PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
STRONG STYLE

前作『ニッポンロックンロール』より約1年半、更にストレートかつPOPなパンクロック・アルバム『CYCLONE』をリリースする。1993年の結成以降、幾度かのメンバーチェンジを経つつも、活動を止めることなく、コンスタントなリリース&地元名古屋を中心に各都市にて積極的にライブを続けてきた彼ら。SKINS として語られることの多い彼らだが、それだけには留まらず、幅広い活動からくるその音楽性の奥深さは興味深い。古き良き名古屋由来のストレートなパンクロックやOiを継承し、自分たちなりのパンクロックに昇華させた渾身の1枚!

Q.今作のコンセプトを教えてください。

TAGUCHI:コンセプトめいたものは特に考えずに作ったんだけど、楽曲がひとつも無い時点でタイトルを「サイクロン」に決めてた。次のアルバムはサイクロンだなって。巻き込んだり吹き飛ばしたりの暴風的存在で在りたいってのがその時の俺の感情かな。それが強いて言えばコンセプトなのかもしれない。


Q.前作『ニッポンロックンロール』に引き続き、かなりストレートでPOPなパンクロックに仕上がっていると思います。『ニッポンロックンロール』以前と以降とでは何か変化があったのでしょうか?

TAGUCHI:POPさは昔から実はあったりするんだよ。俺の得意分野。ただ「怒り」とか前面にきてたのは事実だからそういったダークなイメージとか先入観がそれを埋れさせてたんだろうね。もう怒りはいいやって思い始めたのがニッポンロックンロールを作ってた時期かもしれない。


Q.これも『ニッポンロックンロール』からですが、それ以前に比べて英語のタイトルが増えていますよね?

TAGUCHI:確かにそうだね。


Q.国家や民族に対する気持ちや考え方を伝える歌詞から、現在のようなパーソナルな部分を伝える歌詞に変化した理由を教えてください。

TAGUCHI:根本的には俺個人の内面は大して変わってないんだよ。ただそれを音楽を利用して外部に訴えかけるのをやめただけ。歌詞に横文字を使わなかったのは日本語でしか伝える事の出来ない内容だったし日本語じゃないと伝わらないと思ったしね。最近はまたレベルの違うというか、母国語に拘る必要のないレベルのメッセージを歌う事が主になってるから英語タイトルの楽曲もある。でもやっぱりよりダイレクトに聴き手には届けたいから歌詞は概ね日本語だよ。


Q.今作ではTHE STAR CLUBやTHE RYDERSをはじめとする、ジャパニーズ・パンクの影響を色濃く受けます。原点回帰的なものなのでしょうか?

TAGUCHI:前作、前々作からそうなんじゃないかな。当然ルーツだよ、中学の頃に出逢ってそこから始まったもんね。


Q.誤解のある言い方かもしれませんが、今作は非常にライブ感が強いというか、勢いがあるように感じるんですよね。結成から19年経ってこの勢いってすごいと思うんです。

TAGUCHI:勢いしかない。それ以外何も無いかも俺達。


Q.今作には「爪痕〜あかし〜」のセルフカバーが収録されていますね。これは何故、今だったのですか?

TAGUCHI:音源聴きたいって要望が特に強かったからね。当然ながら今ならもっとカッコよくやれると自負してるし。


Q.そして勢いのある中に、M-7「明日も明後日も」のようなフォーキーな楽曲もあったり。

TAGUCHI:うん。なんでもアリだと思ってるから。歌によってはアコギ1本のほうが生きたりするよね。


Q.M-8「Fellows」は新境地というか、今までのSTRONG STYLEとは違った魅力があると思います。

TAGUCHI:これは自分の中でもまた挑戦だった。このテンションで歌うのも初めてだったし。歌入れやってる時は爪跡とは対照的に楽しかったなぁ。


Q.STRONG STYLEはOi〜SKINSだけでなく、様々なジャンルの人から絶賛されていますよね。自分たちでは、何故そうなったと考えていますか?

TAGUCHI:それは俺がミュージシャンじゃないからなんじゃないのかなぁ。だからこそ枠に囚われず多くの人達に理解してもらえてると思う。ガワである音楽じゃなくそれをやってる身である俺達を見てくれてる。パンクはそれをみせられるかどうかが重要だと思ってる。


Q.現在注目してる東海地区のバンドを教えてください。

TAGUCHI:REALTY CRISIS、Dr.SOUL


Q.最後に読者にメッセージをお願いします!

TAGUCHI:大人向けです、成人男性向け。卑猥という意味じゃないけど(笑)

 

STRONG STYLE:
TAGUCHI(Vo)、EMOTO(G)、UCHIDA(G)、SYUNJI(B)、RYUTA(Dr)

【HPアドレス】
http://www.strongstyle052.com/

アルバムタイトル

STRONG STYLE
5th ALBUM
CYCLONE
BBR-02

2012.5/23 ON SALE

\1995(in Tax)

LIVE SCHEDULE

6/2(土)中津川BREATH
6/23(土)池下 UP SET
6/24(日)名古屋 OZON
7/7(土)四日市 CLUB CHAOS
8/26(日)名古屋 CLUB QUATTRO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993