PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
04 Limited Sazabys

04 Limited Sazabysから久しぶりのシングル「ANNTENA」が届きました! 2010年8月に発表された1st アルバム「Marking all!!!」はGEN(Vo.Ba)の少年のようなハイトーンボイスとキャッチーなメロディーが話題となり、今や名古屋のメロディックパンク・シーンには欠かせない存在となった彼ら。アルバム発売後はツアーに次ぐツアーで名古屋のみならず全国各地でひたすらライブを重ねてきた04 Limited Sazabys!メンバーチェンジを乗り越え更にパワーアップした彼らだが、今作ではRYU-TA(Gt.Cho)のコーラスを大々的に取り入れることで新しいバンドのスタイルも魅せている!このシングルはライブ会場・indiesmusic.com限定での発売となるので是非ライブに足を運んで欲しい!!

Q. アルバム発売から1年半くらいですが、とにかくライブをやりまくっているイメージがあります。

GEN:アルバムが出てツアーをまわったことで各地に友達のバンドが沢山出来たんですよ。それで色んなイベントに呼んでもらえるようになったのでツアーが終わらなくなっちゃったんです(笑)。だから去年は本当にライブばっかりやっていました。


Q.この間にメンバーチェンジもありましたがKO-HEI君の加入の経緯は?

GEN:KO-HEIはもともとRADICAL ARTSっていう歌モノのバンドをやってたんですよ。その頃から良いドラマーだなって思ってて。それで前のドラムが抜けるときにTRUST RECORDSの綿谷さんに「KO-HEIのドラムどう思います?」って相談したんですよ。そうしたら…。

KO-HEI:全く同じタイミングで僕も綿谷さんに「RADICAL ARTSを脱退しようと思います。」って相談してて。


Q.凄いタイミング!

KO-HEI:そうなんですよ(笑)。それで綿谷さんから「04 Limited Sazabysから誘われると思うよ」って言われてたんですけど中々誘われず(笑)。それでしばらくしたら知らない番号から「あ、もっしー?わかる?GENだけど」みたいなチャラい電話がかかってきて(笑)。それで加入しました。


Q.加入してみてどうでした?

KO-HEI:ジャンルがガラっと変わったから最初は大変でしたね。対バンするバンドも変わったからどこに行ってもアウェイ感は感じていました(笑)。技術的なことでは昔メロディックパンクをやってたこともあったので抵抗もなくすんなり入れたんですけどね。


Q.新生04 Limited Sazabysとしてライブをガンガンやっていく中でバンドは凄く成長したと思うんですけど、その成長が今回のシングルには凄く出てますよね。

GEN: 本当ですか?嬉しいです!


Q.RYU-TA君のコーラスパートがグンと増えたことでGEN君とRYU-TA君のツインボーカルの要素も出てきましたよね。あれは完全に武器だと思いますよ。

GEN:それこそ2YOU MAGAZINEのイベントの打ち上げで柴山さんや片桐さんに「RYU-TAのコーラスはSHERBETみたいでかっこいい!」って言われたのも大きいんですよ。僕もTHUMBとか好きだったんで、そういう質感を目指しました。


Q.大正解だと思います!M-1「Remember」のGEN君とRYU-TA君の掛け合いは本当にかっこいい。

GEN:僕の中でバンド内のRYU-TAの存在はパンク要素なんですよ。RYU-TAを使ってパンクの要素を打ち出すみたいな感じはありますね。


Q.確かに4人ともバラバラの要素はありますよね。バンド内でみんなの役割とかもあるんですか?

GEN:ありますね。RYU-TAはパンク担当、HIROKAZはポップ担当、KO-HEIはエモ担当みたいに僕は思ってます。

KO-HEI:あ、そうなんだ。(一同爆笑)


Q.今回のシングルの曲はライブではもうやっている曲ばかり?

GEN:M-2「Any」は結構やっていますね。 この曲をやり出したくらいからお客さんに「新しい音源出ないんですか?」ってよく言われるようになって。僕らもレーベルと新しい音源の話はしてたんですけど中々折り合いもつかなかったので、じゃあもう自分達でやろうと。


Q.今回は完全に自主なんですよね。

GEN:はい。完全に自分たちだけでやりました。

KO-HEI:今回のシングルを自分達だけで作ってやっと僕もメンバーになったような気がしましたね。

GEN:前はレーベルが助けてくれたことが多かったので、今回は自分達で作ったっていう実感がはっきりありますね。大変なことだらけでしたけど前を向いてやっていかなきゃなって思います。


Q.そういう覚悟は曲にも反映されていると思います。例えば「Any」とか。

GEN:そうですね。こんなにも生きることが大変な時代だし人生に悩んでいる人も多いと思うんですよ。そういう悲観的なところから前向きに変換する曲がこの曲のメッセージでもあったりしますね。


Q.M-3「Rainy day」は雨の中で遊んでいるイメージが湧きました。

GEN:まさにそういうイメージですね。雨の音が好きなんですよ。お出かけするときに雨が降るとテンション下がりますけど何の予定もなく家にいるときの雨って好きなんですよね。あと自分が暇なときに誰かが雨で予定が駄目になったりすると「ヨッシャ!」って思います(笑)。

KO-HEI:めっちゃ嫌な奴じゃん(笑)。

GEN:だって悔しいじゃん(笑)。


Q.M-4「Tell me」はどういう曲ですか?

GEN:別れの曲です。

HIROKAZ:また別れか。(一同爆笑)

GEN:僕は恋をしたときに曲は書かないんですよ。恋が終わったときにしか書けないんです。

KO-HEI:じゃあ早く新曲を作ってもらうために沢山恋をしてすぐに別れてもらわないと。(一同爆笑)


Q.会場限定なのでライブに足を運んで聴いて欲しいですね。

KO-HEI:はい!僕が入って初の音源なので是非聴いて欲しいです!

HIROKAZ:これが今の04 Limited Sazabysです(キリッ

RYU-TA:聴いて暴れろ!

GEN: 久しぶりの音源なので今まで知ってくれてた人にも思い出して欲しいって意味で「Remember」なんですよね。だからアンテナ立てて受信して欲しいです。僕らも発信します!

 

04 Limited Sazabys:
GEN(Vo.Gt)  HIROKAZ(Gt)  RYU-TA(Ba)  KO-HEI(Dr.Cho)

【HPアドレス】
http://63.xmbs.jp/sazabys/

アルバムタイトル

04 Limited Sazabys
NEW SINGLE
ANTENNA

ライブ会場&indiesmusic.com限定発売

¥1050(Tax in)

LIVE SCHEDULE

05/03(祝木)
RAD CREATION pre.『GOLDRUSH 2012』day.1
5会場同時開催 :
APOLLO THEATER / CLUB ROCK'N'ROLL/ SONSET STRIP / Tiny7 / DAYTRIVE
05/11(金) 愛知 栄R.A.D
05/15(火) 東京 新宿ACB
05/25(金) 愛知 新栄APOLLO THEATER
06/03(日) 東京 池袋MANHOLE
06/16(土) 大坂 アメ村 新神楽
06/17(日) 愛知 新栄APOLLO THEATER
6/23  滋賀B-FLAT
7/2   大阪 アメ村新神楽
07/07(土) 沖縄 桜坂セントラル
07/08(日) 沖縄 金武KINTUCKY

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993