PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
HUSKING BEE

90年代のメロディック・パンクシーンを代表するバンドHUSKING BEE。当時の日本の音楽シーンにおいてHi-STANDARD、BRAHMAN、BACK DROP BOMB、THUMB、REACHらと共に、その音楽スタイル、活動スタイルが大きなムーブメントとなり時代を創り上げたのは周知の事実。2005年の解散以降はそれぞれの音楽活動を続けてきた彼らだが、解散から7年経った2012年、「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」「BAD FOOD STUFF」で奇跡の復活を遂げる。さらに9月に開催された「AIR JAM2012」では新メンバーを迎えての本格的な活動再開を宣言した。新生HUSKING BEEのメンバーは磯部正文、平林一哉の2人に加え、ベースに岸野一(malegoat)、ドラムに山崎聖之(HARDCORE FANCLUB、The Yasuno N°5 Group 、ex.fam)を迎えた新体制。そして実に9年振りとなるアルバム「SOMA」が完成した。これまでのHUSKING BEE節が随所に感じられる「まさに復活作!」といった内容になっている。アルバムのリリースに際し、磯部は「メンバーも変わりリフレッシュしたHUSKING BEEですが、この「SOMA」からどんな想像が生まれ、どう円熟し、研磨されていくのか。答えはこの道の延長線上にあるのでしょう」とコメントを発表。リリース後はこのアルバムを携えての全国ツアー「SOMA tour 2013」が大阪、名古屋、東京、広島の4都市で行われる。もう思う存分HUSKING BEEを堪能したいと思う。HUSKING BEE、ミュージック・再ビギン。

Q.再結成の経緯を伺いたいのですが、まず2011年の「AIR JAM」に磯部正文バンドで出演されたときに平林さんも参加されていましたよね。久しぶりに同じステージに立ってみていかがでしたか?

磯部:久々のステージが大志ある「AIR JAM」の大舞台なんて最高なんだろうなあと思いました。


Q.その後、2012年の「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」と「BAD FOOD STUFF」にHUSKING BEEとして出演したことは物凄く話題になりました。

磯部:「BAD FOOD STUFF」には実は2011年夏頃にBACK DROP BOMB白川氏とFRONTIER BACKYARD田上氏からHUSKING BEEとして出演出来ないかとオファーをいただいていて。その後「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」にDEVILOCK遠藤氏から熱の籠ったHUSKING BEEへのオファーをいただいて出演への流れとなり、その後行われる予定だった「BAD FOOD STUFF」にも出演出来たのです。


Q.そして「AIR JAM 2012」での本格的な活動再開が発表されました。磯部さんの中でHUSKING BEEを再始動させることに至ったのは?

磯部:また新たにHUSKING BEEというバンドで様々な活動をし、ライブハウスでの出会いや様々な方との繋がりを楽しみに思えたからです


Q.新メンバーの山崎さん、岸野さんの加入の経緯を教えて下さい。

磯部:Drの山崎は磯部正文BANDの活動の際にメンバーとして演奏したことがきっかけです。Baの岸野は平林がFINE LINESの活動の際にメンバーとして演奏したことがきっかけです。


Q.新体制での曲作りはいかがでしたか?リズム隊が変わることで変化もあったと思うのですが。

磯部:曲作りは終わってみればスムーズに運んだなと実感します。またライブを重ねることでいい変化があるだろうなあと予感しながらの作業でした。


Q.復活作である「SOMA」はこれまでのHUSKING BEEを総括したものに、CORNER、Mars Eurythmics、磯部正文BANDでの経験をプラスしたような、新しいHUSKING BEEを強く感じました。HUSKING BEEとして楽曲のヴィジョンはどのようなものでしたか?

磯部:「GRIP」は自分のなかである種別物な観点がありまして。今回楽曲を作るにあたりましては「PUT ON FRESH PAINT」?「VARIANDANTE」の音群を見習う気持ちではありました。


Q.今作の歌詞には、90年代から聴いてきた僕らリスナーとしては一緒に年を重ねてきたような気がして感慨深いものがありました。当時のリスナーは人生とリンクしたり、歌詞から感じることが多いと思います。また若い世代には違って聴こえるかもしれませんし。

磯部:HUSKING BEEの曲は老若男女年代を問わずいて聴いていただきたいなと思って作ってきたので、今回もその気持ちは変わりませんでした。


Q.最後に、HUSKING BEEとして活動を再開された今の気持ちを聞かせて下さい。

磯部:色々とやりたいことが増えましたし、色々な場、色々な人に音に会いたいです。

 

HUSKING BEE:
磯部正文(Vo、Gt) 平林一哉(Vo、Gt) 岸野一(Ba、Cho) 山崎聖之(Dr、Cho)


【HPアドレス】
http://www.husking-bee.com/

アルバムジャケット

HUSKING BEE
NEW ALBUM
SOMA
HICC-3432

NOW ON SALE

¥2,500

【LIVE DVD】
HUSKING BEE 2012 LIVE at AIR JAM 2012, DEVILOCK NIGHT, BAD FOOD STUFF
2013/4/3 発売
TFBQ-18137 ¥3,000

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993