PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
04 Limited Sazabys

04 Limited Sazabysが2年9ヶ月振りとなるミニアルバム「sonor」をリリースする。会場限定シングル「ANNTENA」で垣間見ることが出来たバンドの進化は今作で更に加速。大胆に取り入れられた日本語詞、圧倒的な個性を放つGENのハイトーンボイス、これまた個性的なRYU-TAのダミ声コーラス、メロディック・パンクの枠を大きく超えた表情豊かな楽曲達。とにかく全てにおいて大きくレベルアップしている。ツアーに次ぐツアーで培ってきた経験が如実に表れた待望のアルバムを是非自由な解釈で聴いて欲しい。

Q.2年9ヶ月振りのアルバムですが、率直な感想を聞かせて下さい。

GEN:いやあ、滅茶苦茶嬉しいですね。レコーディングが終わって出来上がった瞬間は物凄く感慨深かったです。

RYU-TA:自分達で聴いても「かっこいい!!」ってテンションが上がるアルバムになりました!


Q.前作からの2年9ヶ月はどのような期間でした?

GEN:とにかくライブをしていましたね。「Marking all!!!」をリリースしてからの1年は曲も作らずにひたすら終わりのないツアーをしていました。その後、前のドラムが抜けて今のメンバーになったんですけど、やっぱりメンバーが変わるとバンドも変わるのでまたひたすら武者修行的なツアーに出て。KOUHEIは前のドラムと比べて格段と上手いんですけどバンドで合わせたときのグルーヴはやっぱりゼロからのスタートだったので。

KOUHEI:最初は合わなかったね。

GEN:だからこの期間でまた新しいスタートを切ったようなイメージですね。


Q.その期間で経験したことや培ってきたことがこのアルバムには詰め込まれていますよね。物凄く進化していると思います。

GEN:ありがとうございます!

RYU-TA:前とは全然違うバンドみたいですよね(笑)。


Q.まず日本語の曲が増えましたよね。

GEN:そうですね。

RYU-TA:まずそこですよね。聴いた印象もガラッと変わりますし。

KOUHEI:日本語で歌うことを僕らも知らなかったですからね(笑)。レコーディングのときに「え!日本語なの?」って(笑)。


Q.日本語で歌おうと思ったのは?

GEN:特別な理由があるわけじゃないんですけど、曲を作っててメロディーが浮かんだ時点で日本語で歌ってたんですよ。思いついたことを思いついたままに自由に歌ったら今作は日本語が増えたっていう感覚です。なので日本語で伝えたい特別なメッセージがあるとか、そういうのでもないんですよね。日本語ってカクカクしてるじゃないですか。そのカクカク具合がメロディーの邪魔にならないようにメッセージ性よりも韻やリズムを重視して書きました。


Q.メンバーは日本語になったことはどう受けとめましたか?

KOUHEI:僕は前から日本語にしたかったんですよ。でもGENに言うと「無理でしょ」って言われ続けて(笑)。でも今作で日本語を取り入れるようになって、無理とか言ってたくせに凄く良い歌詞を書くんですよね。レコーディング中に歌詞を呼んで「こんな歌詞が書けるんだ!」ってびっくりしました(笑)。

HIROKAZ:僕はメロディック・パンク育ちなので前は英語に拘りがあったんですよ。でも時が経つに連れ、日本語も受け入れることが出来るようになってきたし、GENが書く歌詞も凄くバンドに合ってるなって思ってます。

RYU-TA:かっこ良ければ日本語でも英語でもOKです!


Q.日本語だけど英語っぽく聴こえのも面白いですよね。

GEN:そこは意識していますね。ラブ・サイケデリコとか、日本語を英語みたいに歌うじゃないですか。あれが凄く気持ちい良んですよね。だから僕らも気持ち良い部分を攻めたいなって(笑)。

RYU-TA:やらしい感じでね(笑)。


Q.日本語と英語の使い分けとかはしているんですか?

GEN:特にしてないですね。速い曲は英語のほうがかっこいいかなくらいです。無理して日本語を乗せてかっこ悪くなったら意味がないですからね。その時思いついた方で歌ってます。


Q.シフトチェンジというよりは武器が増えた感覚かもしれませんね。

GEN:そうですね。そのイメージが強いです。あと仮のメロディーの時点で言葉が乗ってるので歌詞を書くのも早くなりました。


Q.アルバムタイトル「sonor」はどういう意味ですか?

GEN:前に出したシングル「ANTENNA」と関連しているんですけど、バンドをやっていて色んな人と出会って友達や仲間が増えて行く中で、出会うべくして出会ったなって思う瞬間が多々あって。アンテナが合っちゃう感じというか。同じ価値観だったり、共感出来ることが多かったり。類は友を呼ぶじゃないですけど。前はそれを「ANTENNA」と表現したんですけど、今回は引力というか、似た者同士は引き寄せられるんじゃないかっていう発想から月をイメージして「sonor」と名付けました。


Q.アルバムの幕開けを飾るM-1「Now here, No where」はいきなり全編日本語で驚く人も多いと思います。

HIROKAZ:確かに何も知らずに聴いたらびっくりすると思います(笑)。

GEN:この曲はレコーディング直前に出来上がった曲なんですけど「これが今の04 Limited Sazabys!」て曲になりました。


Q.「Now here, No where」からM-2「Remember」の流れはグッときますね。新しい04 Limited Sazabysと昔からの04 Limited Sazabysが繋がる瞬間というか。

GEN:まさに。新しい僕らの顔と昔からの僕らの顔の繋がりを上手く表現出来たと思ってます。

RYU-TA:この2曲は違うベクトルだけど、同じ勢いでやれてることが伝わると思いますね。


Q.M-3「Do it Do it」はシンプルなかっこ良さがありますね。

GEN:バンドを始めた頃は足し算とか掛け算ばかりだったんですけど、最近引き算も覚えたんですよね。それでこの曲はシンプルにしたいなって。


Q.シェイプアップしたうえで勢いを増すみたいな。ミニ四駆の軽量化みたいな。

GEN:ミニ四駆!

RYU-TA:メッシュ加工ですね(笑)。

KOUHEI:詰め込むのは簡単なんですよ。でもこの曲は表情で聴かせるドラムを叩くのを意識したので試行錯誤しましたね。

HIROKAZ:結果、シンプルにまとまって良かったです。


Q.M-4「Lost my way」とM-5「imaginary」は日本語と英語のバランスが面白いですね。

GEN:「Lost my way」は最初は英語で歌ってたんですよ。でもふいに日本語を歌ってみたら気持ち良くて。

KOUHEI:僕は日本語で歌ってることに気が付かなくて。歌詞が日本語なのはTwitterで知りましたからね(笑)。


Q.Twitterで?

GEN:ライブで見て日本語だって気付いたお客さんがツイートしてて。

KOUHEI:そのツイートを見て僕が知るっていう(笑)。

GEN:「imaginary」は個人的にアルバムの中でも凄く好きな曲ですね。サビ終わり、間奏、Cメロがとにかく最高です。泣けます。自分で歌っていてもグッときます(笑)。


Q.M-6「MONSTER」はRYU-TA君の歌に僕は興奮しました。

RYU-TA:まじですか!


Q. RYU-TA君の歌は僕の中でTHUMBなんですよ。「Remember」で聴けるRYU-TA君の歌は初期のTHUMBだと思うんですけど、「MONSTER」のRYU-TA君は「EVEN SO」なんですよね。

HIROKAZ:それやばい!!

GEN:EVEN SOきた!!

RYU-TA:最高です!嬉しすぎます(泣)。

HIROKAZ:そう言われたらそうですね。ひとりTHUMB(笑)。


Q.RYU-TA君の歌というかコーラスは完全に武器ですよ。それをちょい出ししてくるのがまたやらしい(笑)。

RYU-TA:ありがとうございます。みんなが僕に歌わせてくれたから出来たことなので感謝です。また歌いたいです。

GEN:あるのかなあ?ないのかなあ?(一同爆笑)


Q.M-7「compact karma」は先程GEN君が言ってたようなまさに韻とリズムに重点を置いた面白い楽曲に感じました。

GEN:そうですね。この曲は完全にリズム重視です。人間以外に向けて書いたラブソングです。

HIROKAZ:これは歌詞が面白くて。聴く人によって色んな捉え方が出来ると思うので聴いて楽しんで欲しいですね。

GEN:受け手が自由に解釈してくれたら嬉しいです。


Q.アルバム最後の「Sleepwalking」はどういう曲ですか?

KOUHEI:最初は故郷に対して歌詞を書くってGENが言ってたんですけど、出来上がったら…。

GEN:故郷は一切関係なくなりました(笑)。メロディーも随分変わったし。

RYU-TA:これが一番古い曲なんですよ。

GEN:温めて温めてやっと形になりました。


Q. 04 Limited Sazabysは色んなことを試しながら進化していますよね。だから今回のアルバムもゴールじゃなくて、過程だと思うんですよ。だからいつか振り返ったときに、ひとつのターニングポイントのような作品だと感じると思いました。

GEN:そんな気がします。ジャンルにこだわらず自由に色んなシーンでやりながら刺激を受けていきたいと思っています。

HIROKAZ:どこか吹っ切れた感じはありますね。

KOUHEI:自分達らしさはしっかり残しつつ次のステップに行けたと思ってます。色んな人と出会いたいし、色んな人から吸収したいです。

RYU-TA:僕は難しいことは考えずにとにかく聴いて発散出来るアルバムになったと思っています。

GEN:思いついたことを素直にやればそれが04 Limited Sazabysなんですよ。だから聴いてくれる人も自由に聴いて欲しいです。僕らは気持ちいいと思ったものをどんどん発信していきます。


04 Limited Sazabys:
RYU-TA(Gt、Cho)  KOUHEI (Dr、Cho)  GEN(Vo、Ba)  HIROKAZ(Gt)


【HPアドレス】
http://www.04limitedsazabys.com/

アルバムジャケット

04 Limited Sazabys
NEW ALBUM
sonor
NBDL-0005

2013.05.15 RELEASE

¥1,890

04 Limited Sazabys presents 2nd mini Album『sonor』リリースイベント

06.01(土) 栄R.A.D
OPEN 17:30/ START 18:00 ADV \2,000/ DOOR \2,500
act : 04 Limited Sazabys / SHIT HAPPENING / SAY MY NAME. / SMASH UP

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993