PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
nothingman

名古屋市を拠点に活動中の3ピースバンドnothingman。日常の何気ない瞬間を抜き出した歌詞を、シンプルで美しいメロディーラインで彩った楽曲は、3ピースならではの繊細で絶妙なアンサンブルの上で確かな風景を描いている。彼らにとって2012年は飛躍の年だった。自主企画、イベント出演含め、大きなステージでの活動が増え、地元ロックシーンにおいて頭ひとつ抜ける存在となった。そして今回nothingmanから新曲3曲が届いたのだが、これがなんと全曲無料配信だという。「盤面の無い音楽達」と名付けられた3曲には文字通り盤面は無く、誰でも気軽にダウンロード出来るのだ。「nothingmanを知ってもらうための手段は選ばない」と力強く語るヴォーカル&ギターの宮下。その決意に迫るインタビューを是非読んで欲しい。

Q.今回新曲3曲を無料配信したきっかけは何だったのでしょうか?

宮下:「夜をあける」を出してからライブやツアーだけでなく色んな活動をしてきた中で、まだまだ僕らの存在を沢山の人に知ってもらうためにやれることがあるんじゃないかって話し合ったんです。それで、まずはnothingmanの存在や曲を知ってもらうために新曲3曲に「盤面無い音楽達」と名付けて、僕らを知らない人にまで届けたい一心で無料配信することにしました。


Q.「夜をあける」のリリース前にも先行シングル「スローモーション」を無料配信していましたよね。

宮下:はい。思わぬところからの反響もあったんですよ。無料配信をきっかけに県外のラジオからオンエアのお話を頂いたり、個人でUSTREAM配信をされている方から流したいと連絡を頂いたり。無料配信をしなかったら起き得なかったリアクションなので嬉しかったです。


Q.「スローモーション」はアルバムの先行的な意味もあったと思うのですが、今回は新曲3曲全てを無料配信なんですよね。そこはメンバー全員の意見なのでしょうか?

太田:いや。正直僕は、無料かどうかじゃなくて盤を作らないことに抵抗がありました。

今井:僕も最初は「え!?」って思いました。

宮下:僕だけ違う意見でしたね。無料配信って気軽に誰でも聴けるじゃないですか。でも気軽だからこそ音源も軽く見られているような気がしたんです。僕はそこに重みを持たせたかったんですよね。盤でも配信でも曲を作ってリリースするっいうプロセスを大事にしたかったから、CDをリリースするときと同じようにラジオに出させて頂いたり、インストアライブをやったり、プロモーション活動をしたり。


Q.作品に対する重みはどんなフォーマットでも変わらないと。

宮下:そうですね。勿論メンバーが抵抗があったのは僕も理解していたんですけど、やってみないと分からないことだと思うんですよね。

太田:CDが売れない時代って言われることに葛藤があったんですよ。僕は音楽をダウンロードして聴かないし。だからこそ自分達でやってみた上で有りか無しかを見極めたかったっていうのはありますね。


Q.野外で開催されるレコ発ツアーファイナルも無料なんですよね?

宮下:はい。名古屋の鶴舞公園でツアーファイナルを開催します。野外での無料ワンマンなので沢山の人に来て欲しいですね。面白いのは今回無料配信をしたことで改めてCDを作ることの大切さを再確認したんですよ。結果としてすごく良い経験になりました。


Q.それにしても2012年のnothingmanは様々なアプローチで活動していますね。先日は地上波のTVジャックをしたそうですし、You Tubeを使ったnothingman TVも面白いです。

宮下:TVジャックはちょっと前の僕らじゃ絶対にやらないと思うんですけど、少しでも面白いと思ってもらえるなら今は何でもやれるんですよ。nothingman TVもツアーの先々でビデオを回して、ツアーの模様を無料配信しているようなイメージなんです。あれを観てくれたら僕らの人となりも分かると思いますし。

太田:普段あまり喋らない今井の素性も無料配信しています(笑)。

今井:ふふふ。


Q.今は色んな方法でnothingmanっていう種を撒いているんですね。

太田:そうですね。いずれまた作品に繋がるように種を撒いています。


Q.今作もそうですがnothingmanの歌ってずっとひとりの人間のことを歌っているような気がします。

宮下:そうかもしれないですね。「この曲ってあの曲の続き?」っていうのは結構ありますね。僕はずっと自分の人生を歌ってるんですよ。心境の変化とリンクして歌詞も変わっていくんですけどそれは自然なことだと思いますし。M-1「あと少し」はバンドや好きなことをやっていく決意の歌ですね。年を重ねてきて生活もあるけど、やりたいことをやるためにやれることを全部やるっていう決意の歌です。


Q.それはM-2「higher」にも繋がりますね。

宮下:この前2YOUの5周年イベントに出させて頂いて、色んな立ち位置のバンドが一堂に会したんですけど、シーンのトップを走り続けているような先輩バンドと近づけば近づくほどその壁の厚さを思い知ったんですよ。一緒にライブが出来る機会は増えたけど、その度に遠い道だと痛感します。でも僕はそれがモチベーションに繋がっているんですよ。辿り着きたいし超えたいって気持ちを持つには充分すぎるくらいかっこいい先輩が沢山いるので。だけど僕はそういう先輩に対して憧れるのは辞めようって思っていて。憧れを尊敬に変えたいんです。誰かに憧れるんじゃなくて、いつか超えられるように頑張りたいって思いますね。


Q.それがnothingmanを突き動かすモチベーションなんでしょうね。

宮下:正攻法も、変わった発想も、遊び心も全部取り入れて、大きなことから小さなことまでとにかくやれることは全部やっていきたいです。それがnothingmanを知ってもらうための決意です。

 

【HPアドレス】
http://nothingman.biz/

アルバムジャケット

nothingman
FREE DOWNLOAD
盤面の無い音楽達

<収録曲>1.あと少し / 2.higher / 3.幸せの順番
<配信開始日>2012年9月1日

LIVE SCHEDULE

2012/11/11(日)鶴舞公園・普選記念壇
盤面の無いリリースツアー
[出会いの順番]ツアーファイナル!!! 入場無料・野外ワンマンライブ[旗を立てる]

2012/11/10(土)京都VOX HALL
2012/11/25(日)LIVE labo代々木

nothingman presents【world's end cinema】
2012/12/7(金)新栄CLUB ROCK'N'ROLL
2012/12/22(土)天王寺FIRELOOP
2013/1/12(土)新栄CLUB ROCK'N'ROLL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993