PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
MISTY
2006年12月に愛知県安城市にて結成されたメロディックパンクバンドMISTY。結成当時は3ピースだった彼らは2011年4月にシングル「This is a gift for you.」をDAYDREAM RECORDSから、2011年9月にミニアルバム「your story,my story」をWE LOVE RECORDSから発表、地元ライブハウス夢希望でのワンマンを成功させるなど着実にステップアップしてきた。その後メンバーチェンジや上京を経て、2013年2月、ミニアルバム「Dream and Hope」をなんとTRUST RECORDSからリリースする。 4人になり、環境も変わり、大きく成長した彼らの全てが込められた全8曲。是非体感して欲しい。

Q.地元は安城なんですよね。

SHINJI:はい。夢希望っていうライブハウスで活動していました。最初はコピーバンドだったんですけど、とにかくライブがどんどん決まっていくので活動が途切れなかったです(笑)。その流れで自然とオリジナルもやるようになっていきました。


Q.2011年に「This is a gift for you.」でデビューした経緯は?

SHINJI:ジャンル関係無く活動したかったので、メロディックパンクバンドのいないDAYDREAM RECORDSに誘ってもらったことをきっかけにシングルを出すことにしました。


Q.音源を出してバンドの状況って変わりました?

SHINJI:シングルのときよりWE LOVE RECORDSから出したミニアルバム「your story,my story」のタイミングで状況の変化は感じましたね。あのミニアルバムがバンドを知ってもらうきっかけになったと思います。


Q.上京したのはその頃ですか?

SHINJI:そうですね。当時のレーベルから「覚悟を決めてバンドをやるなら上京してこい。」と言われて。それでメンバーで話し合って上京を決めました。


Q.メンバーチェンジは上京前ですか?

SHINJI:はい。KASHIWAGIと Low4が加入して4人揃って上京しました。


Q.東京に出てみてどうですか?

KASHIWAGI:単純に人が多いですね(笑)。

SHINJI:歩いてるとそこらじゅうにギターを持った人が歩いてますからね(笑)。あと毎日どこかで知ってるバンドがライブをやってるっていう。東京でツアーファイナルをやるバンドって多いじゃないですか。そういう大事なライブに遊びに行けるのも嬉しいですね。


Q. MISTYは所謂メロディックパンクだと思いますが、みなさんのルーツはどういう音楽ですか?

SHINJI:実はバラバラなんですよ。僕はバンド系じゃなくてキロロが好きでした。メロディックパンクはバンドを始めてから聴くようになりましたね。そもそもギターとベースの違いも分かりませんでしたから(笑)。

KASHIWAGI: 僕は青春パンクですね。どっぷりでした。

SHINJI:ギターのLow4はスクリーモ、ドラムのCAMAはメロディックパンクが好きですね。


Q.メロディーが綺麗なのはキロロの影響だったんですね。

SHINJI:そうなんです(笑)。


Q.今作をTRUST RECORDSからリリースすることになったのは?

SHINJI:TRUSTの綿さん(綿谷:TRUST RECORDS)とご飯を食べる機会があって、レーベルのことやリリースタイミングのことなど色々相談に乗ってもらったんですよ。そしたら綿さんが「力貸すよ。」って言ってくれて。それでお願いすることになりました。


Q.「Dream and Hope」というタイトルにはどういう意味が?

SHINJI:夢と希望で夢希望なんですよ。安城にいる頃はずっと夢希望でやっていたしスタッフさんにも本当にお世話になったんです。まさに僕らのホームなんです。東京に出てからは中々夢希望でやれなくなってしまったんですけど、安城と夢希望が好きなのをアルバムタイトルで表したかったんです。東京で活動していても、安城出身ってことは忘れないようにしたいですね。


Q.アルバム全体からバンドのポテンシャルの高さを感じました。新メンバーの加入も大きいと思いますが音の厚みが増しましたよね。

SHINJI:やっぱり3人の頃はシンプルなギターしか弾けてなかったと思うんですよ。でもリードギターが入ったことで随分変わったと思います。


Q.M-3「angel of your eye」のイントロなどかなりインパクトありますよね。

SHINJI:あのイントロはLow4の個性がよく出ていますね。彼のギターが入ったことで僕は前よりも歌に集中できるようになったのもバンドの変化だと思います。


Q.M-5「Dream and Hope」は日本語詞ですが前作も「きっと」という曲が日本語詞でした。共通して意識することはありますか?

SHINJI:アルバムに1曲、日本語詞の曲があることでアクセントになると思うんですよ。僕は日本語の言い回しが下手なので1曲くらいが調度良いのかもしれません(笑)。たぶん「あなたのことが好きです」くらいの簡単な歌詞しか作れないと思います(笑)。でも挑戦はしていきたいですね。


Q.M-8「Wish」はピアノが効果的に入ることで疾走感や甘酸っぱさが増しますね。

SHINJI:ピアノはI-RabBitsのイノさんに弾いてもらいました。プリプロでその場のノリでピアノを弾いてみたら凄く良くて(笑)。僕はやっぱりピアノが好きですね。ピアノを取り入れることもそうですけど、バンドとして枠に捉われずいろんなことに挑戦したいです。


Q.改めてご自身にとってどういうアルバムになりましたか?

SHINJI:聴き所の多い素晴らしい音源になったと思います。

KASHIWAGI:僕は始めての音源なので、夜の公園でひとりアルバムを聴きながらビール飲んだりしてます(笑)。

SHINJI:今年はアルバムのツアーをがっつり頑張って、また夢希望でバシッとワンマンをやりたいですね。それが「Dream and Hope」のゴールですから。

 

MISTY:
KASHIWAGI(Ba.cho)  SHINJI(Vo.Gt)  CAMA(Dr.cho)  Low4(Gt)


【HPアドレス】
http://www.misty-official.com/

アルバムジャケット

MISTY
NEW ALBUM
Dream and Hope
RCTR-1020

NOW ON SALE

1680(tax in)

LIVE SCHEDULE

3月19日@栄R.A.D
MISTY "Dream and Hope" Release Party
MISTY / GLORY HILL / and more...
4月4日@栄R.A.D
MISTY "Dream and Hope購入者特典アウトストアライブ"
※MISTY 2nd Mini Album "Dream and Hope"をTOWER RECORDS(名古屋パルコ店/近鉄パッセ店/熱田店/大高店/東浦店)にてご購入でライブ招待券プレゼント。

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993