PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ザ・クロマニヨンズ
ザ・クロマニヨンズ、7枚目となるアルバム「YETI vs CROMAGNON」がとにかく最高だ。なんせ「YETI vs CROMAGNON」だ。もうタイトルだけで最高のロックンロールアルバムであることが分かる。今作にはシングル「突撃ロック」「炎」を含む全12曲が収録されており、ロックンロールへの飽くなき情熱とまっすぐな愛情がパンパンに詰め込まれている。ザ・クロマニヨンズの楽曲は衝動的だ。いつだって彼らは、初めてバンドを組んだときのような無邪気さを、狙わず気負わずバンドが一体となって体現している。その根源にあるものとは?一体何がバンドをそうさせるのか?ヒロト(甲本ヒロト)とマーシー(真島昌利)に話を訊いた。

Q.「YETI vs CROMAGNON」というアルバムタイトルは心を一瞬で少年にさせてくれるワクワク感がありますよね。

甲本:うん。ワクワクしますね。


Q.子供の頃、学校の帰り道に貼ってあるプロレスのポスターを見てドキドキしていたような。

甲本:うん。「世紀の対決!」みたいな(笑)。僕も子供の頃にそういうポスターを街で見ると、面白そうだなあ、行きたいなあって思ったんです。どんな必殺技が飛び出すんだろう、とか、どっちが勝つんだろう、って考えただけでワクワクする。だからイエティ対クロマニヨンって書いてあるポスターを街で見てライブに行きたいなってみんな思ってくれたら嬉しいです。


Q.2012年は「ACE ROCKER」のツアーがありましたが、今作の曲作りはいつ頃から開始していたのですか?

甲本:アルバム用の曲作りはしてないですよ。アルバム用の録音はしたけど(笑)。

真島:曲作りをするっていうより、生きていると自然と曲が出来るんです。

甲本:だからどんな曲を作るかとか、考えたことがないんです。自然と出来てきたものが溜まったらアルバムにするっていう。

甲本:レコーディングも楽しいよ。みんなで楽しみながらやってる。


Q.今回のレコーディングで印象に残っていることはありますか?

甲本:「勝治(桐田勝治)vs 犬」です(笑)。スタジオに犬がいるんだけど、勝治が犬と追いかけっこをするんです。一カ所をぐるぐる犬と勝治が回っているんですよ。僕はそれを何回見ても爆笑してしまうんです。色々面白いことはあったけど一番の印象はそれです。

真島:それだね。


Q.今作もヒロトさん6曲、マーシーさん6曲ですね。これはアルバムを作るときのルールがあったりするのですか?

甲本:ルールというよりマナーですね。僕らのアルバム作りって、僕とマーシーが作った曲をスタジオで自分以外のメンバーに披露することから始まるんです。「じゃあ僕からいくね」って曲を披露するわけですよ。それをみんなが覚えて良い感じになってきたら次の曲にいくんです。そのときに「僕もう1曲!」っていうのはマナー違反でしょ。だから「じゃあ次はマーシーの番ね」ってなって、またそれが良い感じになったら「今度はヒロトやりなよ」ってなるんです。


Q.カラオケで順番に歌っていくような。

甲本:そうです。それでお互いの曲を披露しあって、12曲くらいになったら「よし、アルバムが出来たぞ」ってなる。アルバムにテーマや具体的なヴィジョンがあるんだったらきっとこういう作り方にならないと思うんですけど、僕らの場合は12曲のかっちょいい曲が集まればそれがアルバムになるんです。


Q.テーマはなくてもイメージはありますよね。例えば今作でいえば「アポロ11号」とか「鉄人28号」とか「アームストロング」など昭和を連想させる固有名詞が出てきますが。

甲本:江戸時代のことは出てこないですね(笑)。でもイメージしたんじゃなくて全部自然に出てきたんじゃないかな。マーシーは何かある?

真島:10代の頃の記憶って鮮烈じゃないですか。例えば15才から20才に起きた出来事は今でもよく覚えてる。強烈に印象に残っている時代が僕らの場合は昭和だったっていう。

甲本:ふむふむ。

真島:それが自然と出てくるんだと思います。


Q.最初に受けた衝撃がずっと残っていて形になるんですね。

真島:うん、でも最近見たり聴いたりしたものにも影響は受けますよ。それが過去の思い出とリンクして出てくるときもある。そのメカニズムがどうなっているかはよく分かりませんけど(笑)。日々色んなものから影響は受けていますからね。レコードからの影響もそうだし。


Q.相変わらずレコードは沢山買っているんですか?

甲本:うん。買ってますよ。


Q.最近聴いて良かったレコードはありますか?

真島:ザ・ウォールフラワーズの新譜(※グラッド・オール・オーバー)は良かったよ。トレイシー・ソーンのクリスマスアルバム(※ティンセル・アンド・ライツ)も良かった。

甲本:僕は最近は気が付くとパブロックを良く聴いていて、パブロックからザ・J・ガイルズ・バンドを聴いたりしているんですけど、この前は自然の流れをわざと壊して、普段滅多に聴かないものを聴いてやろうっていうモードに入りました。


Q.普段聴かない音楽というと?

甲本:90年代のロックです。90年代のロックを僕があまり聴いてないのは、あの時代はアナログ盤が手に入り難い時代だったんですよ。だから自分のレコード棚を見ても90年代のロックバンドのアナログ盤ってきっと50枚も無いと思うんです。その少ない中からチョイスして「90年代を敢えて聴こう!」っていうキャンペーンを自分でやって遊んでいました(笑)。2日間くらいで飽きちゃいましたけど(笑)。その中でもレンタルズは良かったです。


Q.ザ・クロマニヨンズはシングルもアルバムも必ずアナログ盤が発売されますが、やはりレコードに対する拘りはありますか?

甲本:レコードに拘っているんじゃなくて楽しいことに拘っているんです。楽しければなんでも良いと思うんですよ。それがたまたま僕らはレコードだったっていう。例えばね、ご飯を食べるときに「何に拘ってますか?」って聞かれたら「美味しいものです」って答えるのと一緒ですよ。当たり前のことなの。ご飯屋さんに行って店主が出てきて「うちは味に拘っています」とか言わないでしょ。だから美味いか不味いかだけなんです。音楽もその程度のものです。


Q.曲を作るときも楽しいかどうかが最大限の判断基準になっている?

甲本:うん。というか、それだけです。どんな曲を作ろうかとか、どんなことを歌おうかとか、全く考えないです。例えばレコードを聴いたら僕もかっこいい曲をやりたいなって思うわけですよ。それで鼻歌とか歌っていると自然と曲が出来るんです。難しいことは何も考えてないですよ。


Q.今作で言えばM-6「団地の子供」とM-7「ホッテンダー」のようなタイプの全然違う曲でも作り方は一緒なんですか?

甲本:そうですね。全部一緒です。


Q.その話を聞いて納得したことがあるんですけど、ちょっと自分の話をしてもいいですか?

甲本:うん、いいよ。


Q.僕は昔から得意技があって、ヒロトさんとマーシーさんの作る曲は1回聴いたら歌えるんです。

甲本:凄い!羨ましい(笑)。


Q.そして僕だけじゃなくて、僕の友達もどうやらみんな歌えるんです。

甲本:何だか凄く嬉しい。

真島:嬉しいねえ。


Q.M-1「突撃ロック」もM-3「人間マッハ」も、初めて聴いたときから一緒になって歌ってましたから。

甲本:良いこと教えてあげようか?僕もマーシーの曲覚えるの早いよ(笑)。

真島:マッハだね。


Q.マーシーさんはヒロトさんが歌うことを想定して曲を書くのですか?

真島:全然意識してない。だからヒロトに「ここは伸ばすの?」とか「ここはどうやって発音するの?」ってたまに聞かれます。

甲本:それは何でかっていうと、僕は西の生まれなんですよ。だから言葉のアクセントが標準語と違うんです。だからたまに不安になる(笑)。


Q.でもそれがヒロトさんの圧倒的な個性ですよね。

甲本:面白みになってくれればいいんですけどね(笑)。


Q.昔から気になっていたことがあるんですけど、ヒロトさんは歌の録り直しとかするんですか?

甲本:ほとんどしない。僕は上手く歌うことよりもバンドで演奏することが楽しいから歌だけ録り直すことは無いです。それに僕らのアルバムはスタジオで4人が楽しく過ごした時間の記録だと思っているんです。だから別々に録ることは絶対に無いんです。ドラムを録り終えた瞬間に全員が録り終えてるんです。


Q.曲が3分なら録音時間も3分っていう。

甲本:ベーシックはそうですね。全員で「せーの」で録ります。後から味付けとして、ギターソロを入れたり、コーラスや手拍子や掛け声を入れるけど、それもみんなで楽しくやる。そういう楽しい時間をパッケージしたいんです。


Q.だから先程の勝治さんと犬の話も含めてレコーディングなんですね。

甲本:そういうことです。僕らにとってレコーディングのOKかどうかの判断は、僕らの思い出レベルをクリアしたかどうかだけなんですよ。みんなが楽しかったらOKなんです。


Q.例えば誰かひとりが演奏を失敗したら全員で録り直すんですか?

甲本:うん、全員でやりたい。だって僕達バンドだもん。


Q.最高です。ではヒロトさんとマーシーさんにとってバンドとはどういうものでしょう?

甲本:ムム。考えたことないな。…楽しい遊びですよね。それしかないです。

真島:楽しい暇つぶしです。

甲本:ザ・クロマニヨンズは凄く楽しいですよ。勝治とコビー(小林 勝)のリズム隊のふたりが僕らの曲に魔法をかけてくれるし。バンドって凄く楽しい。ツアーも本当に楽しみです。


Q.今回も長いツアーですね。

甲本:ツアーの日程を見ているだけでワクワクします。


Q.今回のツアーは名古屋も3公演ありますが、名古屋の思い出はありますか?

甲本:名古屋のライブはいつも楽しいですね。あとカレーが美味しい。名古屋のCoCo壱番屋は日本で一番美味しいよね。

真島:美味しいよね。

甲本:名古屋、流石だね。勿論全国同じ味になるようにCoCo壱番屋は努力なさっていると思いますけど、それでも名古屋のCoCo壱番屋は美味しい。

真島:大好き。

甲本:だけど僕はCoCo壱番屋の小さいフリーペーパーが薄っぺらくなっちゃって寂しいなって思ってる。

真島:昔は定期的に出していたのに最近あまり見なくなっちゃったね。

甲本:あれ面白かったのにね。

真島:バイトがお店のオーナーになるまでの漫画が載ってたりしてね。

甲本:2YOU MAGAZINEの力でザ・クロマニヨンズをCoCo壱番屋のフリーペーパーに載せて下さい(笑)。


Q.関係者の方、編集部までご連絡下さい(笑)。

甲本:待ってます。


Q.(笑)。では最後に読者にメッセージをお願いします!

真島:ノロウィルスに気をつけてね。

甲本:はい、気を付けます。

真島:ヒロトもだけど、読者がね(笑)。

 

【HPアドレス】
http://www.cro-magnons.net

アルバムジャケット

ザ・クロマニヨンズ
NEW ALBUM
YETI vs CROMAGNON
GUDY-2011

NOW ON SALE

【CD+DVD】 BVCL-30008 3675円
【CD】 BVCL-489 3059円

ザ・クロマニヨンズ ツアー2013
イエティ 対 クロマニヨン

2013年2月20日(水)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
2013年2月21日(木)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
2013年2月23日(土)鳥取県 米子AZTiC laughs
2013年2月24日(日)鳥取県 米子AZTiC laughs
2013年2月26日(火)大阪府 umeda AKASO
2013年2月27日(水)大阪府 umeda AKASO
2013年3月1日(金)愛知県 名古屋CLUB DIAMOND HALL
2013年3月2日(土)愛知県 名古屋CLUB DIAMOND HALL
2013年3月5日(火)東京都 Shibuya O-EAST
2013年3月6日(水)東京都 Shibuya O-EAST
2013年3月9日(土)兵庫県 神戸WYNTERLAND
2013年3月10日(日)兵庫県 神戸WYNTERLAND
2013年3月14日(木)鹿児島県 鹿児島CAPARVO HALL
2013年3月16日(土)宮崎県 宮崎WEATHER KING
2013年3月19日(火)大分県 DRUM Be-0
2013年3月24日(日)群馬県 高崎 club FLEEZ
2013年3月28日(木)静岡県 Live House浜松 窓枠
2013年3月29日(金)静岡県 Live House浜松 窓枠
2013年4月1日(月)千葉県 柏PALOOZA
2013年4月4日(木)福井県 福井響のホール
2013年4月6日(土)石川県 金沢EIGHT HALL
2013年4月7日(日)富山県 富山MAIRO
2013年4月13日(土)長野県 長野CLUB JUNK BOX
2013年4月14日(日)長野県 長野CLUB JUNK BOX
2013年4月17日(水)岐阜県 岐阜club-G
2013年4月19日(金)滋賀県 滋賀U★STONE
2013年4月20日(土)滋賀県 滋賀U★STONE
2013年4月24日(水)秋田県 秋田 Club SWINDLE
2013年4月26日(金)山形県 酒田MUSIC FACTORY
2013年5月5日(日・祝)福島県 郡山Hip Shot Japan
2013年5月10日(金)北海道 帯広MEGA STONE
2013年5月12日(日)北海道 小樽GOLDSTONE
2013年5月16日(木)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2013年5月22日(水)山梨県 甲府CONVICTION
2013年5月24日(金)神奈川県 横浜BLITZ
2013年5月29日(水)茨城県 水戸LIGHT HOUSE
2013年6月1日(土)新潟県 新潟LOTS
2013年6月2日(日)新潟県 新潟LOTS
2013年6月5日(水)東京都 SHIBUYA-AX
2013年6月6日(木)東京都 SHIBUYA-AX
2013年6月11日(火)高知県 高知X-pt.
2013年6月13日(木)香川県 高松MONSTER
2013年6月14日(金)香川県 高松MONSTER
2013年6月16日(日)広島県 広島BLUE LIVE
2013年6月19日(水)長野県 松本Sound hall aC
2013年6月22日(土)福岡県 福岡DRUM LOGOS
2013年6月23日(日)福岡県 福岡DRUM LOGOS
2013年6月25日(火)大阪府 なんばHatch
2013年6月29日(土)愛知県 Zepp Nagoya
2013年7月2日(火)青森県 青森QUARTER
2013年7月4日(木)岩手県 盛岡Club Change WAVE
2013年7月6日(土)宮城県 仙台Rensa
and more…

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993