PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
パイプカツトマミヰズ

 

Q.大学のサークルで結成したんですよね。

ヨシダ:はい。最初は青春パンクをやろうと思ってたんだけど、賛同してくれる人が誰もいなくて(笑)。それで青春パンクからずれていき、スラッシュパンクっぽい感じの曲をやったりもしていました。


Q.今のような音楽性になったのは?

ヨシダ:ライブハウスに出ようとしたときに持ち曲がショートチューンの3曲しか無くて、残りの時間はインプロビゼーションで演奏たんですよ。それが楽しくて。


Q.それでプログレ要素が強くなっていったと。

ヨシダ:はい。だからどんなバンドか訊かれたら「プログレ要素の強い青春パンクです」って応えます(笑)。


Q.影響を受けたバンドは?

ヨシダ:ジェスロ・タルとかピンク・フロイドとかですね。キング・クリムゾンとか。あとは初期のメンバーの影響でバーズムとかオーペスも聴いてました。僕はBBQ CHICKENSやJELLY ROLL ROCK HEADSの影響も大きいですね。


Q.そういったバンドを大学時代に聴いてきたことがパイプカツトマミヰズに色濃く影響していますよね。

ヨシダ:そうなんですよ。音楽性だけじゃなくて、活動の仕方も学んだことが多いですね。物凄く影響を受けています。…とか真面目に話すの恥ずかしいです(笑)。

舟橋:良いじゃない。僕は楽しく聞いているよ(笑)。


Q.舟橋君の加入のきっかけは?

舟橋:僕がやっている不完全密室殺人をイベントに誘ってもらったのが出会いのきっかけで。

ヨシダ:初めて見たときに「とんでもないバンドがいる!」って思って。自分達がイベントをするなら絶対に呼びたいって思ってたんだよ。

舟橋:ありがとう(笑)。それで「ベースがいなくなったら声かけてよ」って冗談で言ってたら本当にベースが脱退して声をかけられました(笑)。

ヨシダ:舟橋君が入って変わりましたね。それまでは結構適当だったんですよ(笑)。


Q.舟橋君が入ったことで歯車がかみ合ったようなイメージがあります。

ヨシダ:そうですね。僕がプログレをやろうと思ってたところに、プログレが好きな舟橋君が入ってきたので、曖昧だったところがカッチリしたと思います。


Q.各務君と伊藤君はサポートメンバーなんですよね。

ヨシダ:ボランティアメンバーです。(一同爆笑)


Q.2人ともカプセル怪獣的な印象があります(笑)。

舟橋:カプセル怪獣(笑)。

ヨシダ:舟橋君の加入後初ライブで舟橋君が骨折出れなかったんですよ(笑)。しかもその後、当時のギターも失踪して(笑)。それで2人に参加してもらったのがきっかけです。この5人で演奏するのが楽しくて仕方なかったんですよ。本当に良いメンバーが集まりました。

舟橋:5分の2がボランティアメンバーですけどね(笑)。

ヨシダ:ほら、奉仕活動だからさ。

舟橋:奉仕されている側が言うことじゃないでしょう。(一同爆笑)


Q.結成6年の集大成のようなアルバムが出来ましたね。

ヨシダ:ごちゃごちゃしたアルバムになりましたね(笑)。タイミングを計っていたら2年も経っちゃったけど新しいパイプカツトマミヰズを出せたと思います。グランドオープン記念みたいなアルバムですね。


Q.曲名のセンスも抜群ですね。ナンセンスと下ネタの中に見え隠れするお洒落感というか。

ヨシダ:まじすか?(一同爆笑)

舟橋:お洒落ではないでしょう!


Q.いや、一周回ってお洒落だと思いますよ。

舟橋:「決戦は危険日」ですよ?「伊達じゃない正宗」ですよ?

ヨシダ:思いつきですからね。僕、作詞能力が無いんですよ(笑)。歌詞で物語を作るんじゃなくて、例えば「ポイ捨て駄目!」ならもうそれだけで良いんですよね。


Q.キャッチコピーみたいな。

ヨシダ:そう。「薬物駄目!」みたいな。それさえ伝わればいいじゃないですか?だからどんどん歌詞を簡略化していったらこうなったみたいな(笑)。そもそもボーカルっていうより楽器のイメージでやっていますからね。だからパイプカツトマミヰズはインストバンドなんです。(一同爆笑)

舟橋:でもそれはメンバー間での共通認識というか。このバンドは歌詞の意味を考え始めたら違うと思うんですよね。曲を作りながらゲラゲラ笑えたら正解だし。

ヨシダ:僕らは泣ける曲や感動できる曲なんて作れないし、楽しいことだけ考えている。喜怒哀楽じゃなくて楽楽楽楽なんですよ。それでいいんですよ。僕はこのメンバーで真面目にふざけたいんです。

コマダ:僕は人生でこのバンドしかやったことがないんです。僕にとってバンド=パイプカツトマミヰズなんです。何かをするときに、僕は何をするかより誰とするかが大事だと思うんです。ヨシダ君に出会えたから今僕はここにいるし、メンバーにも出会えた。そんな5人で作ったアルバムだからどこに出しても恥ずかしくないんですよ。本当に感謝しています。あ、今日初めて喋りますけど。

舟橋:こんなに喋れるのになんでずっと黙ってたの!!

ヨシダ:コ、コマダ君!!(一同爆笑)

 

パイプカツトマミヰズ:
各務 鉄平(Gt) 伊藤誠人(key) ヨシダ・F・ヒズム(Vo/Gt) 舟橋みどり(Ba) コマダ(Dr)

アルバムタイトル

パイプカツトマミヰズ
NEW ALBUM
ほめ殺しEP

NOW ON SALE

※会場限定販売

【HPアドレス】
http://pipecutmummies.web.fc2.com/

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993