でみんなで歌っている絵が浮かんでかなりノスタルジックな感情が芽生えました。

ゆり:これはレーベルディレクターの石川さんのアイディアなんです。

石川:まさに体育館で歌っているイメージですね。最初はこはるちゃんが一人で歌っていたんですけど体育館のイメージが僕はあったんで「みんなで歌おうよ」って言ったらちょっと引かれて。(一同爆笑)


Q.石川さん、正解ですよ!絶対これは合唱で正解です!

石川:ほらね。(一同爆笑)

あゆみ:やっぱりそうなんですね(笑)。

ゆり:最初言われたときはびっくりしたんですよ(笑)。

石川:このノスタルジックは大人には伝わるはずなんだよ(笑)。


Q.伝わりました(笑)。ではM-3「direction」ですが、この曲からはメロディックパンクの要素も感じました。ギターもめちゃくちゃかっこいいよね。

あゆみ:初めて聴いたときはこんなギター弾けるんだってびっくりした(笑)。

なつみ:あの曲はアルペジオで弾いたり、オクターブで弾いたりしているので、曲の雰囲気が間奏もサビも全部違って全体の流れを凄く意識してギターを弾きました。


Q.この曲にも10代の葛藤が出てるよね。悩みや葛藤があってモヤモヤしてるんだけど薄らと光も見えてて。でもその光が何かははっきりわからないみたいな。

こはる:ポジティブさとネガティブさが同時に表れたような曲なんですよ。

ゆり:悩んでいるときに書いた曲なんですけど、この曲が出来たことで凄く楽になれたんですよ。暗いところに閉じ込められている場所から這い上がりたい自分の気持ちがストレートに表れた曲ですね。


Q.M-4「ストライン」はバンドの二面性があるとしたら裏の顔がこういう曲に表れている気がしました。

なつみ:そうなんですよ。凄く追い詰められているときに出来た曲なんで。

こはる:これはタワレコオーディションに落ちたときに出来たんですよ。私達、予選で落ちたんです。

ゆり:それで「この野郎!!」って気持ちを曲にぶつけました(笑)。


Q.「悔しさをすべて形に変えていく」っていう歌詞はそこからきているんだね。でもその時オーディションに合格してたらこの曲は生まれなかったし、悔しさをバネにして音楽を生みだす力は手に入らなかったかもしれないよね。

なつみ:そう考えると凄く不思議ですね。

ゆり:落ちたときは本当にショックだったけど、今こうやって CDも出せているしね。


Q.全てに意味があるんだよね。オーディションに落ちたことも、今回CDを出すことも。

こはる:もう駄目だと思ってましたからね。

あゆみ:うん、全部に意味がある気がしてきた。

なつみ:私、今の話聞いていて鳥肌が立っちゃった(笑)。


Q.M-6「グッドサンデー」は夏の終わりを感じさせてこれも泣けます。

ゆり:最後の夏休みが終わる頃に出来た曲なんですよ。

こはる:ちょっと大人になりたかった自分もいたり。

あゆみ:この曲を聴くと高校生の夏が終わったなって思う。

こはる:もう夏休みは来ないんだなって思ったら寂しくなるよね。

ゆり:夏休みはバンドばかりやってたから。余計に泣けますね。

あゆみ:みんな進路も決まりかけてた頃だったしね。

ゆり:だから「みんなで旅行でも行きたいね!」っていう晴れやかな気持ちもこの曲にはあったりもします。


Q.本当に卒業記念盤なんだね。高校卒業後はどんなバンドになりたい?

ゆり:今は女子高生バンドってだけで助けられている部分があるので、もっとシビアにやっていかないとなって思っています。

こはる:とにかく続けたいですね。もっと良い歌を作れるようになりたいし、ここから頑張っていきたいです。

あゆみ:このアルバムに入っている曲は私達の「仰げば尊し」なんですよ。それがこうやってCDになったのは凄く嬉しいし大切にしたいです。


Q.このアルバムを聴くと5人の女子高生が3年間楽しんだり悩んだりしながら学校生活を送り、みんなでバンドを頑張ってきたのが凄く伝わります。

こはる:3年間が全部詰め込まれています。女子高生だからって毎日楽しいだけじゃなくて、学校でも私生活でも悩みはあるんですよね。辛かった思い出も、楽しかった思い出も、全部ここに入っています。

なつみ:聴くと思い出すよね。私達だけじゃ出来なかったし、支えてくれる人がいたから出来たアルバムです。感謝しきれないくらい沢山の人に感謝しています。

ゆり:私達だけじゃなくてみんなの気持ちも入ってるんです。


Q.このアルバムをバンド、レーベル、学校の先生、友達、家族が大切にしているように、聴いてくれた人の大切なアルバムになると思いますよ。

さとみ:…。

あゆみ:あれ、さとみ…?。

こはる:泣かないでー(泣)。

なつみ:私も泣けてきちゃう。

ゆり:このアルバムは幸せのかたまりだね。(一同号泣)


Q.あの…。インタビューでこんな気もちになったの初めてです(泣)

一同:え~ん(号泣)

 

Split BoB:
あゆみ(Ba) ゆり(Dr)こはる(Vo、Gt)さとみ(Key) なつみ(Gt)

アルバムタイトル

Split BoB
NEW ALBUM
FORGET ME NOT
CD+DVD  ¥1500  WWSC-1002

NOW ON SALE

【シングル】
Split BoB e.p.
CD ¥690 WWSC-1001

【HPアドレス】
http://wish-japan.co.jp/splitbob/

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993