PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The Mirraz
目下メジャーシーンをグルグル巻き込んで爆走中のThe Mirrazが、ついにメジャー1stアルバム「選ばれてここに来たんじゃなく、選んでここに来たんだ」をリリース。メジャーデビュー以降、「僕らは/気持ち悪りぃ」「傷名/うるせー」と立て続けに発表したシングルがThe Mirrazの必殺技が炸裂した「これぞThe Mirraz!」な楽曲だっただけに、アルバムへの期待値も膨れ上がっていたところに届いた今作は、今までの活動を集約したような、初めて彼らに触れる人も昔から追っている人も満足の全13曲収録。「バンドをより知ってもらうための作品を作りたかった」と畠山が語るように、The Mirrazの存在を世に知らしめるような素晴らしいアルバムの完成に胸がワクワクする。

Q.まず昨年のツアーの話を伺いたいのですが、今までとは変化があったのでは?

畠山:かなりありましたね。メジャーに行ったからどうこうって訳ではないんですけど、ライブにおいて今までやりたかったけど出来なかったことが実現できたツアーでした。それはサウンドの作り方やライブのクオリティ含めてなんですけど、端的に言うと洋楽的にサウンドのクオリティを上げたいなって僕はずっと思っていたんですよね。それをツアー中に毎日確認しながらやれたのは本当に良かったです。


Q.ライブ毎に課題を見つけクリアしていくような。

畠山:本当にそういう感じでしたね。その日のライブで良かった部分は次のライブに活かせるように、逆に悪い部分があればすぐに修正して。それを毎日ツアーでやってきたんですよ。明確にライブやサウンドのヴィジョンがあったのでやってて楽しいツアーでした。


Q.お客さんの反響はどうでしたか?

畠山:反響って意味ではメジャーに行ったことは大きかったかもしれないですね。「僕らは」のお客さんへの浸透度が物凄く早かったんですよ。ライブでいきなり盛り上がってくれて。「観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは」や「ラストナンバー」をシングルで出したときはライブで盛り上がるまで時間がかかったんですよ。アルバムを出したくらいに盛り上がってきたイメージだったんです。でも「僕らは」はライブでもすぐに盛り上がってくれて。凄く良い状況だなって思いました。


Q.その状況の良さはアルバムの音に如実に出ていますよね。

畠山:そうですね。迷いがないというか。サウンドのクオリティの良さに直結していると思います。とにかく音質を良くしたかったので今回のアルバムは本当に満足しています。今まで形にしたかったものがしっかり出来たのが何より嬉しいですね。


Q.The Mirrazはこれまで色んな可能性を探ってきたバンドだと思うんですよ。それこそ初期はArctic Monkeysの影響から始まり、音楽性だけでなくスタイルを継承することで段々とThe Mirrazのオリジナルを確立してきたと思うんです。今作はその全ての要素や経験を経たからこそ辿り着いた集大成でもあり、新しいThe Mirrazが形になったアルバムに感じました。

畠山:ずっと聴いてくれてる人はそういう印象を持ってくれると思います。確かにThe Mirrazは今まで何度も公言してきたようにArctic Monkeysの影響で始めたんですけど、ただ単純に音楽性を真似したわけじゃなくて、ああいうバンドが当時日本にいなかったからかっこよかったのも大きいんですよ。そうやって活動をしていく中でThe Mirrazをどう確立していくか考えながらやってきたんです。それで僕等を初めて聴く人のためにも今回のアルバムはメジャーの1stアルバムっていうこともあって、今までを振りかえったような集大成的なアルバムにもなってるし、そこから更に進化したアルバムにもしたかったんです。結果、今までの良い部分と、新しい部分が上手く混ざったアルバムになったと思っていますね。


Q.確かに今までの経緯があったからこそ生まれたアルバムですよね。The Mirrazは色んな時期があって、例えばJ-POPに寄った時期もあったじゃないですか。あの時期があったからこそまた攻撃的な作品になったような気もしました。

畠山:そうですね。あの時期がしっかりと土台になっているからこそ、今作は今までで一番攻撃的な作品になったと思います。今までのアルバムって、その後もライブでやり続ける曲って所謂推し曲やシングルだったんですけど、今回のアルバムは推し曲じゃなくてもずっとライブでやっていきたい曲が多いんですよ。音楽的にかっこいいことが出来たから満足度が物凄く高いアルバムが出来たんです。やりたかったことがちゃんと実現できた感じはありますね。


Q.あと日本のメジャーシーンって、海外のバンドと同時進行なロックバンドってあまりいないと思うのですが、The Mirrazはそこを思いっきり意識していますよね。

畠山:意識していますね。まあ海外と同じことをやる必要ないのかもしれないし、日本の時代性を考えたら今流行っている音楽も理解出来るんですけど、やっぱり僕はかっこいい音楽がランキングに入っていて欲しいんですよ。それが僕にとって洋楽の雰囲気だったりするんですよ。


Q.それはホームページやミュージックビデオにも表れていますよね。

畠山:色使いや細かい部分まで思いっきり意識しています。単純にかっこいいと思うし、ロックがかっこいいことを自分達を通して見せたいんですよね。


Q.それってThe Mirrazの役目ですよね。やっぱり男の子が憧れてバンドを始めたくなるような存在のバンドが必要だと思うんですよ。The Mirrazはそういうバンドだと思いますし。

畠山:僕も音楽をやってきて憧れの存在はいたし、今は僕がそういう存在にならなきゃいけないって思っています。そのためにThe Mirrazはメジャーに…というかEMIに来たので。


Q.確かにメジャーデビューをきっかけにThe Mirrazを知った人も多いと思います。それでシングル「僕らは/気持ち悪りぃ」「傷名/うるせー」がラジオやTVで流れたときに物凄い破壊力があると思うんですよ。でもそういうことなんだなって思ったんです。

畠山:はい。こんなバンドが日本にいるんだって知って欲しかったし、やっぱりThe Mirrazにしか出来ない曲をシングルにしたかったんですよね。僕等の音楽って、現行の洋楽を吸収して日本語で作り直すっていう手法でずっとやってきたんですけど、ギターのリフや言葉数の多さやビート感の新しさがThe Mirrazの武器だと思うんですね。そこを突き詰めたのが「僕らは」だったんです。僕らにしか作れないものを提示しないと存在する意味すらないと思うくらい突き詰めましたね。


Q.ダークだし、ソリッドだけど、物凄くポップなのがThe Mirrazの面白い部分ですよね。

畠山:ああ、そこは意識していますね。ダークでソリッドなだけでは、もしかしたら人の心に届かないかもしれないけど、ちょっとしたバランス感でダークなものがかっこよくなるし、それがハマったときにキャッチーになるんですよ。それでアルバムはそこから発展させて作ろうとしたんですけど「僕らは」を超える曲を作ろうとしても中々出来なかったんです。それで何が正解か考えたときに、「僕らは」が出来た時みたいに自然な流れで出来たものを選んでいこうと思ったんです。


Q.それがアルバムタイトルに繋がるんですね。

畠山:はい。これまで音楽を作るうえで僕は自分が音楽を選んでいると思っていたんですよ。でもこのアルバムを作っていく過程で音楽が自然と近寄ってきた感覚が割とはっきりあって。それで音楽が生まれる理由や、もっというと人間が生まれる理由について考えるようになったんです。それで僕の願望も含めて「選ばれてここに来たんじゃなくて、選んでここに来たんだ」っていうタイトルにしました。まあ色んな解釈が出来るとは思うんですけどね。


Q.メジャー第1弾アルバムとして最高のアルバムになりましたね。

畠山:そうですね。音楽的にもサウンド的にも本当に満足しています。メジャーからのリリースなので初めてThe Mirrazを聴いてくれた人には是非ライブにも来て欲しいし、生で体験してほしいですね。あと今までThe Mirrazを聴いてくれていた人はきっと感じてくれると思うのですが、バンドの進化がはっきりとわかる作品になったと思います。僕はとどまらずに常に変化したい願望があるので次はどうなるかわかりませんが現段階では本当に納得いく作品が出来ました。ライブでも是非聴いて欲しいです。

 

【HPアドレス】
http://the-mirraz.com/

アルバムジャケット

The Mirraz
NEW ALBUM
選ばれてここに来たんじゃなく、選んでここに来たんだ

NOW ON SALE

[CD+DVD+GOODS]<初回限定スペシャルBOX盤>
5555円 TOCT-29107
[CD+DVD]
3500円 TOCT-29108
[CD]
2800円 TOCT-29109

選ばれてそこに行くんじゃなく、選んでそこに行くんだツアー

2013年4月6日(土)神奈川県 横浜BLITZ
2013年4月11日(木)香川県 高松DIME
2013年4月12日(金)高知県 高知X-pt.
2013年4月14日(日)京都府 京都磔磔
2013年4月17日(水)静岡県 浜松窓枠
2013年4月19日(金)岡山県 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2013年4月20日(土)広島県 広島ナミキジャンクション
2013年5月3日(金・祝)北海道 帯広REST
2013年5月4日(土・祝)北海道 札幌CUBE GARDEN
2013年5月17日(金)愛知県 名古屋CLUB DIAMOND HALL
2013年5月19日(日)福岡県 福岡BEAT STATION
2013年5月23日(木)石川県 金沢VanVanV4
2013年5月24日(金)新潟県 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2013年5月30日(木)宮城県 仙台CLUB JUNK BOX
2013年6月1日(土)岩手県 盛岡CLUB CHANGE
2013年6月2日(日)青森県 青森QUARTER
2013年6月9日(日)大阪府 大阪BIG CAT
2013年6月15日(土)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993