PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
8g

高知発のオルタナティヴロック・バンド、8g(エインジ)が、ZEPPET STOREのギタリストである五味誠をプロデューサーに迎えた1stミニ・アルバム「Geny」をリリースした。2008年に前身バンド「VELVET DEEP SLOW」として結成、その後メンバー・チェンジを経て2012年に8gとしての活動を開始した彼ら。地元高知では、Coldrain、SHANK、Dolls realize、Crossfaithなどと共演を果たすなど高知のシーンを引率するバンドとして注目されている。8gとしては初の音源となる今作は、轟音の中に光るメランコリックな歌詞によってバンドの世界観が際立ったピュアな作品となっている。8g、大注目です。

Q. 2012年の4月まではVELVET DEEP SLOWとして活動されていたのですよね?

宮内:そうですね。2008年に元メンバーでベースのISUKE(ex:La’Mule)の誘いでバンドを立ち上げました。そこに水田と中川が加わり活動していましたが、ISUKEが突然の脱退をしてしまって…。残ったメンバーで活動を続け、そこに現ベースの中山の加入が決まり、心機一転バンド名を8gにし活動が始まりました。元メンバーのISUKEとは今でも交流があって、8gのライブもよく見に来ています(笑)


Q.8gとしての始動はメンバーチェンジがきっかけだったんですね。

中川:はい。ベースが抜けた時、次の候補を視野に入れながらも3人で活動していました。そんな中、僕にはどうしても誘いたいベーシストがいました。それが中山だったんです。彼とは以前、別のバンドで長いこと一緒にやっていて、彼の持ってる世界観やイメージを僕が知っていたのもあり、8gに絶対共感してもらえると思ってたので誘いたいと思ってました。...ですが大人に成るにつれ各自色々な事情があり、誘うのをためらっていたんですが、諦めきれずダメもとで誘ったら『うん、いいよ。』ってあっさり言われて、逆に拍子抜けしました(笑)。なので始動したきっかけとなると、単純にメンバーチェンジを機にって感じになりますかね…。もしくは、「中山の返事」になりますね。(笑)。


Q. 今作は8gとしての初音源ですがどのような作品になりましたか?楽曲は8gになってから作られたのでしょうか?

水田:重厚且つエッジの効いた感じで、1stと言う事もあり「これが8gです」と言える様な作品になりました。メンバー全員が満足できた内容に仕上がったと思います。曲は8gになる前からあったものもあり、レコーディング直前までアレンジは詰めてました。


Q.プロデューサーであるZEPPET STOREの五味さんとの出会いを教えて下さい。

水田:まだ僕が10代の頃、今から10年以上前の話になるんですが、元々バンドがしたくて上京したんです。何のアテもないまま、やみくもに東京で音楽に関われる環境を探してました。そんなこんなしてる間に、ある方の紹介で五味さんに出会い、ローディーをさせて頂く事になりました。


Q.今回、五味さんにプロデュースを依頼したのは?

水田:僕が一番信頼してる人だからです。五味さんには音楽だけではなく色んな事を学びました。もし出逢っていなければ全く違う自分になっていたと思います。一緒にやってみて、最初どうなってしまうんだろうって多少の不安は正直ありましたが、いざ始まるとそんな不安はすぐに無くなり、予想以上にうまくコラボ出来たと思います。


Q.アルバム全体からオルタナティブ、メタル、プログレ、エクスペリメンタルロックなどの要素を感じました。みなさんが影響を受けた音楽はどのようなものなのでしょうか?

水田:色んな音楽に影響はされてますが、特にDeftonesやWeezer、Smashing Pumpkins、RADIOHEAD、Silverchairなど、自分たちが若い多感な時期に聴いてたバンドに一番影響を受けていると思います。最近では民族音楽やクラシック、グレゴリオなどにも強い刺激を受けています。


Q. 歌詞には光と闇が共存しているように感じました。バンドとしての世界観はどのようなものなのでしょうか?

水田:まず、青写真的な所から曲作りは始まります。バンドでアンレンジをしながら作っていくにつれ、風景や映画のワンシーンみたいな世界が見えてくる時があるんですね。そこに見えてきた世界観を歌詞に現しています。なので光と闇の部分は僕のツボなんでしょうね。歌っていても、かなり高揚してしまいますし。

Q.高知の音楽シーンについても聞かせてください。

宮内:ある雑誌のインタビューを受けた時に、ライターさんから高知のバンド人口が増えてきていると聞きました。実際僕らもそれは感じています。対バンしたことないバンドもいっぱいいて、多彩なジャンルのバンドが居るので、今後も高知でのライブも楽しみの一つですね。僕らもシーンを盛り上げていきたいと思っています。


Q.最後にリスナー、読者にメッセージをお願いします。

中山:2013年1月19日、地元高知でのレコ発イベントを皮切りに、2月には東京、大阪でのライブが決まっています。ホームページにもアップしていきますので是非チェックして下さい。楽曲やライブパフォーマンスで8gとしての世界観がたくさんの人に伝わればと思っています。近くの方は是非来て欲しいです。よろしくお願いします。

 

8g(エインジ):
水田樹志(Vo、Gt) 中川雄矢(Dr) 中山貴夫(Ba) 宮内新太(Gt)

【HPアドレス】
http://www.eighneg.net/

アルバムジャケット

8g
NEW ALBUM
Geny
ZCST-011

NOW ON SALE

1,680円

live schedule

2013年01月19日 (土) 高知X-pt.
2013年02月08日 (金) 東京・両国SUNRIZE
2013年02月09日 (土) 大阪・茨木JACK LION
2013年02月11日 (月) 大阪AVENUE A☆

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993