PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Split BoB

現役女子高校生ロックバンドとして2012年の1月にデビューした愛知県岡崎発の5人組ガールズロックバンドSplit BoB。3月に卒業記念盤としてリリースした「FORGET ME NOT」は現役女子高生の青春を切り取ったような音世界が話題となり岡崎のみならず全国のガールズロックファンに浸透した。そして2012年12月。高校を卒業し、それぞれの道に進んだ彼女達がニューアルバム「A rebirth」を完成させた。18歳、19歳という年齢が抱える不安や葛藤が音となった今作には子供でもない、大人でもない今の彼女達にしか歌えないリアルがある。色んな人に出会い、色んな経験を積み、その都度音楽にしていって欲しい。これからが本当に楽しみなバンドだ。

Q.高校を卒業してバンドに対する意識は変わりましたか?

こはる:もう「女子高生バンド」じゃなくて普通のバンドとして見られるわけなので甘えてられないなって思うようになりました。


Q.今作を聴いて思ったのですが、半年くらいで物凄く成長しましたよね。

ゆり:それは…あります(笑)。メンバー全員の環境が変わったことで気持ちや価値観も変わったと思うんですけど、それが音にも出ているのかなって思います。


Q.高校生の頃は毎日一緒にいたのがみんな違う道に進んだことで、それぞれの日常や経験をバンドに持ち寄っているのかもしれないですね。

ゆり:それが音に出ているなら素晴らしいですね。

こはる:素晴らしいって。(一同爆笑)


Q.アルバムのコンセプトはありましたか?

ゆり:自分達の音を見つけることがコンセプトですね。「これがSplit BoBだ!」っていう音楽を見つけたくて作ったアルバムなんですよ。


Q.確かにバンドのカラーをはっきり提示していますもんね。

ゆり:自分達のカラーや武器がどんなものなのかが伝われば嬉しいです。

こはる:演奏の技術は18歳、19歳の感じがしちゃうかもしれないですけど気持ちの面では負けないものが出来たと思っています。


Q.いや、クオリティーは高いと思いますよ。それに気持ちが大きければ技術は後からついてきますからね。Split BoBのようなバンドって同世代にいませんよね?

あゆみ:確かにいないとは思います。

ゆり:決して楽しいだけじゃなくて影の部分ががっつり出ているのが同世代のバンドとは違うところなんだと思います。

あゆみ:まあ、基本暗いですよね(一同爆笑)


Q.アルバムタイトルの「A rebirth」にはどういう意味があるのですか?

ゆり:女子高生バンドのイメージからの生まれ変わりを意味しています。ジャケットはStraight Bomber Waveっていう仲の良いバンドの手島拓実君に再生をイメージして描いて書いてもらったんですけど、音源もパッケージも10代にしか作れないような作品になりました。


Q.それぞれ思い入れのある曲はありますか?ではゆりちゃんから。

ゆり:M-1「マヤカシ少女」は自分達らしい曲であり新しい挑戦をした曲でもあります。「マヤカシ」って言葉の意味はよく分からないんですけど急に思いついたんです(笑)。理想の自分になれない今の自分に渇を入れるような曲ですね。


Q.あゆみちゃんはどうですか?

あゆみ:私は普段ベースを指で弾いているんですけど、M-2「Parallel World」はピックで弾いているんですよ。曲の駆け抜ける感じが、大人と子供の境目の一瞬で過ぎさる時間とリンクしていて、なんとなくピックで弾いてみました。


Q.確かにピックのアタック感が青春の疾走感を助長していますよね。

あゆみ:レコーディングは大変でしたけどね(笑)。青春の勢いは出ていると思います。


Q.次はさとみちゃん。

さとみ:M-3「サクソニーブルー」が好きです。これは冬の歌なんですけど、ヴォーカルの子の想いが凄く詰まっているんですよ。曲が完成したときに泣いちゃったくらいです。ヴォーカルの子の歌い方も心に響くんですよ。

こはる:嬉しいんだけどヴォーカルの子って(笑)。この曲には自分で歌っていても感情がグワーってなりますね。


Q.それがメンバーに伝わってて良かったですね。名前は覚えてもらってないみたいですが(笑)。

こはる:幼稚園からの友達なのに。(一同爆笑)


Q.なつみちゃんは今回もギター弾きまくっていますね。

なつみ:自分のギターに自信を持てるようになりました。私は周りに怯えてた時期があったんですけど、このままじゃ駄目だって気持ちを吐きだして演奏したのがM-4「ハジマリノトキ」で。苛々を爆発させるようなギターが弾けました。


Q.ではヴォーカルの子は?(笑)。

こはる:こはるです(笑)。M-7「Future Runnist」は色んな視点から歌詞が書けた曲ですね。聴くときも歌うときも気持ちが重なります。何かに悩んでいる人に聴いて欲しいですね。社会に出て色んな経験をしたことが今回のアルバムに凄く出ています。


Q.これからも色んな経験や出会いを曲にしていって欲しいです。

ゆり:ありがとうございます。嬉しいです。高校の頃とは比べ物にならないくらい悩んだし辛い事もあったんですが、高校生のときと同じように、今にしか作れない作品が出来たのは嬉しいです。

あゆみ:20歳になったらきっとまた変わると思うんですよ。だから今を封じこめたかったし、聴いてくれた人にずっと持っていて欲しいCDが出来たと思っています。

さとみ:みんなばらばらの生活になっても、こうやって今もバンドを続けられていることに感謝しています。あの頃よりバンドに対する思いや周りに対する感謝の気持ちが強くなりました。本当に感謝しています。

なつみ:前作は何も分からないままレコーディングして何もわからないまま発売していたんですが、今回は自分達で考えて作ることが出来ました。前より悩みもしたけど、その分大事な作品になりましたね。

こはる:今作はそれぞれの生活の変化がひとつひとつ形になった今の私達が詰まったアルバムです。支えてくれる人への感謝の気持ち、頑張っていくっていう意志が聴いてくれた人に届いたら嬉しいです。

 

Split BoB:
あゆみ(Ba) ゆり(Dr)こはる(Vo、Gt)さとみ(Key) なつみ(Gt)

【HPアドレス】
http://wish-japan.co.jp/splitbob/

アルバムジャケット

Split BoB
NEW ALBUM
A rebirth
WWSC-1004

NOW ON SALE

¥1500

live schedule

1月13日(日)岡崎CAMHALL
1月14日(月・祝)藤が丘MUSIC FARM
3月2日(土)大阪・船場 MERCURY
3月9日(土)東京・大塚 Deepa
3月24日(日)愛知・岡崎 CAM HALL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993