PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
REGA

溢れ出る感情を音に昇華した楽曲でインスト・シーンにおいてひと際存在感を放つインストロックバンドrega。彼らから1年8ヶ月振りとなるニューアルバム「SOLT&PLUM」が届いた。前作「Lyrics」は四本(Gt)が加入したことでバンドに新しいパワーが宿り、衝動が突き動かされたようなアルバムだった。その後、より綿密にメンバー間でのコミュニケーションをとる事で辿りついた今作は細部まで作り込まれ、regaの計り知れないポテンシャルを感じさせる大傑作となっている。もしインストバンドに無機質なイメージを持っている人がいたらregaを聴いて欲しい。価値観ごと抱きしめてくれることだろう。

Q.前作「Lyrics」は衝動的な印象のあるアルバムでしたが、今作はメンバー間のコミュニケーションが相当とれてないと出来ないアルバムですよね。

青木:はい。曲作りの段階からアルバム全体を意識して作ったんですよ。「Lyrics」はメンバーチェンジもあって、今思えば足元がフラフラの状態だったから気持ちが先走ってああいう衝動的なアルバムになったと思うんですよ。

井出:気持ちで「バーン!」みたいな。今聴くと衝動のみで突き進む感じが音にもフレーズにも出てますよね。

青木:だから今回はとにかく良い曲を作ることを意識したし、アルバム全体をみて曲作りもしました。メンバー間のコミュニケーションも凄くとりましたね。

井出:考える時間も沢山あったんですよ。どういうアルバムにするかじっくりメンバーで考えたんです。それで自分のプレイだったりバンド全体の音をもう1回立ち返る時間があったのが大きいですね。


Q.所謂インストバンドのイメージって内側に向けたものが多いと思うのですが、regaはあけっぴろげというか、外を向いているバンドだと思うんですよ。でも今回は内側で作り込んだものを外に向けているような印象があります。

青木:ありがとうございます。そうだと思います。やっとそこを狙って出来るようになったのかもしれないですね。メンバー同士も長く一緒にいないとそこのコミュニケーションをとるのって意外と難しいんですよね。そうやってメンバー同士のコミュニケーションがしっかり出来てやっとアルバムが完成したのは実感していますね。


Q.コミュニケーションのツールとして、僕のイメージですがメンバー同士で「俺はこんなのあるけど、お前はどうなの?」みたいにお互いに見せびらかしあっているようなイメージがあります。

青木:そんな感じですよ。ゲーム感覚なのかもしれないですね。スタジオでも曲作りの段階で笑っちゃってることが多いですからね。

井出:俺達、フレーズで会話するもんね(笑)。「こう来るならこうだろ?」みたいなイタズラ心は常に持っていたいですし。

青木:それがどうしてもダサいとき以外はメンバーの意見を尊重しますね(笑)。


Q.曲はジャムで出来ることが多いんですか?

三宅:曲の核となる部分はメンバーの誰かが持ってくるんですよ。そこにみんなが肉付けしていく感じですね。

井出:曲を持ってくる人のイメージを自分なりに解釈して、そこにどう面白いものを加えるかみたいな。

四本:自分が曲を持っていってメンバーが予想外のことをしてくると「そうくる!?」みたいな(笑)。M-1「Quiet」を持っていったときもどうなるのかなって最初は思ってて。

井出:裏切られた?(笑)

四本:裏切られたね(笑)。特にベースには裏切られた。そういうのがあるとまた曲を好きになるんですよね。そういう楽しみ方が出来るからregaは面白いですね。

青木:聴いている人を説得させようと思ったらまずメンバーを説得することだと思うんですよ。この曲もまずは自分のプレイで晶(四本)をぎゃふんといわせることを考えましたね。

三宅:だからregaは作曲者のイメージを上回るミラクルが起きるんですよね。


Q.たぶん音楽理論じゃ説明出来ないrega理論があるんでしょうね。

四本:rega理論(笑)。

青木:あ、でも個人の理論が出過ぎると面白みが欠けるから、rega理論に拡げる作業っていうのは確かにあるのかもしれませんね。


Q.アルバムタイトルの「SOLT&PLUM」にはどういう意味が?

青木:直訳すると「良い塩梅」って意味なんですよ。さっきも言ったように、曲作りの段階でアルバムを意識して作ることが出来たんで、曲と曲のバランスも今までにないくらい。
良い塩梅なんです。それで「SOLT&PLUM」っていうタイトルにしました。


Q.今回のアルバムは何回もリピートしたくなるアルバムですよね。M-1「Quiet」が1曲目で聴いたときと2周目で聴くときでは全然聴こえ方が違いました。

四本:そうなんですよ!

井出:そこはめちゃくちゃ意識しましたね。

四本:2周目でやっとアルバムの意味がわかるというか。M-11「EXTRA」が終わってM-1「Quiet」にリピートしたときにアルバムの本当の意味がわかるような気がするんですよね。


Q.rega節全開のM-3「Zombie」やM-5「Barrel roll」のような畳み掛ける感じはやっぱりワクワクしますね。

青木:最初は衝動的だった前作との対比も考えてたから、今回のアルバムのイメージはM-1「Quiet」のような曲に意識が集中してたんですよ。でもそれだけじゃ良い塩梅にはほど遠くて。それで自分達が根っから好きな激しい部分が出てきた曲ですね。今までのregaを突き詰めた曲だと思います。


Q.M-4「goto/tapirus」の不協和音は癖になりますね。

青木:ひねくれているのに気持ち良いのがregaの面白いところでもありますよね。こういう曲はメンバーみんな一貫して好きなタイプです。

三宅:これは何かと何かを繋げる曲というか。アルバムの中でも良い働きをしている曲だと思います。


Q.この曲は夜中3時くらいに繰り返し聴くとトリップします(笑)。

青木:危ない時間帯ですからね(笑)。


Q.M-6「cobweb」は展開が面白いですね。

青木:こういう展開を作るのはやっぱり好きですね。やってて楽しいです。

四本:これは結構早い段階で出来た曲なんですよ。ライブでも前からやってる曲で。

三宅:前のアルバムの雰囲気も残しつつ、計算されたアレンジもありつつ。

井出:馬鹿っぽい感じもあって。ズレているけど合っているっていう。面白い曲だと思います。


Q. M-7「girl friend」のチルアウトっぽさも良いですね。

井出:スキップランランみたいなイメージですね。

青木:アンサンブルは凝ってますね。ガールフレンドとデートするようなワクワクした感じが出ていると思います。春先のような感じですよね。


Q.M-9「Titan」はベースラインがめちゃくちゃかっこいいですね。

青木:嬉しいです。単純に僕がこのベースラインを弾きたくて作ったんですけど、メンバーもすごく反応してくれて。


Q.中盤くらいからは地球がうねっているような絵が浮かびます。地面が割れて、雷がなってみたいな。それこそファイナルファンタジーのボス戦みたいな。

四本:それは嬉しいですね。どこかゲームで使ってくれないかな(笑)。

井出:曲から景色が見えるのは嬉しいですよね。

青木:ギターもバトルしてるみたいですよね。曲名は曲のイメージから付けるんですけどこれはぴったりでしたね。


Q.続くM-10「Idiot sauce」からはバイオハザード的な匂いも感じます。

井出:基本全部ゲーム(笑)。

三宅:でも言われたらそのイメージはあるかもしれないですね。

青木:これは酒に酔っ払ってへべれけな感じの曲なんですよ。

四本:基本的にお酒にはだらしないんで。(一同爆笑)


Q.regaは飲みそうですからね(笑)。では最後の曲M-11「EXTRA」ですが、タイトル通りrega全部乗せみたいな曲ですよね。

四本:rega全部乗せ(笑)。

井出:regaましまし的な(笑)。

三宅:展開ごとに掛け合いもあって面白い曲になったと思います。

青木:この曲をアルバムの最後に持ってくるのは早い段階で決まってたんですよ。そこにちゃんと着地するアルバムを作ることが目標でもあったんです。本当に良いアルバムが出来ました。


Q.ジャケットについても訊きたいんですが、regaの表現のひとつとして青木さんのアートワークもあるような気がします。

青木:ありがとうございます。今回のジャケは、震災があってやっぱり色々考えるじゃないですか。過剰なことが多かったし、生活なり社会なり「良い塩梅にならないかな」っていうのはいつも思っていて。それで起きた精神的な変化を表したジャケになりました。


Q.アルバムを象徴するジャケですよね。

井出:今回は敢えてどういうジャケが出来るのか完成まで見なかったんですよ。どういうジャケが出来あがるのかワクワクしてたんですけど今回もドンピシャでした。いつもびっくりさせられますね。


Q.では最後にアルバムを聴いてくれる人にメッセージをお願いします。

井出:本当に自信作が出来ました。自分で聴いてもドキドキするんですよ、みなさんも聴いてくれると嬉しいです。

三宅:今回は自分達なりに今までとは違うアプローチをしているので、ライブでもどう表現するか楽しみにしていて欲しいです。

青木:M-11「EXTRA」まで聴けるような工夫を散りばめたアルバムなので最後まで是非聴いてもらいたいです。もし途中で「あれ?」って思っても1回は最後まで聴いてください。

井出:なにその弱気。(一同爆笑)

四本:こういうアルバムには自分も中々出会えないので、regaで作れたことが嬉しいです。是非聴いて欲しいですね。

井出:あ、一個加えていいですか?


Q.どうぞどうぞ。

井出:今回ね、そのタッチだったり弦に触れるのがさ…

青木:ちょっとタメ口になってる。(一同爆笑)

井出:(笑)。そこがね、凄く反映されているっていうか、パツパツじゃなくて、ちゃんとヒットする伝わり方が出来ていると思うんですよ。

青木:前作が好きな人は違ったイメージを受けるかもしれないですよね。でも全てを経て、凄い自信作が出来たから是非聴いてもらいたいです。

四本:今までに比べて音数は相当減っているけど、そこも上手に表現できているんですよ。


Q.コテコテのラーメンが好きだったけど蕎麦の美味しさも知ったみたいな。

四本:それです(笑)。

井出:基本、ゲームかラーメンだよね。(一同爆笑)

 

rega:
三宅 隆文(Dr) 四本 晶(Gt) 井出 竜二(Gt) 青木 昭信(Ba)

【HPアドレス】
http://www.rega.jp

アルバムタイトル

rega
NEW ALBUM
SOLT&PLUM
XQLC-1001 / 初回生産限定 デジパック仕様

2012/5/9 ON SALE

¥2500 (tax in)

SOLT&PLUM TOUR

新潟 6/7 (thu) CLUB RIVERST
東京 6/9 (sat) 恵比寿LIQUIDROOM
香川 6/14 (thu) 高松DIME
愛媛 6/16 (sat) 松山SALON KITTY
福岡 6/17 (sun) SPIRAL FACTORY
広島 6/19 (tue) CAVE-BE
大阪 6/20 (wed) 梅田Shangri-la
名古屋 6/22 (fri) 池下CLUB UPSET
北海道 6/29 (fri) 札幌COLONY
宮城 7/5 (thu) 仙台MACANA
青森 7/6 (fri) 八戸 ROXX

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993