PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
UNLIMITS

UNLIMITSから強いメッセージが込められたシングル「カスケード」が届いた。今や女子メロディック・パンクシーンにおいて確固たる地位を築いた彼女達。2012年、初のリリースとなる今作は、「今」という同じ時代を共に生きる人と人の繋がりに希望を託したメッセージソングだ。アニメ「NARUTO‐ナルト‐疾風伝」のエンディングテーマでもある今回のシングルは、既存のファンのために新曲を3曲コンパイルした「通常盤(UNLIMITS盤)」と、NARUTOでUNLIMITSを知った人に更に深く知ってもらうために代表曲を収録した「期間生産限定盤(NARUTO盤)」の2仕様でリリース。UNLIMITSの更なる飛躍のシングルになりそうだ。

Q.M-1「カスケード」からは同じ時代に生きる「人と人の繋がり」の大切さを強く感じました。

郡島:ありがとうございます。まさに「人と人の繋がり」「未来への繋がり」をテーマに書きました。メロディーも優しさの中に力強さを感じるものになったと思います。何かを失ったときに人を救うのは人なんですよね。そういう心の繋がりを表現した曲です。「トランキライザーTOUR」のツアー中に震災が起きて、ライブをやる意味を改めて考えたというか、考えざるを得なかったんですよね。そうやってメンバー全員で向き合って考えた結果、人と人の繋がりの大切さを凄く感じました。


Q.「始めるのは 今、この場所から」という歌詞がありますが、聴く人それぞれの場所がありますよね。

郡島:はい。聴いた人が思い浮かべる場所がその人の場所ですよね。「そこからまた新しく始めれば良いんだよ」っていうメッセージを込めています。


Q.この曲はTVアニメ「NARUTO‐ナルト‐疾風伝」の主題歌にも起用されていますね。

清水:はい。やっぱり聴いてくれる人がいるからこそ自分達の曲はどんどん輝いていくと思うので沢山の人の耳に触れる機会を与えてくれたことは素直に嬉しいですね。


Q.アニメのオンエアは見ました?

清水:見ました。「嘘みたい!」って感じです(笑)。歌詞とリンクした映像で「わあああ!」って思いました(笑)。姉からも「頑張ってるね」ってメールが来たんですよ。そうやって色んな人に届くのは嬉しいですね。


Q.この曲で初めてUNLIMITSを知る人もいると思うのですが、そういう人のために今回は期間限定生産盤としてUNLIMITSの代表曲を収録した所謂「入門盤」も発売されるんですよね。

清水:そうなんです。今回のシングルは2種類出るんですよ。自分達では「UNLIMITS盤」「NARUTO盤」と呼んでいて。NARUTOがきっかけで私達の存在を知ってくれた人達にもっとUNLIMITSの曲を知ってもらいたいし、ライブにも遊びに来てもらいたくてライブの定番曲を入れたのが「NARUTO盤」、UNLIMITSをずっと応援してくれる人のために新曲を入れたのが「UNLIMITS盤」なんです。色んな人に届いたら嬉しいですね。


Q.M-2「カナリアの夢」はUNLIMITS節が炸裂していますね。

清水:詰め込みましたね。イントロを聴いただけでワクワクしますよね。あとこの曲はハモリのパートが多くて、郡ちゃん(郡島)もガンガン歌ってるんですよ。そういうのを待ってた人にはたまらない曲にはなっていると思います。

郡島:メロディーやアレンジもUNLIMITSの王道ですよね。ライブハウスでみんなで歌ったらひとつになれるようなイメージの曲ですね。


Q.M-3「リグレット」のような世界観はUNLIMITSならではですよね。

清水:この曲は「もう号泣してください!」って感じです。


Q.この曲で歌っているのは?

清水:これは依存症を歌った曲ですね。辞めなきゃいけないと分かっていても辞められないことってあるじゃないですか。人が人に依存するのもそうだし、物とか煙草とか、悪いと分かっていてもそこに溺れてしまう切なさってありますよね。それを切々と書いたのが「リグレット」です。自分の内面に潜り込んで書いた曲です。


Q.今回のシングルは3曲なんですけどアルバムを聴いているような感じがしました。

清水:それは嬉しいです。そう思って聴いてくれたら本当に嬉しいです。自分でもかなり凝縮したものが出来たと思っています。


Q.このシングルを引っさげてのワンマンツアーがありますね。

清水:このツアーは楽しみですね。

大月:UNLIMITSは色んな側面があるバンドなので、普段の30分のステージだと伝えきれない部分はどうしてもあるんですよね。ワンマンでは全部出し切るようなライブをしたいと思っています。

石島:「シグナルカスケード〜連鎖反応〜」っていうツアータイトルなんですけど、それこそ繋がりを意識して付けたツアータイトルなんですよ。ライブに来てくれた人達の普段の生活にも僕らの音楽が繋がっていけたら最高ですね。

郡島:今回のツアーで初めて福岡でもワンマンがやれるんですよ。それが本当に嬉しいです。

清水:私達、今年で結成10年目なんですよ。この10年間で作ってきた曲をワンマンで披露出来るのも嬉しいですね。色んなタイプの曲があるし、長い時間やれるからUNLIMITSの世界にビッタビタに浸ってもらえたら嬉しいです。連鎖反応ってタイトルは郡ちゃんが考えたんですけど、まさにその通りだなって思うんです。お客さんがライブに来てパワーを貰うって言ってくれるように、私達もお客さんからパワーを貰っているんですよ。ライブでお客さんから貰ったパワーは色んなところに分けていきたいです。今回のツアーでもそういう連鎖反応が起きたら嬉しいですね。

 

UNLIMITS:
石島直和(Ba) 清水葉子(Vo.Gt)郡島陽子(Dr.Vo) 大月義隆(Gt)

【HPアドレス】
http://www.unlimits.jp/

アルバムタイトル

UNLIMITS
NEW SINGLE
カスケード

2012/5/16 ON SALE

●通常盤(UNLIMITS仕様)
SRCL-7949 ¥1,200(tax.in)
01.カスケード
02.カナリアの夢(新曲)
03.リグレット(新曲)
●期間生産限定盤(NARUTO仕様)
SRCL-7950 ¥1,500(tax.in)
01.カスケード
02.孤独へのシグナル
03.月アカリサイレース
04.パズル
05.カスケード NARUTO size
06.カスケード Instrumental

UNLIMITS ONEMAN TOUR 2012
「シグナルカスケード〜連鎖反応〜」

6/2    福岡・天神graf
6/9    愛知 新栄CLUB ROCK’N’ROLL
6/10   大阪・心斎橋 Pangea
6/14   東京・渋谷O-WEST

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993