PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
NOA
THE NINTH APOLLOからの刺客、NOAが待望の2nd アルバムを発表する。2011年末にリリースした1stアルバム「picture book」が多くのキッズに支持を受け瞬く間にシーンの中心に躍り出た彼ら。2012年はフジロックのルーキーステージ、FREEDOM NAGOYA2012など数々のフェスにも出演を果たすなど、大阪 シーンのみならず日本中で大注目されるバンドに成長した。そして更なる飛躍を見せた今作「picture diary」は、バンド史上初の日本語曲を収録するなどNOAの新しい魅力も垣間見ることが出来る。聴く者の心に刺さるエモーショナルな楽曲に涙腺崩壊。NOAの快進撃はまだまだ続く。

Q.NOA結成の経緯から聞かせて下さい。

アキ:2008年に僕とニシウラシュンスケとサポートドラムで結成しました。当時バンドを組めてなかった僕らは、とにかくライブがしたくてサポートドラムでもライブができたらいいやーって感覚での企画バンドみたいな感じでした。で、本気で活動したくなったんで正式メンバーのドラムを探して友達のバンドに紹介してもらい、現ドラムのイシザカユウが加入しました。


Q.NOAの楽曲は所謂メロディックパンクやエモの影響が強いと思うのですが、それだけじゃないバックボーンを感じます。みなさんのルーツやバンドを始めたきっかけを教えて下さい。

ニシウラ:僕はBUMP OF CHICKENばっかり聴いてました。

ユウ:僕は中3の文化祭きっかけでバンドを始めました。その時にRANCID、GREENDAY、blink182、zebraheadとかをやっていたのでルーツは洋楽になりそうです。西海岸って言ってたら何とかなると思ってました(笑)。あとhideが大好きです。

アキ:僕はくるりの「東京」とASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ループ&ループ」のイントロが弾きたくてギターを始めました。そこから地元の友達と、生まれて初めて組んだバンドが、BEAT CRUSADERSとHI-STANDARDとKen Yokoyamaのコピーバンドでって感じです。日本人の作るメロディが好きです。


Q.2011年末のリリースされたデビュー作「picture book」は大きな反響があったと思いますが、去年はどんな年になりましたか?

ユウ:僕は負けたくない人ばっかりがどんどん増えました。

ニシウラ:レーベルに所属したこと、CDをリリースしたこと、フジロックルーキーステージに出演させてもらったこと全部いい経験になりました。

アキ:今までではありえなかった景色を沢山観れた1年でした。知らない土地にも待っていてくれてる人がいるし、まだまだ立てるはずなかったステージに立てたり、いつでも身の丈に合ってない様に感じて、物凄くプレッシャーでした。それでもやらなきゃいけないし、やりたいし、早く理想に近づきたいって、葛藤しまくってた1年でした。でも、どれだけ続けてもそれはあんまり変わらないと思うので、そういう場所にいれる事にはいつも感謝してます。


Q.今作「picture diary」はジャケットやタイトルからも前作と繋がっているように思うのですが、どういったコンセプトなのでしょうか?

ニシウラ:これまでのことを絵日記に綴った感じです。

アキ:前作との繋がりは、そんなに深い意味はないです。そのままですが「picture book」は絵本の様なアルバム、「picture diary」は絵日記の様なアルバムにできたと思います。


Q.今回のアルバムはNOAの世界観を突き詰めつつも新しいことへの挑戦のような作品に感じました。例えば日本語詞の導入もそうですが。

アキ:どうせ作るなら新しい事をしたいなって感じです。3枚目も、それ以降も、新しい事をしていきたいなと思ってます。日本語詞はもともといつかはするつもりでした。

ニシウラ:アキが日本詞だと自然ですよね。だから日本詞の導入は自然な流れだと思います。


Q.NOAが歌詞で伝えたいことはどのようなことでしょうか?

ニシウラ:僕はリアルです。

アキ:僕の歌詞は本当に私的な内容がほとんどなので、特にこれが伝えたいってモノは無いです。受け取った人がその人なりに感じてもらえたらいいなと思います。


Q.2013年はどのような活動になりそうですか?

ニシウラ:引き続きいろんな世界を見たいです。

アキ:ツアー、ライブでいつの間にか一年が終わってそうです。いろんな場所と、いろんな人の前でライブできるバンドになりたいです。


Q.最後にご自身にとってどういうアルバムになったか、リスナーへのメッセージを含め聞かせて下さい。

イシザカ:大人になったのか、なってないのかみたいなイメージのアルバムになりました。19歳から20歳みたいな。ドラムの話です。よく分からないですが。とにかく凄く良いので聴いて欲しいです。

ニシウラ:普段見れない人の日記を読んでみてください。ありがとうございました。

ツモト:本当に日記の様で、曲を作った時や、その周辺にあった当時の想いが、リアルに思い出されるアルバムになりました。ネガティブな表現が多いとは思いますが、痛みを忘れずに、今あるモノの輝きをより一層引き立てられるアルバムにでもなれたらな。と思います。前作同様、アートワークも頑張ったので、CDとして手に取ってもらえたら嬉しいです。

 

NOA:
ツモトアキ(Vo、Gt) ニシウラシュンスケ(Vo、Ba) イシザカユウ(Dr)


【HPアドレス】
http://05.mbsp.jp/noa/

アルバムジャケット

NOA
NEW ALBUM
picture diary
TNAD-0037

2013/3/6 ON SALE

1800円

LIVE SCHEDULE

3/1(金)東京 高田馬場clubPHASE
3/2(土)新潟 上越EARTH
3/6(水)大阪 心斎橋新神楽
3/16(土)東京 新代田FEVER
3/19(火)岩手 宮古古COUNTER ACTION
3/20(水)岩手 大船渡FREAKES
3/21(木)宮城 石巻BLUE RESISTANCE
3/23(土)愛知 名古屋APOLLO THEATER
3/24(日)大阪 心斎橋FANJ twice

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993