PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
百長

名古屋で活動する摩訶不思議ギターロックバンド百長。そのバンド名からも特異な雰囲気がプンプンするが、楽曲の世界観やライブの空気感は一度体験したら病みつきになる一癖も二癖もある名古屋において希有な存在のバンドである。大学のサークルで結成された彼らは今までに数回のメンバーチェンジを繰り返しながらもコンスタントに活動を続け2011年にはミニアルバム「夜行」を発表、そして今回2ndミニアルバム「月」をリリースする。前作を更に突き詰めた中毒性高めの世界観にどっぷり浸かって欲しい。今作を最後にドラムの石川の脱退が決定しているがバンドは止まらずに進み続けるという。大森、遠藤の不思議な関係性もインタビューから感じて下さい。

Q.結成の経緯を聞かせて下さい。

大森:大学のサークルで結成しました。当時は今と違うメンバーでやっていたんですけど、みんな脱退していき(笑)。それで僕が部長のときに新入部員で入ってきたダルシム(遠藤)と石川を誘って今の形になりました。


Q.かなり独特な音楽性ですがバンドのコンセプトはどういうものなのでしょうか?

大森:それが特にないんですよ。メンバーで話し合ったこともないんです。

遠藤:僕も特に意識したことはないですね。


Q.音源を聴く限り、はっきりとコンセプトのあるバンドだと思ったのですが。

大森:自然と出てくる感じなんでしょうか。コードから曲を作るんですけど、そのコードに歌いたいことを乗せていくだけなんですよね。それをメンバーに聴かせてアレンジしていく感じです。でもダルシムはあまり好きじゃないみたいなんですよ(笑)。

遠藤:あまり好きじゃないですね。


Q.え!?

遠藤:好きな曲はあまりないです。

大森:って言われるんですよ(笑)。


Q.…変わったバンドですね(笑)。では影響を受けたバンドはいますか?

大森:完全に椎名林檎ですね。僕は初めて行ったライブが東京事変なんですけど、それで影響を受けてベースを始めたんです。


Q.ああ、確かに曲名や歌詞の言葉選びは通じるものがありますね。たまの影響もあるのかなと思いましたが。

大森:たまも好きですね。あとはZAZEN BOYSとかフジファブリックにも影響は受けています。


Q.遠藤くんはどういう音楽に影響を受けたのですか?

遠藤:僕はバンドじゃなくて曲単位で好きになるタイプなので影響を受けたバンドというのはあまりいないですね。


Q.そうなんですね。大森君の書く曲はどうですか?

遠藤:基本的には好きじゃないですけど、お客さんが良いって言ってくれているので「良い曲なんだろうな」って感じです。

大森:僕は面白いと思ってるんですけどね(笑)。百長、よく続いているな(笑)。


Q.では大森君は自分の音楽をどのように捉えていますか?

大森:聴いてくれた人が面白い曲だって言ってくれるのは自覚しています。でも作っている本人としては自分から出てきたものをそのまま曲にしているだけですけどね。


Q.同世代のバンドからの反応はどうですか?

大森:Theキャンプやシャビーボーイズからは変なバンドだって言われます(笑)。特にシャビーボーイズとは両極端の音楽な気がしますね。仲は良いんですけど(笑)。同世代のバンドからはよく年上だと思われます。30歳くらいに思われているんですよ。

遠藤:僕も巻き添えくらって年上に思われています。


Q.なるほど(笑)。では今回の2ndミニアルバムはどういうものになりましたか?

大森:1stミニアルバム「夜行」から1年で随分成長したと思います。「夜行」の曲はライブでもあまりやらなくなったくらい今回のミニアルバムには今の百長が詰め込まれています。ずっとライブでやってきた曲が多いのである意味、百長のベストのような作品になりました。


Q.「夜行」を聴いたときの印象は「珍しい音楽を意識的にやっているバンド」だったんですけど今作を聴くと自分達の音楽をシンプルに追求した結果しっかり自分達のものにしたような気がしました。

大森:マジですか。それは物凄く嬉しいです。あと歌詞の書き方は変わりましたね。M-8「月」やM-9「灯り」はメッセージ性の強い曲なんですけど、作った当初の自分を思い出せる歌詞になったのが今回の特徴ですね。「灯り」はバンドが楽しくなくて悩んでた時期があったんですけど、何かが吹っ切れた瞬間に出来たので聴くと思い出しますね。


Q.アルバム冒頭のM-1「ふわふわ」はメロディーが素晴らしいですね。

大森:「ふわふわ」はお風呂で鼻歌を歌ってたときに「このメロディーは!」と思って出来た曲ですね。鼻歌で出てくるメロディーって忘れちゃうんですけどこれは気に入ってたので覚えてたんですよ。こういう作り方は初めてでしたね。ダルシムはどう?

遠藤:う〜ん。僕はあまり好きじゃないですね。

大森:そうなの?(笑)。

遠藤:そんなに好きじゃないですね。

大森:「ふわふわ」は好きだと思ってたのに(笑)。

遠藤:あ、本当ですか。でもそんなに好きじゃないですよ(笑)。


Q.逆に好きな曲はありますか?

遠藤:M-6「その方へ」は僕が入って最初に作った曲なので思い入れはありますね。ベースラインも悪くないです。この曲はりゅうしさん(Theキャンプ)とセッションで作ったんですよ。それはよく覚えています。

大森:好きな曲がアルバムにあって良かったです(笑)。


Q.では今後のバンドの動きを教えて下さい。

大森:12月でドラムの石川が脱退したんですけどバンドの歩みがストップするのが嫌だったのでサポートドラムにこまだみちるを迎えて1月からツアーに出ます。

遠藤:強烈なドラマーなので面白いです。

大森:是非遊びに来て欲しいですね。今回、本当に良いアルバムになったので沢山の人に聴いて欲しいです。


Q.それぞれの曲に、大森君の思い出や経験が落とし込まれているので何年か経ったときに自分で聴いても面白いかもしれないですね。

大森:それは楽しみですね!ダルシムも楽しみだよね?

遠藤:えっと、特に僕の思い出というわけではないのでそこはよく分からないです。

大森:うん、そうだよね(笑)。

 

百長:
大森貴太(Vo、Gt) 遠藤弘規(Ba)

【HPアドレス】
http://100cho.shiteyattari.com/

アルバムジャケット

百長
NEW ALBUM

NOW ON SALE

1500円

『百長のお月見ツアー』

2013年1月7日(月)十三ファンダンゴ
2013年1月10日(木)京都MOJO
2013年1月17日(木)渋谷LUSH
2013年1月24日(木)吉祥寺Planet K
2013年2月2日(土)池下CLUB UPSET

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993