PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
GRIKO

セミマル、銀平の兄弟を中心に2007年に結成されたGRIKO。度重なるメンバーの脱退で兄弟2人になりつつも、大量のサポートを入れまくり最大7パターンのサポート形態でライブ活動だけは止めずに走り続けてきたという。そして2011年、活動休止中のハヌマーンえりっさ、2012年には同じくハヌマーンのピクを誘うという「リズム隊丸ごとハヌマーン」という禁断の領域を飛び越え現メンバーが揃い踏むことになった。「長い暗黒の時代を終え、今GRIKO伝説が始まろうとしている」かどうかは彼ら初の全国流通音源にして4人での初音源でもある「Esteban」を聴けばお解りいただけるであろう。時はきた!大阪のロックスターGRIKOの戦いが始まる!いけGRIKO !戦えGRIKO!

Q.かなり波乱万丈な経歴ですが。

セミマル:そうですね(笑)。メンバーチェンジが多くて僕がベース弾きながら歌ってた時期もありました。

銀平:ドラムが逃亡したこともありましたね。


Q.逃亡!?

セミマル:しかもレコ発直前に(笑)。そのときは急遽サポートでドラムを叩いてもらったんですけど、そこからGRIKOのサポート人生の始まりです(笑)。


Q.えりっさとピクが入った経緯は?

えりっさ:ハヌマーンの頃から面識はあったんですよ。同じライブハウスに出てたし、良いバンドやなって思ってました。そこまで仲良いわけじゃなかったんですけど(笑)。それでハヌマーンが活動休止したときにサポートで誘われて。

セミマル:実はえりっさは最初から絶対にメンバーに誘うつもりやったんですけどね(笑)。


Q.そしてまさかのピクまで誘うっていう。

ピク:僕も新しく入るバンドを探してたんですよ。それでえりっさがGRIKOに入ることを知って「ああ、そうなんや」って(笑)。

セミマル:全然ライブ見に来てくれなかったんですよ(笑)。

ピク:しゃくだったもん(笑)。ワンマンも悔しくて行かなかったし(笑)。


Q.えりっさはそのワンマンで加入を決意したんですよね?

えりっさ:そうですね。最初はワンマンも出る予定じゃなかったんですけど、家に監禁されて曲をめっちゃ覚えさせられたんですよ。GRIKOって家で練習できる環境があって、歴代のサポートは連れ込まれているんですけど(笑)。

セミマル:業界用語でいうと監禁やね(笑)。

えりっさ:それで帰りの車の中で2人になったときにセミマルに「メンバーになってくれへん?」って言われて。「別に答え急いでへんし」とか告白みたいなこと言ってきて。

セミマル:ほんまはめっちゃ急いでたんやけどな(笑)。

えりっさ:それでワンマンをやってGRIKOに入りたいなって思いました。

ピク:僕はえりっさが入った後に見に行ったライブがかっこ良かったから物販で音源買おうとして…。

セミマル:俺はそういうのキャッチするのが得意やから「ピクが尻尾出しよった!」って(笑)。いくなら今やと思って「CD持って行けや。それでドラム覚えて来てや。」ってCD渡したんですよ。

ピク:それでスタジオに入るようになったんですけど、ホームページから他のサポートドラムの名前がだんだん消えていったんですよ(笑)。そのまま自然と囲われていって。

えりっさ:私もメンバーじゃないときに勝手に写真撮られてフライヤーを大阪中に配られたことあったし(笑)。

セミマル:周りの目が大事やねん(笑)。「えりっさ、GRIKOに入んねやな」っていう(笑)。


Q.ハヌマーンのリズム隊をそのまま入れるのは悩みませんでした?

セミマル:いや、さすがに「駄目やろな」って思いました。でもスタジオに入ってみたら2人がハヌマーンだったとかどうでもよくなって。ただ一緒にやりたいって思ったんです。

えりっさ:やりたいのにやらないのは変だなって私も思ったし。

セミマル:ドラムも絶対にピクとやりたかったし。これでやっとGRIKOが揃いました。


Q.GRIKOの音楽はかなりバラエティに富んでいますよね。

セミマル:やりたいこと全部やってるから傍から見たら滅茶苦茶やと思います。結成の頃から一貫して滅茶苦茶です(笑)。


Q.でもそれがスタイルとして成り立ってますよね。今回のアルバムも6曲バラバラですけど一貫性はあると思います。ジャンルとしてじゃなく芯が一貫しているっていう。

セミマル:それ、めちゃめちゃ嬉しいです。

銀平:「お前ら何がしたいか分からへん」って良く言われましたけど、やりたいこと全部やっているだけなんですよね。

セミマル:同じような曲ばかりやってても退屈やし。ライブでも俺らは最初から最後まで違うような曲をやりたいんですよ。それは信念でもありますね。


Q.コーラスの幅もかなり広がりましたよね。

セミマル:全員歌ってますしね。今回のアルバムはコーラスには拘ってますね。

えりっさ:私は自分の歌声が嫌いやったからコーラスが嫌いやったんですよ。

セミマル:最初全然歌わなかったもんな。でもカラオケ行くようになって変わったんちゃう?

えりっさ:今、カラオケにはまってるんですよ(笑)。

セミマル:カラオケはまってからバンドでも積極的に大声で歌うもんな(笑)。


Q.(笑)。GRIKOにとってロックとはどういうものですか?

セミマル:俺は興味あることは何でもやりたいんですよ。でも唯一、さえぎるものがあるとすればロックの存在なんです。どれだけ興味があってもロックじゃないものはやれないんですよ。それは俺のルールですね。何でもありだけど何でもありじゃないっていう。ロックであるかどうかは基準ですよね。


Q.これからどんなバンドになっていきたいですか?

セミマル:最初から思っていることは一緒で、色んな曲をやれるバンドでいたいとは思っていますね。それってミュージシャンとしての本能だと思うんですよ。

銀平:あと親近感のあるロックバンドでいたいですね。

セミマル:そうやな。幅広い人に応援されるような。

銀平:阪神タイガース的なバンドってことやろ。

セミマル:そういうことやな(笑)。

 

GRIKO:
ピク(Dr)  セミマル(Vo.A・Gt)  えりっさ(Ba)  銀平(Gt.Key)

【HPアドレス】
http://grikorock.com/

アルバムタイトル

GRIKO
NEW ALBUM
Esteban
DQC-937

2012/7/25 ON SALE

\1600

LIVE SCHEDULE

12.07.04 (wed)  渋谷 O-Crest
12.07.07 (sat) 『見放題 2012』
12.07.15 (sun) 天王寺 Fireloop
12.07.20 (fri) 難波 ロケッツ

GRIKO企画 レコ発こけら落とし!!
12.08.22 (wed) 十三 FANDANGO

『エステバン』リリースツアー 〜逆襲のGRIKO〜
12.08.26 (sun) 名古屋 新栄 CLUB ROCK'N'ROLL
12.09.01 (sat) 福岡 薬院UTERO
12.09.02 (sat) 広島 4.14
12.09.05 (wed) 扇町 パラダイス
12.09.08 (sat) 徳島 銀座CROWBAR
12.09.09 (sun) 岡山 MO:GLA
12.09.15 (sat) 静岡 磐田FMSTAGE
12.09.16 (sun)『ETERNAL ROCK CITY.2012』
12.09.22 (sat) 天王寺 Fireloop
12.09.28 (fri) 宮城 仙台FRYING SON
12.09.29 (sat) 福島 いわき club SONIC iwaki
12.10.05 (fri) 北海道 札幌 スピリチュアルラウンジ
12.10.18 (thu) 渋谷 O-Crest
12.10.27 (sat) 天王寺 Fireloop

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993