PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
404NOT FOUND

ラウドシーン、メタルシーン、ヴィジュアルシーンなど、ジャンルやシーンの垣根を超えた活動で話題の名古屋発404NOTFOUND。彼らが1年振りとなる音源を6月、7月と2ヶ月連続で全国発売する。バンドが今まで重ねてきた感性、経験、人生を全て詰め込んだこの2作。新しいことにこれからチャレンジする人に向けた応援歌ともいえる「START LINE」、ライブでのバンドとリスナーの一体感や臨場感を歌った「CROSS YOUR HEART」といったそれぞれ違う表情を魅せたクオリティの高い作品となっている。名古屋のみならず全国でも現在大注目の彼ら。2YOU MAGAZINE初登場です!

Q.結成の経緯を訊かせてください。

純:もともと僕とリョウジは一緒のバンドをやってました。それが解散してしばらくしてCo.や当時のメンバーを誘って新しく始めたのが404NOTFOUNDのスタートですね。それで一昨年の10月に陽斗と英がメンバーチェンジで加入して今の形になりました。


Q.ヴォーカルが変わるのって日本のバンドではラウドネスくらいですよね(笑)。

Co.:例えが凄いです(笑)。確かにヴォーカルが変わるのって大ピンチですけど、でも変えなきゃ変えないでそれも大ピンチだったので。(一同爆笑)

純:当時は周りからも楽曲や演奏隊への印象の方が強いバンドだったんですよ。

Co.:だからバックよりもさらに存在感のあるボーカル欲しかったんです。

純:そういうヴォーカルを探しているときにそのタイミングで陽斗がやってたバンドが解散したのでこうして運命的に出会うことができました(笑)。

陽斗:バンド全体の技術的な面も含め、やりたかった音楽が404NOTFOUNDでは出来ているので歌っていて楽しいです。

純:それは僕らも一緒で陽斗が入ることで更に前に進めると感じています。今の404NOTFOUNDは思い描いていた形へ動いています!


Q.ジャンルレスな活動をされていますよね。

純:そうですね。ジャンルはあまり関係ないと思っています。ポップからメタルからヴィジュアルまでお互いがかっこいいと思うところを共鳴していきたいですね。自分たちがかっこいいと思えることを形にできれば人には伝わると思ってます。僕らは音楽でいかに人を感動させられるかに重きを置いているんですけど、それがどこであっても正面からぶつけていけば反応は絶対にあると思っています。

Co.:サウンド的には邦楽と洋楽の中間を目指しているんですよ。茨の道ですけどね(笑)。

英:はい。そこで戦います(笑)。


Q.「START LINE」は新しい事を始めようとする人の背中を推す力強く優しい曲ですね。

陽斗:まさにこれから新しい道を行く人のために書いた曲ですね。

リョウジ:リリースが6月なので若干季節外れですけどね(笑)。4月に出せば良かった(笑)。

Co.:2ヶ月間ニートだった人に贈ります(笑)。

純:僕らに付いてくれていた若いスタッフの子たちが自分の夢のために上京することになったんですよ。それで彼らにも向けています。まあ自分達が一番頑張らなきゃいけないんですけどね(笑)。


Q.「CROSS YOUR HEART」は聴く人によって色んなシチュエーションを想像出来る曲ですよね。僕はライブの一体感とリンクしました。

英:色々な捉え方の出来る曲だと思いますね。

陽斗:感じていただけたように僕はライブに来てくれる人に向けて書きましたね。やっぱり僕らにとってライブは特別なものなので。

Co:ライブは生活の一部ですからね。ライブが出来なくなったらきっと生きていけない(笑)。

純:生き甲斐というか、生を感じれる場所ですね。


Q.この2作を作って感じたことはありますか?

Co.:レコーディング前にEVANESCENCEのライブを見に行ったんですけど、ドラムに衝撃を受けたんですよ。メンバーが変わって新しいドラムだったんですが、自分が悩んでた壁を超えてる人が目の前で叩いているのを見て自分の方向性も定まったんです。それを経て挑んだ作品なので凄く気持ちの良いテイクが録れたと思っています。

英:僕は今回の作品は特に歌詞を活かすギターを意識して弾きましたね。

リョウジ:前にも増して感情が前に出た作品だと思います。出来るだけシンプルで力強いベースを心掛けたんですけど、それがしっかり表現出来ました。

純:僕は昔、超絶テクニカルな志向だったんです(笑)。変態的な拍子や小節にどれだけ音符を詰め込むことが出来るかみたいな(笑)。今ではそういうものをやろうとはしなくなりましたけど(笑)。歌と同じで感情を音符1個1個に込めることを意識しましたね。

陽斗:僕は抑揚のある歌が歌えていると思います。悩んだりもしたんですけどその分、自分でも納得したメロディーが歌えたと思っています。


Q.今年の目標はありますか?

純:アルバムを作りたいですね。今回2枚のシングルを6月、7月と立て続けに出したのはステップアップの意味を込めてます。8月のワンマンも含めてホップ・ステップ・ジャンプとそのまま勢いを付けてアルバムに繋がっていければと思っています。

Co.:大きいステージでも持ち味が出せるライブパフォーマンスだと思ってますのでそういう機会も増やしていきたいと思っています。


Q.では最後にメッセージをお願いします。

陽斗:今出せる力は全部出しました。音源を聴いてもらって一緒に盛り上がりたいです。

Co.:今回の作品は僕らの全てを注いだシングルです。CDが売れない時代とか関係なく、感動できるものは伝わると信じています。

リョウジ:自信を持って聴いてもらえるCDなので是非404のサウンドをご賞味あれって感じです。

純:まずは聴いて判断して欲しいですね。自信はあります。共感してくれる人達と共鳴していきたいです。

英:CDをヘヴィローテーションして8月3日大須ell.FITS ALLでのワンマンライブで一緒に歌いましょう!

 

404NOTFOUND:
Co.(Dr)  リョウジ(Ba)  純(Gt)  陽斗(Vo)  英(Gt)

【HPアドレス】
http://www.x404notfound.jp/

アルバムタイトル

404NOTFOUND
NEW SINGLE
START LINE
JFRC-003

NOW ON SALE

¥1,000

アルバムタイトル

404NOTFOUND
NEW SINGLE
CROSS YOUR HEART
JFRC-004

2012/7/11 ON SALE

¥1,000

LIVE SCHEDULE

7月8日 四日市CLUB CHAOS
8月3日 名古屋大須ell.FITS ALL(ワンマン)
8月18日 名古屋ダイヤモンドホール

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993