PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
UNLIMITS

UNLIMITSから通算3枚目となるフルアルバム「NeON」が届いた。メジャー1stシングル「ハルカカナタ」、2ndシングル「カスケード」で更なる飛躍をみせたUNLIMITSが「繋がり」をテーマに作り上げた今作は、葛藤や絶望の先に光を見据えた希望のようなアルバムになっている。また山田将司(THE BACK HORN)や東出真緒(BIGMAMA)といった盟友がゲスト参加していたり、メンバー全員が作曲に参加、今までのUNLIMITSとはまた違った角度から表現された楽曲が収録されているなど、常に新しいことに挑戦するUNLIMITSの今が集約されているような意欲作だ。前を向き、着実に歩き続けるUNLIMITSに話を訊いた。

Q.今回のアルバムはシングル「カスケード」の世界観を更に追求したような印象があります。

清水:そうですね。「カスケード」は繋がりをテーマにした曲だったんですけど、シングルでリリースした後も自分達の心の中に強く残ってて。それがアルバムにも強く出ていると思います。繋がりや光に向かう感じというか。ある意味、ターニングポイントでもある曲でしたね。「カスケード」が出来たことでアルバム全体像が見えたんですよ。


Q.今作には「命」「繋がり」「地球」のような言葉が沢山出てきますが、絶望や葛藤の先に光が見えているから出てくる言葉のように感じました。

清水:ありがとうございます。


Q.もしかしたら今までで一番メッセージ性が強いのかなって。

清水:それはありますね。UNLIMITSの結成当初って、答えが出せないまま終わる歌詞が多かったんですよ。勿論それはそれで、あのときの自分達の表現として愛しているんですけど。でもそういう思いを経て、目指す光や希望が今回のアルバムはしっかり出ていると思うんですよね。やみくもに光に向かっているのじゃなくて、葛藤とか絶望とかそういうものを乗り越えていきたい思いがメッセージ性を強くしているんだと思います。


Q.そのメッセージがしっかり伝わるのは光に全員が向かっているからだと思うんですよ。

清水:そうなんですよね。今のUNLIMITSは全員が同じ方向を向いていると思います。


Q.今作はメンバー全員が曲を作っていますしね。

清水:はい。今回のアルバムは大月と石島も曲を沢山作っているんですよ。これは私にとっても新鮮でした。「大月からこんなメロディーが出てくるなんて!」っていう驚きもありましたし(笑)。

大月:前作「トランキライザー」を作ってた頃くらいから考えてたんですけど、昔はどっちかって言えばバンドマンとしての気持ちが強かったんですよ。でも最近はそれと同じくらいミュージシャンだったりギタリストとしての欲も出てきたんです。自分で曲を作ることもそうだし、アレンジにもっと深く関わっていきたいと思うようになったり。それが自分自身のスキルアップにも繋がると思うんですよね。そういう気持ちは最近特に強いです。M-9「エバーグリーン」とか、自分の中で眠っていた引き出しを開くことが出来た曲だと思います。

郡島:初めて聴いたときはびっくりしましたね。彼にもこういう優しい面があるのかって(笑)。

清水:大月も人だったんだって(笑)。彼と普段から接している人がこの曲を聴いたら「えっ!!」ってなると思います(笑)。

郡島:本人が一番びっくりしてるんじゃないかな(笑)。

大月:こういう面もあるんですよ(笑)。


Q.石島さんはどうですか?

石島:今作は半年くらいかけてレコーディングしたんですけど、録っていくうちに「他にこういう曲が欲しいな」って考えるじゃないですか。その積み重ねの中で今までより自分の曲を作りたい欲が出てきたんです。今回のアルバムはみんな共通してそういう思いはありましたね。それがアルバムに幅を持たせたりしていると思います。

郡島:石島さんはM-10「エレジスタ」だよね?

石島:曲の幅って意味ではそうだね。僕はブラックミュージックやソウルが好きでよく聴いているんですけど、そういう要素をUNLIMITSに持ち寄ったら面白いなって思って作ったのがこの曲で。完全に独りよがりで作ったからメンバーが曲に馴染むのに時間はかかったんですけど、やっていくうちにUNLIMITSに昇華したかなって思っています。自己満足も含めてですけど(笑)。


Q.個々のバックボーンを持ち寄ってもしっかりUNLIMITS節になっているのはメンバー各自にUNLIMITSの芯があるからなんでしょうね。

石島:ああ、それはありますね。ライブでの経験値や僕らが一緒にやってきた歴史はこの曲だけじゃなくて他の曲にも色濃く出ているんじゃないですかね。今回のアルバムは特にそう思いますね。

清水:この4人で色んなことをやってきましたからね。自然の流れでUNLIMITSの芯が全員にあるんだと思います。


Q.あとUNLIMITSって常に新しいことに挑戦しているイメージがあるのですが、今作もかなり挑戦していますよね。

清水:挑戦しまくりましたね(笑)。最初は「これどうなんだろう?」って感じたようなアレンジも、かなり脳みそを柔らかくして、それぞれが解釈しながら突き詰めてやったので時間はかかったんですけど、だからこそ新しい事も出来ましたね。


Q.M-5「国境線のワルツ」やM-13「生命のカノン」は今までのUNLIMITSとは少し違う世界観ですよね。

清水:「国境線のワルツ」は今までのUNLIMITSにないような曲なので聴いた人は「お!」ってびっくりすると思います。大草原にいるようなイメージですね。この曲では12弦ギターも登場しています。「生命のカノン」はまるでオーケストラのような曲になりました。メロディーもAメロ、Bメロ、サビっていうのじゃなくてどんどん展開していくし、新しいタイプのアレンジになったと思います。


Q.この曲は東出真緒さん(BIGMAMA)がヴァイオリンで参加されていますね。

清水:真緒ちゃんは出会った頃からUNLIMITSの曲を気に入ってくれていたんですよ。それで「UNLIMITSの曲でヴァイオリンを弾きたい!」ってずっと言ってくれてたんです。今回、2人の夢が叶ったので、感動もひとしおです。


Q.M-3「その時まで」では山田将司さん(THE BACK HORN)が参加されていますが、このツイン・ヴォーカルは滅茶苦茶かっこいいですね。

清水:男女でデュエットはやってみたかったんですよ。将司君は本当にリスペクトしてるヴォーカリストなので一緒に歌えて嬉しかったですね。


Q.一緒にやることになったきっかけは?

清水:飲み会ですね(笑)。飲みの席でうちの石島が将司君に「UNLIMITSで歌ってよ〜」って絡んだら「いいよ」って(笑)。その話がどんどん進んでいき、本当に実現したんです(笑)。スタジオで最初に練習がてら歌っただけで鳥肌が立ちました。


Q.UNLIMITSとTHE BACK HORNの世界観ってきっと共鳴しますよね。

清水:そうですね。私は本当に大好きだし、いつも刺激を受けているバンドなので嬉しいです。この曲はすごくTHE BACK HORNとUNLIMITSの世界観がマッチしている曲だなって思ったんですよ。UNLIMITSってハモリがキモだったりするんですけど、将司君はハモリまくる歌をTHE BACK HORNではやってないから面白いって言ってくれたんです。お互いの世界観が上手くマッチしたなって思います。


Q.こうやってアルバムを最後まで聴いてみて思ったんですけど、2周目にM-1「迷走スパイラル」をリピートして聴いたときにアルバムが完結するように感じました。

清水:あ、それは狙いですね。この曲の歌詞は、すごく今の時代っぽいと思うんですよ。こういう時代だから「病んでいる」って言葉をよく耳にするじゃないですか。それに対する怒り、自分に対する怒り、葛藤して塞ぎ込んでいる自分の根本をもっと持ち上げたいっていう思いで書いた曲なんですけど、聴いてくれたみんなにとっても前を向ける曲になれればって思っていて。


Q.悩みや葛藤を抱えている人は凄く救われると思います。

清水:そうなればとても嬉しいですね。


Q.では改めてみなさんにとってどういうアルバムになりましたか?

大月:今回は今まで以上にメンバー全員で作り上げたアルバムだと思っているので、思い入れも達成感もかなりあります。聴いてくれるみんなとも分かち合っていきたいなって思っています。みんなでこの作品を楽しみたいですね。

石島:「NeON」っていうタイトルにも表れているんですけど、イメージはぼんやりした光なんですよね。強い光じゃなくて、ぼんやり優しい光なんです。聴いてくれる人に寄り添うような、そんなアルバムになったと思います。

郡島:自分にとっても新しい世界に飛び込んでいくような、ある種決意のようなアルバムになりました。聴いてくれるみんなにとってもそうあったら嬉しいですね。

清水:今作は凄く人間味もあるし、フィクションじゃなくてノンフィクションなリアルなアルバムになりました。それで、音源より更にライブはリアルだと思うので是非足を運んで欲しいです。ライブでこのアルバムをどう表現するか頭の中で練っているので楽しみにしていてください。みんなで「NeON」を完成させたいです。

 

UNLIMITS:
Gt大月義隆(Gt) 郡島陽子(Dr、Vo) 清水葉子(Vo、Gt) 石島直和(Ba)

【HPアドレス】
http://www.unlimits.jp/

アルバムジャケット

UNLIMITS
NEW ALBUM
NeON
SRCL-8080

NOW ON SALE

¥2,800(税込)

LIVE SCHEDULE

2YOU MAGAZINE 5th Anniversary Volare via!
10月14日 名古屋CLUB DIAMOND HALL&APOLLO THEATER

NeON TOUR 2012
秋の夜長にNeONを灯す

9月7日(金) 千葉・千葉LOOK
9月17日(月/祝) 兵庫・神戸太陽と虎
9月21日(金) 京都・京都MUSE
9月25日(火) 愛媛・松山SALONKITTY
9月26日(水) 高知・高知X-pt.
9月28日(金) 石川・金沢VANVAN V4
9月29日(土) 新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
10月17日(水) 岡山・岡山CRAZY MAMA 2ndROOM
10月18日(木) 広島・広島CAVE-BE
10月20日(土) 香川・高松DIME
10月21日(日)静岡・浜松メスカリンドライブ
10月27日(土) 神奈川・横浜FAD
10月28日(日) 茨城・水戸LIGHTHOUSE
11月10日(土) 青森・八戸ROXX
11月11日(日) 福島・郡山♯9

NeON TOUR 2012
真冬の夜空にNeONが燃える

12月1日(土) 北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE
12月8日(土) 宮城・仙台MACANA
12月14日(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
12月15日(土) 大阪・心斎橋Music Club JANUS
12月22日(土) 福岡・福岡Live House CB
12月24日(月) 東京・恵比寿LIQUIDROOM

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993