PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
みそっかす

みそっかす。そのバンド名からは想像もつかないようなグッドメロディーと、あらゆる音楽を吸収し消化した独自の音楽性、そしてバンド名通りのヴィジュアルイメージのせめぎ合いが観るもの聴くものを虜にさせ、名古屋でしか活動していなかったにも関わらず2011年に発表されたミニアルバム「三次元からの離脱」は大きく話題となる。そして追い打ちをかけるように2ndミニアルバム「異次元からの来訪者」が届いた。この作品でみそっかすは更なる領域に達するだろう。名古屋といえば味噌か…みそっかす。彼らこそ異次元からの来訪者なのかもしれない。デストロイはるきちに話を訊いた。

Q.前作の反響は大きかったんじゃないですか?

はるきち:大きかったですね。一気に沢山の人に知ってもらいました。僕ら的にも、それまでは名古屋以外でライブをしたことがなかったので、「三次元からの離脱」を出してから東京や大阪でもライブをするようになったのは大きな変化でした。各地で「PV見ました」って声をかけてもらったり、ライブのオファーをもらうようになって、みそっかすを待ってくれている人が名古屋以外に沢山いることを実感しました。それまでの僕らはツアーに消極的でしたから(笑)。


Q.ツアーに出ない理由はあったのですか?

はるきち:特にないんですけど、メンバーみんな堅苦しかったんですよ(笑)。でも東京や大阪で盛り上がってくれて、みんなテンションが上がったんですよね。単純なので(笑)。でもその結果、活動の幅は拡がったと思います。


Q.バンドの意識も変わりました?

はるきち:かなり。前は完全に趣味でバンドをやってたんですよ。メンバー全員仕事もしてるし、例えば友達に「今何やってるの?」って訊かれたら「仕事してるよ。あと趣味でバンドもやってるけどね。」って答えていたのが、最近は「バンドやってるよ、仕事しながらね。」って言えるようになりました。この変化は僕らにとっては大きいですね。逆に仕事に身が入らなくなりましたけど(笑)。


Q.ハハハ。ではアルバムについて訊きたいのですが、タイトルの「異次元からの来訪者」とは?

はるきち:今回、最初は僕がCDジャケットを描く予定だったんですよ。それでドラえもんのタイムマシンあるじゃないですか。あの机の引き出しが開いていて、中にふたつの目が光ってるジャケを描こうと思ってたんですよ。結局ジャケットは描かなかったんですけど(笑)。それで「異次元からの来訪者」と名付けました。次元シリーズですね。


Q.今作の歌詞は、はるきち君の個人的な歌というか、ラブソングが多い気がしました。

はるきち:ああ、そうですね。前作はストーリー仕立ての曲が多かったんですけど、今作は僕のパーソナルな部分を歌詞に書いているんですよ。ドランキー伊藤に「みそっかすにはラブソングが必要だ」って言われたんです(笑)。それで過去の少ない恋愛経験を思い出しながら書きました(笑)。恥ずかしいからぼかしながらですけど(笑)。


Q.ラブソングにM-1「オテントサマ」やM-6「都会のシンデレラ」っていうタイトルを付けるのがみそっかすらしいですよね(笑)。

はるきち:みんなに「ダサい」って言われました(笑)。でもストレートには恥ずかしくて言えないんですよ。う〜ん、ダサいのかなあ(笑)。


Q.ダサかっこいいんじゃないですか?名古屋のCRAZY興業しかりみそっかすしかり。

はるきち:あ、それ嬉しいですね。最高の褒め言葉です!


Q.M-5「ワルイトモダチ」は実話ですか?

はるきち:これ実話なんです(笑)。僕、親友に財布からお金を抜き取られたことがあるんですよ。僕は仲良かったけど結構悪さをする奴で。でも気が合う奴だったし嫌いになれなかったんです。今はもう全然付き合いもなくなっちゃったけど、偶然聴いてくれたら嬉しいです(笑)。


Q.サウンド面でも進化していますよね。少し大人になったみそっかすというか。

はるきち:大人しくなったとは言われます。でも僕的にはみそっかすの何でもやっちゃうノリを昇華した結果がこうなったっていう感じなんですよね。ダンサブルで激しいイメージを持ってる人が多いと思うんですけど、実はゆっくりしたのも好きですし。


Q.ザ・クラッシュやサブライムからの影響も感じました。

はるきち:そうなんですよ。ザ・クラッシュとサブライムは意識してますね。


Q.みそっかすはイメージが強すぎるからザ・クラッシュもサブライムも意外かと思われるかもしれませんが、よく聴くと凄く分かりますよ。

はるきち:見た目のパンチがありますからね(笑)。よく言われるんですけど、僕らルックスとやってる音楽にギャップがあるから「もうそろそろ音楽をちゃんとやったら?」って言われるんですよ。狙ってやっていた部分なんですけど(笑)。


Q.曲の良さとルックスのギャップが武器だとは思いますよ。

はるきち:そう思ってくれる人がライブに来てくれているんだと思います。でも聴いてくれる人を選ぶバンドなのかもしれないですね(笑)。僕は武器だと思っています!


Q.PVのイメージも強いのかもしれないですね。「ム●ンライト伝説」も「キャデラック」もかなりアクの強いPVでしたから。

はるきち:それはあるかもしれないですね。PVのお陰で楽曲が独り歩きしましたから(笑)。楽曲や知名度が拡がった分、PVのキャラで認知してもらっていると思いますし。


Q.入り口はそこでも今作を聴けば音楽的なバックボーンまで感じられて、ギャップを楽しめると思いますよ。

はるきち:そこまで読みとってもらえたら嬉しいですね。僕らやっぱりコミックバンドだと思われていると思うんですよ。入り口はみんなそこなんです。勿論嬉しいですよ。でも最終的には曲が良いと言わせたいですね。だから飛び込んできてくれた人を曲でみそまみれにしたいです。

 

みそっかす:
マイケルTHEドリーム(Key)
デストロイはるきち(Gt、Vo)
ドランキー伊藤(Dr、Cho)
ノブりる=ラヴィーン(Gt、Cho)
ブルマン藤井(Ba、Cho)

【HPアドレス】
http://misokkasumisokkasu7.com/

アルバムジャケット

みそっかす
NEW ALBUM
異次元からの来訪者
DOR-001

NOW ON SALE

1575円

LIVE SCHEDULE

2012.11.3 sat 仙台MACANA
2012.11.4 sun 愛知淑徳大学長久手キャンパス
2012.11.16 fri 名古屋CLUB UPSET
2012.11.20 tue 代官山UNIT
2012.11.29 thu 三国ヶ丘FUZZ
2012.12.3 mon 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993