PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
CRAZY興業

2003年の結成以来、ひたすら我が道を突き進んでいるCRAZY興業。結成9年を迎えた彼らがシングル「ナントカナルダロード」を完成させた。長年連れ添ったザキさん(Ba)とのラスト音源ともなったこのシングル、これが物凄く素晴らしい。まるでCRAZY興業のドキュメントのような今作には、マイペースだけど着実に自分の道を作ってきた彼らそのもののような全3曲が収録されている。ダサロックをテーマに掲げ、俄然孤立奮闘中、名古屋で一番ダサかっこいいバンド、CRAZY興業。彼らの道はまだまだ続く。

Q.今回のシングルはまるでCRAZY興業のドキュメントのような作品ですね。

タツヤ:全て実話ですからね(笑)。自分達でもリアルすぎると思います(笑)。ひたすらマイペースに、誰かに認められたわけでもなく、それでも突き進んできた9年間でしたからね。9年やってきてこれかって言われそうですけど(笑)。でも僕らなりにやってきたことがそのまま曲になったようなシングルになりました。


Q.CRAZY興業が自分達で作ってきた道がM-1「ナントカナルダロード」には詰め込まれていますね。

タツヤ:地図にない道をひたすら走ってきましたからね、僕達(笑)。Hi-STANDARDの「MAKING THE ROAD」ってアルバムあるじゃないですか。僕らにとってこのシングルは「MAKING THE ROAD」なんですよ。っていうか用意してるメモにMAKING THE ROADって書いてあるじゃないですか(笑)。


Q.いや、僕も聴いてそう思ったから(笑)。

タツヤ:ははは。僕はCRAZY興業でパイオニアになりたいんですよ。


Q.パイオニア?

タツヤ:はい。僕、いつもライブのMCで「名古屋で一番ダサかっこいいバンド、CRAZY興業です!」って言ってるんですけど、本気で名古屋ダサロックの金字塔になりたいと思っているんですよ。きっと僕らのようなバンドって、長い音楽史において陽が当たることなんて中々ないと思うんです。でも全然悲観的じゃなくて。売れてるバンドだって最初から注目されてたわけじゃなくて、何かのきっかけやチャンスを掴んで人気者になったと思うんですよね。だったら僕らだってまだまだチャンスはあるし、売れるために人気のあるものやウケそうなものに寄せるんじゃなくて、ひたすら自分を貫きたいなって思っているんですよ。


Q.そうやって我武者羅にやってきたのが最近はライブでもお客さんに伝わっているような気がします。

タツヤ:そうですね。ライブの手応えは感じています。初めて見てくれた人もライブ後にCDを買ってくれるし。そういうのは純粋に嬉しいですね。


Q.共演バンドからの反応はどうですか?

タツヤ:昔から大好きだったバンドと一緒にやることが増えて「また一緒にやろう」って言ってもらえるようになりました。昔よくライブを見に行ってたガガガSPや太陽族からもイベントに誘ってもらえるようになりましたね。自分がずっと好きだったバンドに認めてもらえるのは凄く嬉しいですね。あ、THE BOOGIE JACKの名前も書いておいてください(笑)。


Q.わかりました(笑)。ではCRAZY興業が掲げる「ダサかっこいい」についてもう少し訊かせてください。

タツヤ:僕ら、かっこつけてバンドをやるのが嫌なんですよ。でもかっこ悪いのも嫌なんですよね。それでダサかっこいいってジャンルを作ったんです。例えばM-3「ミスターマイペース」で「テキトーにがんばってテキトーに休むだけ」って歌ってるんですけど、つまりはそういうことなんですよ。


Q.でも本心はかっこいいって思ってやってるのが「かっこいいだろ」っていう一節に表れていますよね。

タツヤ:うわ、読まれている(笑)。まあ捻くれていますからね(笑)。


Q.あとM-2「名曲が作れない」はバンド史上最高の名曲ですよね。

タツヤ:それは確実に狙ってます(笑)。「名曲が作れないっていう名曲」が裏テーマです(笑)。


Q.これは体験談?

タツヤ:こんな体験ばかりですよ(笑)。なんならこの曲をライブハウスに「こんな曲じゃ駄目だ」って言われましたからね(笑)。昔ライブハウスの店長に「もっと一般受けする曲作らないとこの先はもうない」って言われたことがあるんですよ。でもライブハウスに来てくれる人ってバンドが好きな人ばかりだから、そういう人に向けて歌ってるって気持ちが大きいんですよ。悔しいから絶対にバンド続けようって思いましたね。


Q.タツヤ君にとってバンドってどういう存在ですか?

タツヤ:最近は一周して当たり前の存在になりましたね。売れる売れないとか関係なく、好きだからやる。それだけのことだと思います。僕、ライブが大好きなんですよ。9年もやってきてまだまだ好きになるんです(笑)。メンバーいなくてもライブ入れますからね(笑)。


Q.今はベース募集中なんですよね?

タツヤ:只今ベース募集中です。2YOUでメンバー募集していいですか?CRAZY興業には「こういうベース!」っていうマニュアルも教科書もないので、僕らがびっくりするような人が来たらおもしろいですね。はちみつがバンドに入るときもイメージとかけ離れた奴が来たので(笑)。条件は音楽が好きってことだけです。


Q.面白いメンバーが見つかるといいですね。ところで来年はついに10周年ですね。

タツヤ:そうなんですよ。10年目もとことん迷惑かけていくと思うのでよろしくお願いします。普通のバンドが真っ直ぐ進む道を逆走したいです。正面からじゃなくてちょっと違うところから全速力で走っていきたいですね。


Q.捻くれてるなあ(笑)。

タツヤ:それが僕らの原動力ですからね。変化球の握り方して真っ直ぐ投げたいんですよ。そうやって自分の道を作っていきたいですね。

 

CRAZY興業:
はちみつ(Dr) 渡辺タツヤ(Vo)ラッシー(Gt)

【HPアドレス】
http://www.geocities.jp/crazykougyou/

アルバムジャケット

CRAZY興業
NEW ALBUM
ナントカナルダロード

ライブ会場限定販売

770円(なんとかなる価格)

LIVE SCHEDULE

シャビーボーイズ×CRAZY興業×The キャンプ presents 『URUSAI NAGOYA 2012』
9月22日(土) 名古屋池下CLUB UP SET
CRAZY興業  Theキャンプ  シャビーボーイズ

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993