PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Heatstrokes

近年盛り上がりをみせる名古屋メロディックパンクシーンにおいてめきめきと頭角を現している3ピース、Heatstrokes。彼らがライブ会場、一部のインディーズ取扱レコードショップ、IMCなどで販売中の6曲入り音源「refrain」がとにかく素晴らしい。所謂メロディックパンク特有のファニーな部分とは真逆のシリアスな世界観は完全にバンドの個性として強力な武器になっている。まだ全国リリース作品が無いながら地元名古屋では既に話題となっているHeatstrokesに初のインタビューを試みた。是非ライブにも足を運んで欲しい。

Q.どうやって結成されたのですか?

木村:結成は大学のサークルですね。僕だけ年上なんですけど最初は違うメンバーとコピーバンドから始めました。それでオリジナル曲をやっていたサークルの先輩の影響で曲を作り始めたんですけど、その後メンバーを総入れ替えすることになったんです。松下はバンド入りたいアピールしてきました(笑)。

松下:Heatstrokesが無料配布していた音源をコピーして、叩けることをアピールしました(笑)。

木村:いざスタジオに入ったら実際全然叩けなかったんですけどね(笑)。でも次のスタジオのときは叩けるようになってたんですよ。必死に練習したんでしょうね(笑)。あと当時のベースが「スタジオミュージシャンになる」ってバンドを辞めたから後輩の嶋本が入ることになって今のメンバーが揃いました。


Q.メロディックパンクがみなさんのルーツですか?

木村:僕はそうですね。Hi-STANDARDに影響を受けてます。他にもAIR JAM世代のバンドを聴きまくっていました。

松下:僕はthe pillowsですね。

嶋本:僕はBUMP OF CHICKENがルーツですね。。

木村:お前は木村カエラだろ(笑)。

嶋本:カエラちゃん、大好きです(笑)。ライブも5回くらい行ってます(笑)。

木村:みんなバラバラですよ(笑)。


Q.盛り上がりを見せる名古屋のメロディックパンクシーンの中でもHeatstrokesはシリアスな曲が多いですよね。

木村:狙ってたわけじゃないんですけど曲が出来ていく中で自覚し始めた感じですね。周りに「明るい曲をやったほうがいいんじゃない?」って言われたこともあって悩んだりもしたんですけど、何も考えずに良いと思ったことを自然にやってる感じです。


Q.歌詞に一貫したテーマがあるように思いました。

木村:それはたぶん歌詞も曲も僕がひとりで書いているからだと思います。バンドのテーマじゃなくて僕のテーマというか。僕は歌詞も曲も全部完成した状態でメンバーに渡すんですよ。HeatStrokesは作るのも歌うのも僕だし、レールを轢いているのは僕なんです。そこにメンバーが共感してくれているんだと思います。


Q.そこは2人が木村君にバンドの舵取りを任せられるような信頼関係がしっかりあるからなのでは?

嶋本:…僕はまだ敬語ですけど(笑)。

松下:僕もです(笑)。元々サークルの部長だったからそこは中々抜けないですね。

木村:最近ちょいちょいタメ口だけどな(笑)。

松下:お酒の力を借りて(笑)。

木村:僕らは友達じゃなくて、バンドをやるために集まっているんですよ。たからツアーに行っても別行動なんです。みんなで一緒にいたくてやってるわけじゃなくて、バンドをやるために集まったっていうほうがしっくりくるんです。その方が楽なんですよね。


Q.今作はどういう音源になりましたか?

木村:ヴォーカルに関しては丁寧に歌うことは意識しました。和訳が入っているんですけど、僕らは英語で歌っているので歌詞を読みながら聴いて欲しいですね。


Q.リズム体はどうですか?

松下:M-1「Fog-Coated」、M-2「Lost Part」、M-5「Window View」は僕らのライブの雰囲気をうまく表現出来ていると思います。M-3「Colors」は少しベクトルの違う楽曲になったと思います。M-4「Light」もまたちょっと違う感じだし。


Q.確かに今作の5曲は一貫したHeatStrokesの世界観を色んなアプローチの仕方で表現している曲ばかりですよね。

木村:「Colors」と「Light」を収録したのはそれが理由なんですよ。この2曲だけ新曲なんですけど、他の曲とこの2曲を一緒に収録することでバンドの可能性を拡げたかったんです。それがうまく形になった作品だと思います。


Q.CDのパッケージにも拘りを感じました。

木村:パッケージには自信がありますね。全国リリースしてないバンドがこういう紙ジャケで作るのってあまり無いじゃないですか。


Q.確かに本気度は伝わってきます。

木村:そこが一番重要だったんですよ。安っぽく思われたくなかったんですよね。勿論曲作りやレコーディングには手を抜いていませんけど、所謂デモ音源だと思われるのが嫌だったんですよね。

松下:だから値段設定も強気で1000円にしていますしね。

木村:最近凄く意識するんですけど、全国リリースの無い僕らが県外にツアーに行っても地方の人は僕らを知らない人ばかりなんですよ。そういう時期って凄く貴重だと思うんですよね。僕らを知らない人をライブでどう引き込むかを意識しているんです。色んな経験をしてライブをもっと良くしたいですね。自分の頭の中の世界観を30分のライブでどう表現出来るか。そこを最近凄く考えています。だからまずライブを見て欲しいんですよ。


Q.今回の音源がライブに足を運ぶきっかけに繋がると思いますよ。今はバンドが種を撒いている時期なのかもしれないですね。

木村:そうですね。この音源きっかけでHeatStrokesを知ってもらってライブに来てくれたら嬉しいです。

 

HeatStrokes:
木村成幸(Vo、Gt) 嶋本充宏(Ba、Cho) 松下成吾(Dr、Cho)

アルバムジャケット

HeatStrokes
NEW ALBUM
refrain
Heat-002

NOW ON SALE

1050円

live schedule

2月8日(金)今池HUCK FINN
Heatstrokes pre. 【Building Block vol. 4】
"refrain" Tour Final
Heatstrokes
a Soulless Pain
Morbid Sloth
forestribe
The Valentine
SHEEP's ANGRY WAVES
and more...
adv/door ¥1800/¥2000
来場者特典 refrainジャケットのカレンダー

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993