PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
BYEE THE ROUND

2003年の結成以来、東京を中心にインディーズシーンで活動してきたバイザラウンドが満を持してメジャーに参戦する。生々しいまでに人間の本質を歌ったスリリングで強靭な言葉と、強烈なインパクトを残す圧倒的なライブパフォーマンスで熱烈な支持を受ける彼ら。メジャーデビュー作品となる「ハローイエロー」は人間の内面をえぐるようなメッセージ性を帯びた赤裸々な言葉が、聴く者の心に真っ直ぐ突き刺さるような全6曲収録の作品になっている。「コンティニュー?」がRPG「ソールトリガー」主題歌に採用されるなどロックシーンに留まらず、更なる進撃を始めた彼らから目が離せない。バンドの全作詞、作曲を手掛ける松山(Vo、Gt)に話を訊いた。

Q.バイザラウンドって物凄くロックを体現しているバンドだと思うんですよ。気持ちよくロックの王道を鳴らすバンドだなって。

松山:ありがとうございます。でも狙ってるつもりもそんなになくて。こういうサウンドメイキングがしたいとか、アンサンブルをどうするとか、あまり考えてやってこなかったんですよね。僕らはルーツもバラバラだし、スキルもなくてやれることが少なかった。だからひっちゃかめっちゃかに音を出すのが基本的なやり方だったんです。最近の若いバンドは器用だなって思いますよ(笑)。僕らは残念なことに器用じゃなかったんです(笑)。それが王道のロックっぽさに繋がったのかもしれませんね。


Q.これまでにインディーズで何枚かリリースされていますが、その頃は歌もギターもリズム体も、良い意味で個性のぶつかり合いをしていたイメージだったんですよ。

松山:はい。


Q.でも今作は完全に歌が前に出てきている。

松山:それは思いっきり意識しました。このご時世にメジャーと契約して音楽を続けていく理由を考えた時に、何をどう伝えるかってことに焦点を絞ろうと思ったんです。これまでは感覚でやってきたのに対して、どうやったら伝わるかを考えるようになったんです。それで僕の出した答えが、歌や歌詞をしっかり伝えるということでした。それをメンバーに伝えたらみんな納得してくれて。だからますます当たり前のやり方になったというか、更に王道に近づいたのかもしれないですね。


Q.歌を伝えることを意識するようになったことで歌詞の書き方は変わりました?

松山:変わったと思います。今作は「ハローイエロー」っていうタイトルなんですけど、イエローっていうのは日本人をイメージしているんですけど、歌詞も日本人を意識したものが多いんですよ。僕らは東北出身のメンバーが3人いるので、地震があって僕らなりに考えたこともあって。日本人として、この国で、この言葉を使って生きていくってことが何なのか、物凄く意識して作りました。


Q.1曲1曲に様々なストーリーがあるように感じたのですが、アルバムを通して聴くと歌っていることは一貫して人間の歌だなって思いました。人間賛歌というか。

松山:それが伝わっているのなら凄く嬉しいですね。まさにどの曲も人間賛歌です。


Q.普通、隠したり例えたりするようなこともそのまま歌っていますよね。丸裸というか。

松山:そうですね(笑)。ディフォルメしたりするのはもういらないかなって制作中に思ったんです。曲を作っていく中で格闘はしたんですけど、技術もテクニックもいらないなって結論に至ったんです。だから歌詞も何回も書き直しましたね。「まだかっこつけてる!」「もっとさらけ出せる!」って(笑)。メンバーも「ここまで言っちゃうの?」って戸惑ってましたからね(笑)。勿論僕も不安でしたよ。でも出来上がった音源を聴いたら歌詞が真っ直ぐ心に入ってくる感覚があったんですよね。


Q.生々しい言葉だからこそ、言葉ひとつひとつに力強さを感じました。

松山:それは嬉しいです。ここまで歌っちゃっているから最初は嫌悪感を示されるかもって不安もありました。日本語のチョイスや話すときの言葉使いって、好き嫌いを判別する材料にもなるじゃないですか。だから歌詞の存在って大きいし、歌う内容で嫌われてしまうことに怯えていた時期もあったんです。でも今はもう全くないですね。音楽をやっていくっていうことを突き詰めていった結果だと思っていますし。


Q.ここまできたら無敵ですよね。

松山:怖いものは何もないです(笑)。考えてみたら、バンドをやっていて実名で顔を晒してYOU TUBEとかに動画まであげている時点でリスクを背負っているわけですよ。でも逃げも隠れもしないです。もうやるしかないですよね。何も怖くないです!


Q.メジャーでの活躍を楽しみにしています。

松山:ありがとうございます!M-1「コンティニュー?」がロールプレイングゲーム「ソールトリガー」の主題歌になっているんですよ。こうやって僕らを知らない人が聴いてくれるきっかけを貰えるのは嬉しいですね。この話を頂いたときは飛び跳ねて喜びました(笑)。こういうタイアップって難色を示す人もいると思うんですよ。でも僕は音楽をやっている以上は、音楽に制限をしたくないんです。マイノリティが正義っていう考え方はナンセンスだと思うんですよね。そもそも音楽自体がマイノリティなわけで、その中で更にマイノリティになったって仕方ないなって思うんです。僕は色んな人に自分の音楽を聴いてもらいたいし、聴いてくれた人に好きか嫌いかを判断してもらいたいですね。色んな人の耳に届くようにバイザラウンドを放っていきたいです。

 

バイザラウンド:
オオイユウスケ(Ba) 松山 晃太(Vo.Gt) 高橋 "Satoshiante(Gt)  SO(Dr)

【HPアドレス】
http://www.byeetheround.com/

アルバムジャケット

バイザラウンド
NEW ALBUM
ハローイエロー
SRCL-8115

2012年10月3日 ON SALE

¥1,800(税込)

「ハローイエロー」リリースツアー

10月28日(日)名古屋 池下CLUB UPSET
w/ THE イナズマ戦隊、竹内電気
11月8日(木)大阪 梅田CLUB QUATTRO
11月16日(金) 東京 下北沢GARDEN

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993