PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
amazarashi

メディアへの登場は殆どなく、メンバー自身も一切その姿を見せることのないまま、映像を駆使したその圧倒的な音楽の表現方法と、抉り出される言葉の力で瞬く間にその存在を音楽ファンに知らしめた青森在住amazarashi。満を持して2011年6月に開催された初ライブのチケットは発売開始からたった1分で完売、その後のライブも全てソールドアウトするなど、独自のライブ表現が高い賞賛を集めている。初のDVD作品となる「0.7」は2012年7月にZepp Divercity Tokyoで開催されたワンマンライブ「ごめんなさい ちゃんといえるかな」からの映像を中心に秋田ひろむによる朗読詩やゆかりの地で撮影された映像などが収録されている。メディアへの露出が極端に少ない中、2YOUでは貴重なインタビューを実現出来た。Amazarashiの中心メンバーである秋田ひろむの生の声、しかと受け止めて欲しい。

Q.amazarashiのライブをこのDVDを通して初めて見る人も多いと思います。「アノミー」をリリースした後の2011年に渋谷WWWで行われた初ライブまでは、ライブ活動を一切せず、素顔も公開せずに楽曲の持つ力だけで活動してきた印象が強いです。ライブをやらなかった理由や、逆にライブをするようになった理由があれば教えて下さい。

秋田:ライブはやりたかったのですがamazarashiは楽曲先行だったので、どういう形態でやるかとか、サポートメンバーをどうするかとか、色々問題がありました。僕自身青森県に住みながらでしたので、東京でやるのか青森でやるのか、リハーサルはどうするのかとか。諸々のタイミングやチャンスが重なっての初ライブだったと思います。後は僕の精神的な部分が外に向き始めたからというのもあります。それまでは、曲を作れたら後はどうでもいいや、と思っていました。


Q.ライブをするようになってリスナーとの関係性に変化はありましたか?また楽曲へのフィードバックはありましたか?

秋田:あります。前作の「ラブソング」というアルバムは、特にそういう気持ちが反映されていたと思うんですが、「こういう人達に伝えよう」という視点が一つ増えた気がします。ライブをやったからといってリスナーの何を分かったわけではないんですが、それでも親近感の様なものは感じます。


Q.amazarashiとしての初ライブを振り返るとどういうライブでしたか?

秋田:とても怖かったのを覚えてます。お客さんが敵か味方かも分からない、そもそも人が入るのかも分からなかったので、どうなるんだろうと思ってました。やってる間も無我夢中で、あっという間に終わってしまった感覚なんですけど、やってよかったと思いました。


Q.その後、僅かな期間でライブの規模が大きくなりましたがご自身ではどう感じていましたか?

秋田:amazarashiには分不相応な気がしました。今もそういう気持ちはあります。もう少しゆっくり階段を上っていくべきなんじゃないかとも思うのですが、チャンスでもあるのでいつも挑戦するつもりでライブはやっています。あと関わる人の数も増えたのでプレッシャーを感じる場面も多くなったのですが、これも幸運と思って一つずつ越えていこうと思ってます。


Q.今作「0.7」はZepp DiverCity Tokyoでのライブを中心に構成されていますが当日はどのようなライブでしたか?「ごめんなさい ちゃんといえるかな」というツアータイトルに込められた意味も教えて下さい。

秋田:「ごめんなさい ちゃんといえるかな」というツアータイトルは「アポロジー」という曲の一節なんですが、それまでのamazarashiの原動力だった、報われない事に対する怒りや、世界に対する不満だとか、そういう八つ当たりにも似たアクションじゃ何も変わらないんじゃないか、という歌です。ですのでzeppのライブは、そこを一つ認めてから次に進もうという意味合いが大きかったです。DVDタイトルを「0.7」にしたのも、インディーズでリリースした「0.6」から考えて一歩前進できたかな、と思ったのでつけました。


Q.秋田さんの朗読とともにゆかりの地を歩く映像も収録されていますが、過去と現在における amazarashiというバンドやご自身の立ち位置に対する真情を吐露されているのが印象的でした。過去と今ではどのような変化がありますか?

秋田:人に会う事も増えましたし、出掛ける事も増えました。別にそれがいい事だとは思いませんが、不貞腐れて生きていた時と比べると大分マシになった気がします。amazarashi自体が自分を肯定したい気持ちから始めたバンドなので、その目的はひとまず果たせた気がします。


Q.ライブCDには新曲「終わりで始まりAcoustic」がボーナストラックとして収録されていますがひとつの到達点に辿り着いた今だからこそ歌える歌のように感じました。

秋田:「終わりで始まり」は結構古い曲なんですけど、今の心境とかタイミングにピッタリだと思って入れました。精神的にかなり参っていた最低な時期に出来た歌なんですが、意図せず前向きな歌詞になってしまったので、どういうタイミングで出そうか迷っていた曲です。歌詞に出てくる僕の日常的な部分や、ギター一本の弾き語りというのも含めて、「0.7」の結末としてふさわしいと思います。


Q. 2013年には東名阪でのツアーも開催されますがどのようなツアーになりそうですか?

秋田:まだ全然考えていないんですが、もっとパワーアップしたamzarashiを見せられたらと思っています。ライブバンドとしてのamazarashiはまだまだ始まったばかりで、成長期の最中ですので、一回ごとに成長した姿を見せられると思っています。新曲も古い曲もいっぱいやりたいです。


Q.最後に秋田さんにとって「言葉」と「音楽」がどのようなものか聞かせて下さい。

秋田:僕はとても口下手なので、amazarashiの長い歌詞はそういう部分が反映されているのかなと思います。言葉はとても煩わしい面倒くさいもので、音楽は言葉の代わりに僕の心情を語ってくれるものだと思います。

 

【HPアドレス】
http://www.amazarashi.com/

アルバムジャケット

amazarashi
NEW ALBUM
0.7

NOW ON SALE

【初回生産限定盤】 AIBL-9252〜AIBL-9253【DVD+CD】 \4,500(税込)
【通常盤】 AIBL-9254【DVD】 \3,990(税込)

amazarashi LIVE TOUR 2013

2013年5月31日(金) 渋谷公会堂
2013年6月8日(土) なんばhatch
2013年6月9日(日) 名古屋ダイアモンドホール

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993