PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
knotlamp

knotlampがフルアルバム「Geoglyph」で大きく進化した。新ギタリストMAHIROの加入、2012年6月にはインペリアル・レコードに移籍、とバンドを取り巻く環境にも変化が訪れた彼ら。「地上絵」と題された今作は、バンドの新しいスタート地点を飛び立ったからこそ見える景色がそのまま音になったような作品となっている。アルバムについて、バンドの今について、KEIT、AKIHIKOに話を訊いた。

Q.今までのknotlampらしさは残しつつ、大きく進化したアルバムですね。

KEIT:ありがとうございます。新メンバーの加入やレーベル移籍もあって、knotlampとしての新しいスタート地点を作りたいっていう気持ちが強かったんですよ。今までのknotlampの良かったところ以上に、どれだけ新鮮なことを取り入れられるかは意識しました。


Q.意識的に新しい要素を取り入れたと。

KEIT:そうですね。楽曲的に新しいことをしようっていうのも勿論ありましたけど、一番大きかったのは新ギターのMAHIROのスキルや個性を活かす曲作りを意識しました。ギターのアプローチもフレーズもMAHIROは今までのknotlampに無かった要素だったので。


Q.確かにMAHIRO君のギターからはハードロック要素を感じます。

KEIT:MAHIROはヌーノ・ベッテンコートが死ぬほど好きなんですよ。


Q.エクストリームですね。それ凄く分かります。

KEIT:ですよね!MAHIROいわく「もっとハードロック寄りに出来たけど最初だから手探りでやった」とのことです(笑)。だから次はもっとグイグイ来るかもしれません(笑)。


Q.ハハハ。でもそうやって新しい要素がバンドに加わるのは刺激的ですよね。

AKIHIKO:はい。ワクワクします。

KEIT:新しい要素のギターが入ったのも嬉しいんですけど、MAHIROは人間的にも熱い奴だし、音楽がマジで大好きなんですよ。一緒にライブをやってても、曲を作ってても凄く楽しいですね。メンバーがひとり変わることで物凄く変化したと思います。


Q.その変化はアルバムにも大きく反映されていますね。

AKIHIKO:めちゃめちゃ反映されています。

KEIT:ある意味、別バンドになるくらいの変化でしたね。今まで培ってきたknotlampというブランド力というか…。持ち味を継承しながら変化できたのは大きいですね。


Q.変化したとはいえ、歌のメッセージは一貫してますよね。軸はそのままにアプローチの仕方が多様化したように感じました。

AKIHIKO:本当にその通りです!MAHIROが入って今までとは違うアプローチになったけど、歌っていることは何も変わってないんですよね。そこは昔から一貫していると思います。おも追います。極端な話、どんなジャンルをやったとしても歌うことは一緒だと思いますね。


Q.日本語詞と英語詞のバランスは?

KEIT:そこはあまり考えてないですね。「メジャーだから日本語が増えた」とかは全然ないし、アルバムのトータル的なバランスを考えて作るわけでもないんですよ。単純に良い曲が出来た順に詰め込んでいくので、今回はたまたま日本語が合う曲が多かったっていうだけですね。だから次回作は全曲英語詞かもしれないし逆に全部日本語詞かもしれない。歌の音階の響きがドラマチックであるかっていう自分の基準を潜り抜けた言葉が歌詞になるんです。


Q.日本語詞でも英語詞でも歌っているっことは希望や光ですしね。

KEIT:はい。生きていくことって大変だし、自分も周りもみんな悩みながら苦労しながら生きていると思うんですよ。そういうときに僕は音楽に救われたから、同じようにknotlampを聴いてくれる人に前向きな気持ちを伝えたいんですよね。それはこれからもずっと変わらないと思います。


Q.あとknotlampの歌詞はどんな境遇の人にも共通の感情を抱くと思います。

KEIT:それは嬉しいですね。歌詞を書くときに僕が心掛けているのは、何不自由ない大学生が「良いな」って思う気持ちと、何かに絶望している人の「良いな」っていう気持ちを共通させたいって思っているんですよ。健康的な人が聴いて感じる感動と、シビアな状況で生きてる人が聴いて感じる感動を共通させたいんです。僕が救われたのはそういう音楽なんです。

AKIHIKO:より多くの人に伝わると嬉しいですね。


Q.あらゆる状況を受け入れて、それでも前を見ているからこそ完成したアルバムですね。

KEIT:ツアー中にメンバーが脱退するという事件が僕らを包み込んでしまった時期もあったんですけど、その中でも情熱とか夢とか、10代から続けてきた音楽を手放すにわけにはいかないっていう気持ちでやってきました。それを乗り越えたときに、新しいメンバーだったりレーベル移籍という光が見えてきたんですよ。目の前が真っ暗になりながらも、弱音を吐かず誰に何を言われても自分達が信じたことを貫いてやってきました。それが形になったのが今回のアルバムなんだと思います。


Q.アルバムタイトルにもそれは凄く表れていますね。

KEIT:「Geoglyph」っていうのは地上絵って意味なんですけど、空を飛んで初めて見える絵なんですよね。苦しかった時期を乗り越えて高く飛んだときに希望が見えたんですよ。勿論まだまだ課題も壁もいっぱいあります。でも音楽に対する気持ちや生きていくことへのストイックさは誰にも負けたくないですね。このアルバムを僕らの新しいスタート地点として音楽を続けていこうと思っています。

 

knotlamp:
MAHIRO(Gt、Cho)
KEIT(Vo、Gt)
AKIHIKO(Dr、Cho)
TOHRU(Ba、Cho)

【HPアドレス】
http://knotlamp.com/

アルバムジャケット

knotlamp
NEW ALBUM
Geoglyph

NOW ON SALE

初回限定盤【CD+DVD】
TECI-1340 ¥3,000円
通常盤【CD】
TECI-1341 ¥2,500

Geoglyph TOUR 2012

12/07(金) 名古屋CLUB UPSET(ワンマンライブ)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993