PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
mudy on the 昨晩

mudy on the 昨晩がミニアルバム「Zyacalanda」を発表した。プロデューサーに盟友9mm Parabellum Bulletの滝 善充を起用したことでバンドを解体、再構築することが出来た新しいmudy on the 昨晩の魅力が詰まった作品となっている。その滝が期間限定で加入するニュースも飛び込み、6月に行われた東名阪ツアー「"Zyacalanda" release tour 2012『もしもしツアーズ 〜対話編〜』」は滝を含む6人体制で行われるなど、常に新しいこと、面白いことを探っては実現していくmudy on the 昨晩の自由な音楽の形、自由なアイディアが作品にも表れている。今のmudy on the 昨晩について、バンドのキーマンであるフルサワに話を訊いた。

Q.今までに増して自由なアルバムですね。

フルサワ:そうなんですよ。実はこのアルバムを作る最初の段階ではもうちょっと違う感じだったんです。「mudy in squall」の流れでコーラスを入れてみたり、鍵盤を入れてみたり。でも楽曲を作っていく中で、プロデューサーに9mm Parabellum Bulletの滝さん(滝 善充)を迎える話をもらって。もともとバンドが客観的な意見を受けてどう変化するかってことに興味はあったから、滝さんと一緒にやるのは面白いだろうなって。だから今までのmudy on the 昨晩とは少し違った、所謂「企画モノ」のような要素はあるかもしれないですね。バンドの歴史の中で色の違う作品があるのも面白いと思い、今作品が出来ました。


Q.滝さんとやってみてどうでした?

フルサワ:面白かったですね。滝さんが9mm Parabellum Bulletでしっかり音で伝えることが出来ている人だから、音の飛ばし方やアウトプットの仕方は勉強になりました。例えば僕は、「VOI」の頃に比べると段々と変拍子が無くなってきたり、突拍子のない展開をどこか避けていたところがあると思うんです。そうすることで伝わりやすくなるんだと思っていたんですよね。でもそれってシンプルにすることとは別だったんです。それを教えてくれたのは滝さんでしたね。自分達だけでは分からなかったアウトプットの仕方が出来ているアルバムになったと思います。


Q.そういう意味でも「バンドの解体」がテーマになっている。

フルサワ:そうですね。音の話だけではなく、やり方の再構築っていう。今回のアルバムは今までで一番インストバンドっぽいのかもしれないです。今までは器楽曲的な所謂「良い曲」にしたいっていうのが大前提にあったんですけど、今回はそういうところじゃないバンドっぽさが出てると思います。その結果、本当の意味でシンプルになったと思います。完全に滝さんのおかげですね。


Q.そしてその滝さんが期間限定とはいえ正式メンバーとして加入するという驚きもありましたが。

フルサワ:びっくりしますよね(笑)。僕らは9mmのファンだったし、きっと滝さんもmudy on the 昨晩のことが好きだろうなって思って、一緒にアルバムを作ったし、(ので)ライブも一緒にやっちゃますか?と言ったら…正式加入したいと滝さんが(笑)。


Q.やりたくなっちゃったんでしょうね(笑)。あと6人が並んだときの絵図らがファミコンジャンプ(※少年ジャンプの主人公が集結するファミコンソフト)的で面白いです。

フルサワ:ハイスクール奇面組に孫悟空がいるみたいな(笑)。ワクワクしますよね。何をするにしても面白いほうが良いですよね。ひとつだけ言えることは確実にうるさくなるでしょうね(笑)。


Q.ただでさえ3人いるギターが更に増えるわけですもんね(笑)。でもそういう自由な発想だったり、新しいアプローチはこれからもどんどん出てきそうですね。

フルサワ:そうですね。あ、でも昔だったらもっとギラギラしてたかもしれません(笑)。バンドとして確立させたいことはありますけど、そういうのってバンドを続けていくことで説得力が増していくんだと思うんですよ。そういう先輩が名古屋にも全国にも沢山いるので。


Q.今作もですが、mudy on the 昨晩はインストだけど歌えるのが面白いと思います。メロディーがとにかく良いです。

フルサワ:嬉しいです。「VOI」を出した頃に、中尾憲太郎さん(Crypt City)が僕らと同じスタジオだったので手紙を書いて音源を聴いてもらったんですよ。それで憲太郎さんに「お客さんは歌いたいんだから、インストバンドであろうとも一緒になって歌えるものを作っていけるといいね」って言ってくれたんですよ。凄くハッとして。あれからずっとその言葉は意識していますね。インストってなかなかメロディーが記憶に残ることが難しいと思うんですけど、メロディーが良ければインストでも歌えるんですよね。


Q.mudy on the 昨晩の曲は絵が浮かぶから記憶にも残りやすいですよね。ミュージックビデオとのリンクの仕方も面白いですし。

フルサワ:ああ、そうですね。面白いのが出来ていると思います(笑)インストのミュージックビデオってどうしてもあきられてしまう事が多いですが、まったくあきない作品になりましたね。


Q.ストイックさとユーモアのバランスが最高です。

フルサワ:自由さが伝わったら嬉しいですね。僕ら、何をやっても文句言われないですから(笑)。本当に自由なんですよ。


Q.でも何をやってもOKなところまでバンドがきたのかもしれないですね。

フルサワ: それはあると思います。みんな面白がってくれるし、今回の滝さんの加入に関してもネガティブな意見は殆どなかったんですよ。mudy on the 昨晩が今までやってきたことが認められているんだなって思います。あ、でも僕の耳に入ってこないだけかもしれませんけど(笑)。

 

mudy on the 昨晩:
朴木 祐貴(Ba) 桐山 良太(Gt) フルサワ ヒロカズ(Gt) 伊藤 浩平(Dr) 森ワティフォ(Gt)

【HPアドレス】
http://sakuban.com/

アルバムタイトル

mudy on the 昨晩
NEW ALBUM
Zyacalanda
ZNR-122

NOW ON SALE

\2000

LIVE SCHEDULE

7/16(月)@名古屋 APOLLO THEATER
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
8/ 4(土)@国営ひたち海浜公園
残響祭 8th ANNIVERSARY
9/ 1(土)@いわき club SONIC
9/ 2(日)@仙台 CLUB JUNKBOX
9/16(日)@Shibuya O-EAST &
9/16(日)@DUO MUSIC EXCHANGE
11/24(土)@THE WALL台北

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993