PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
aoki laska

2011年12月、& records初の日本人女性シンガーソングライターとしてデビューしたaoki laska。平松泰二(folk squat)がプロデュース、エンジニアを手掛け、長倉亮介(元YOMOYA)、日下部裕一(4 bonjour's parties)が制作に参加したミニアルバム「about me」が発表されるやいなや、ARABAKI ROCK FESTへの出演、スズキ「ラパン」CMソングに起用など、彼女の声は瞬く間に音楽ファンのもとに拡がっていく。前作に続きプロデューサーに平松を迎えたaoki laska初のフルアルバム「it’s you」は、様々な経験を経た彼女にしか歌えない10編の「歌」が詰め込まれている。aoki laska、才能開花。

Q.音楽を始めたきっかけは?

aoki:4歳の頃にピアノを始めたのがきっかけですね。親に連れていかれてやっていました(笑)。中学2年生までやっていました。


Q.それからまた音楽を始めたのは?

aoki:高校生の頃から歌手になりたいっていう気持ちはあったんですけど、具体的に何をしたら歌手になれるか分からなくて家でたまにピアノを弾いていたくらいでした。もう一回音楽をやろうと思ったのは大学に入ってからですね。


Q.軽音楽部に入ったりして?

aoki:いえ。軽音楽部には入らずにボイストレーニングに通い出しました。バンドはずっとやりたかったんですけど、どうやったらバンドが組めるか分からなかったんです。きっかけもないし、誰からも誘われないし(笑)。それでとりあえずボイストレーニングに通ってみたんです。最初は自分で曲も書いてなかったし、弾き語りをしていたわけでもなかったので、ただ「出来ない、出来ない」って悩んでましたね。


Q.いつ頃からライブをするようになったのですか?

aoki:ボイストレーニングに通いだして半年くらいした頃に初めてライブをしました。オリジナルだったんですけど打ち込みの曲を1曲だけオケを流して緊張しながら歌いました(笑)。


Q.& recordsからリリースすることになったのは?

aoki:その頃から8年くらい後の話なんですけど(笑)。その間に自主盤を出したり、アメリカに行ったりしながらひたすらライブをしていたんです。でもデビューには繋がらなくて。そんなときに元々知り合いだった長倉さん(元YOMOYA)に入井さん(元nhhmbase)を紹介してもらってその2人と1年くらいデモを作ったりしていたんですよ。それで2011年の4月に& records主催のVERSUSの来日公演が震災の影響で中止になって、代替公演として急遽チャリティ・イベントが開かれることになって入井さんに誘ってもらったんです。その日に& recordsのオーナーの畠山さんにライブを見てもらってリリースに繋がりました。


Q.「about me」の反響はかなりあったんじゃないですか?

aoki:有難いことに。「ラジオで流れている!」とか「インタビューを受けている!」とか一個一個が嬉しかったですね。認められない期間が長すぎましたから(笑)。


Q.僕は初めて聴いたときにCHARAさん、UAさん、ACOさんを初めて聴いたときと同じような感覚を覚えたんですよ。

aoki:おお!!まさに私もその御三方を聴いて影響を受けてきたんですよ!音楽だけじゃなくてファッションとかも影響を受けましたから(笑)。


Q.今回のCDジャケットからも同じ匂いしますよね(笑)。

aoki:やっぱり好きだったから出ちゃいますよね(笑)。隠しきれないです(笑)。


Q.今作も「about me」に続き、平松泰二さん(folk squat)プロデュースですが、どういうアルバムになりましたか?

aoki:今回も泰二さんにプロデュースして頂いて、「it’s you」は最初から「ポップ」というテーマを念頭に置いて作ったアルバムなので「about me」より拓けたアルバムになったと思います。


Q.歌詞も前作より前向きな歌詞が多いですよね。

aoki:泰二さんに打ち合わせの段階で「暗い歌詞はNGね」って言われて(笑)。具体的な案も色々頂いたのでそれをはめていくように作っていきました。


Q.歌の存在感がとにかく凄いです。大袈裟じゃなく、歌うために生まれたような。Aoki laskaの声を聴いていると部屋にいるのにまるで森林の中にいる気分になるんですよ。

aoki:イメージ的にファンタジーを目指していたのでそれは嬉しいです。「非日常」を感じることが出来る音楽を作りたかったんですよ。


Q.ライブはバンド編成とアコースティック編成がありますが。

aoki:私、弾き語りをするのが辛い時期があったんですよ。根が真面目なのか「間違ったらどうしよう、ピアノが止まったらどうしよう」って悩んでたんです。完璧に弾かなきゃいけないと思いこんでいたし。だからバンドで演奏するようになって楽しかったんです。でもバンドでやることで自分の歌の世界観を弾き語りだけでどれだけ表現出来るかも考えるようになりましたね。& recordsの諸先輩方にライブを見てもらったときも「間違っても良いし、ピアノが止まったらアカペラで歌えば良い。ライブ感があれば良いんだよ」って言われてハッとしたり。


Q.例えば、声を出すだけで「aoki laska」は成り立つと思うんですよ。声を出すだけでその人の世界観になるのがaoki laskaの声だと思います。

aoki:嬉しいです。そんな風に思ったことなかったです。でも今回のレコーディングで新しい引き出しを発見出来たし、まだまだ駄目出しされるので日々勉強ですね。前よりも柔軟に人の意見を取り入れることも出来るようになったし、自分の歌を客観的に聴くことも出来るようになりました。まだまだ自分の声に発見がありますね。

 

【HPアドレス】
http://aokilaska.com

アルバムタイトル

aoki laska
NEW ALBIM
it’s you
YOUTH-164/&-099

NOW ON SALE

¥2,400

LIVE SCHEDULE

2012/7/5 (木) 京都Voxhall
2012/7/6 (金) 大阪FLAKE RECORDS
2012/7/7(土)大阪「見放題2012」
2012/07/08(日)名古屋•大須ZIGAR’S
2012/7/10(火)東京 晴れたら空に豆まいて
2012/7/15(日)新宿タワーレコード 7F
2012/7/31(木) 東京 晴れたら空に豆まいて
2012/9/7(金)東京 晴れたら空に豆まいて
 aoki laska 1st full album“it’s you”release party
 『きて みてみて』w/ Predawn、YeYe、Caroline

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993