PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
DAM

2006年に大阪で結成されたDAM。今までに制作された4本のデモが話題となり、BRAHMANやKAMOMEKAMOMEと共演するなど精力的にライヴ活動を展開。国内外のエモやハードコア、メロディックパンクからの影響を、激情的かつ感情的なサウンドと圧倒的な歌唱力で解き放った世界観は、その若さ故の破壊力あるライヴ・パフォーマンスと相まって、大阪のシーンにおいてめきめき頭角を現している。結成から6年、満を持してrevontulet recordsよりリリースされるミニアルバム「a.b.cの交点」はDAMの集大成ともいえる全7曲収録。激しいサウンドの中に差し込む光のような歌がバンドの圧倒的な個性を伺わせ、今後の活動に期待を抱かずにはいられないアルバムとなっている。DAM、大注目です。

Q.結成当時は10代だったんですよね。どのように結成されたのでしょうか?

駿平:多分バンドを始めたのは16歳だったと思います。友達が友達を呼んで、とオーソドックスな感じです。


Q.楽曲からは2000年前後の国内外の様々なエモからの影響を感じますが、それだけじゃないのがDAMの特徴ですよね。国内でいえばenvyやKAMOMEKAMOMEのような唯一無二感、kiwirollやClimb The Mindのような世界観、銀杏BOYZのような爆発力をあわせ持った楽曲に衝撃を受けました。みなさんがそれぞれ影響を受けたバンドを教えてください。

駿平:名前をあげてもらったバンドは全部好きで影響を受けていると思います。ドンピシャ過ぎてびっくりしました(笑)。国内ではかなりたくさんのジャンルのたくさんのバンドが好きですが、一番影響を受けているバンドはBRAHMANです。バンドで言えば後はnitro mega prayer、killie、NAHT、CAPTAIN HEDGE HOG、ha-gakure、nim、seth、At The Drive-In、Daitro等、言い出したらキリがありません。バンド以外もいろいろ影響を受けています。

集:駿平や質問でほとんど言われましたが(笑)、ドラムを考える上で自分にとって大きかったのはRONZIさん(BRAHMAN)や柏倉さん(柏倉隆史:toe)、繁さん(伊藤繁:猿ダコンクリート)、nongさん(nim)等だと思います

James:僕もほとんど言われましたが、かなり王道ですが(笑)、The BeatlesやThe Clash等、洋楽に影響を受けています。


Q.DAMが、所謂エモやハードコアと一線を画すのは駿平さんのヴォーカルの存在が大きいと思います。激情サウンドの中で流れる歌の存在感が物凄いですよね。

駿平:叫びだけのバンドも、歌だけのバンドも好きですが、両方あって尚且つ叫びも歌もかっこよかったら最強やなぁと思っていて、やっぱりそれを意識しています。

集:歌については全面的に信頼しているので、その歌や叫びがもっとかっこよく聞こえるように、というのはいつも考えています。

James:たくさんの人に聴いてほしいと思わされる歌だと思っています。


Q.エモ、ハードコアバンドとしては珍しいバンド編成ですがとても3ピースとは思えない楽曲で驚きました。

駿平:そこにとどまらず常に前に進もうと考えています。各パートの役割は、僕がギター、ボーカル、王様、フラットにした後部座席です。

集:僕はドラム、会計、新薬のモルモット、運転手。

James:僕がベース、コーラス、お茶汲み、雑務、一生助手席です。


Q.なるほど(笑)。では歌詞についても聞きたいのですが、M-1「weather」の「あなたは正しい!」やM-2「肯定する事によって明日を見出す思想」の「今を生きろ」というメッセージに「光」を感じて胸を打たれました。言葉ひとつひとつに強い意思を感じます。バンドとして伝えたいことはどういったものなのでしょうか?

駿平:伝えたい事は本当に歌詞のままで、終わったことに捕われず前に進もうということです。バンドとして「光で命を照らす」というイメージがあります。


Q.結成から6年ということで集大成的なアルバムになったと思いますが、みなさんにとってどのような作品になりましたか?

駿平:今までの全てを出しきったアルバムになりました。

集:結果的に一本の芯が通った僕たちらしいアルバムができたと思います。

James:最高です!


Q.最後にリスナーにメッセージをお願いします。

駿平:これを聞いてくれた人が何か、例えばバンドを始めたり何か大小関係なく行動を起こしてくれたら嬉しいです。世界を変えられるのは自分自身でしかない!

 

DAM:
駿平(Vo、Gt)  James(Ba)  集(Dr)

【HPアドレス】
http://dam.digi2.jp/

アルバムジャケット

DAM
NEW ALBUM
a.b.cの交点
DQC-998

2013/1/23 ON SALE

1800円(税込)

live schedule

2013年2月22日(金)名古屋 DAY TRIP
※その他のツアースケジュールは
DAM Official Web(http://dam.digi2.jp/)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993