PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
BUNS RECORDS

名古屋に新たにインディーズレーベルが誕生した。その名もBUNS RECORDS。4stepsでドラムをドカドカ叩くながさきまこと氏とTHE SWiTCHERSでワーワー歌うサカイショウイチが、対バンをきかっけに共鳴し、酒を交わし、意気投合、ついには共同でレーベル発足にまで至ったという。さっそく2YOUはBUNS RECORDSの2人を訪ねた。今回は、彼らが尊敬してやまないという名古屋のインディーズレーベルnodevansRecordsフミ氏、RECORD SHOP ZOOオーナーKazoo氏を迎え、対談形式で新鋭レーベルBUNS RECORDSに迫りたいと思う。

Q.レーベルをやろうと思ったきっかけを教えて下さい。

まこと:もともとショウイチがやってるTHE SWiTCHERSと東京のJUNK FOOD PANICが「スプリットを出したいね」って話をしてたんですよ。それで僕も何か手伝えないかって思ってたんです。だったらレーベルをやるのが早いだろうって。

ショウイチ:僕らの音源を色んな人に聴いてもらうためにレコード屋さんにCDを置いてもらうにはどうしたら良いのか、全く分からなかったのでまことに相談したんです。まことはTRUST RECORDSを運営しているRADで働いてるから詳しいだろうと思って。

まこと:それでTRUSTの綿谷さんに相談して僕もレーベルをやることになったんです。


Q.2人でレーベルをやることになったのは?

ショウイチ:僕はGOING STEADY、銀杏BOYZが大好きだったので、安孫子さん(銀杏BOYZ)と角張さん(カクバリズム)がやってたSTIFFEEN RECORDSに憧れてたんです。友達2人でレーベルをやるのが楽しそうだし僕も音源を出すならそういうレーベルがいいなって。それでまことと一緒にやれば絶対に面白いと思ったんです。

カズー:かっこいいこと言ってるけど本当はTHE SWiTCHERSがどこのレーベルからも声がかからなかっただけでしょ?(笑)。

ショウイチ:それ内緒のやつです!(一同爆笑)


Q.ワハハハ。では2人はどうやって出会ったのですか?

まこと:僕が働いてるライブハウスにTHE SWiTCHERSが出た時にライブを見てかっこいいなって。それで僕のやってる4stepsと一緒にやるようになって仲良くなりました。.

ショウイチ:この2バンドは始めた時期も一緒なんですよ。

まこと:バンド同士の絡みも多くなって、飲みにいくことも増えて。気付いたら滅茶苦茶仲良くなってました(笑)。

ショウイチ:最初は具体的に「レーベルをやろう」って話をしてたわけじゃないんですけど、その頃から漠然と何か一緒にやろうって話はしていましたね。

まこと:「名古屋で大きいことしたいな」ってね。それがレーベルになったって感じです。


Q.まこと君はRADで働いていますが、TRUSTじゃなくて自分でレーベルをやろうと思ったのは?

まこと:自分の責任でリリースしたいって思ったんですよ。TRUSTに頼らず自分でやりたいっていう意識が強かったんです。身近にTRUSTがあるから学ぶことは多いんですけど、だからこそ負けたくないと思ってます。打倒TRUST RECORDSです(笑)。

ショウイチ:名古屋には良いレーベルが沢山ありますからね

まこと:僕はANGRY NERDや明日、照らすが好きなんですけど、そういうバンドをリリースしているnodevansやONE BY ONEってレーベルが名古屋にあるのは嬉しいですよね。僕らもその一員に加わりたいです。

フミ:本当に?(笑)

ショウイチ:本当ですよ!僕は2009年の8月にWATER CLOSETの企画でANGRY NERD、NOT REBOUND、MUGWUMPS、SEVENTEEN AGAiNが出てるライブをHUCK FINNに見に行ったのがきっかけでもあるんですよ。その企画を見てブチブチにブチ上がって。

フミ:そうなんだ。でもあの日はWATER CLOSETじゃなくて僕の企画だよ(笑)。

ショウイチ:すいませんでしたぁ!(一同爆笑)

フミ:いやいや、全然大丈夫だけど(笑)。


Q.その日がきかっけになったというのは?

ショウイチ:そのライブでブチブチにブチ上がって、家に帰ってすぐHUCK FINNに手紙を書いたんですよ。

フミ:手紙?

ショウイチ:「今日の企画で衝撃を受けたのでHUCK FINNでライブをさせて下さい」って書きました。当時はザ・シュリンプってバンドだったんですけど、それまでは地元の岡崎カムホールでしかライブはやってなかったんですけど、それきっかけでHUCK FINNや名古屋のライブハウスに出るようになったんです。

フミ:そうなんだあ。あの企画でそんなにブチ上がってくれてたなんて(笑)。

ショウイチ:ぐっちゃさん(ANGRY NERD)がフルチンでライブやってたので、ライブハウスはチンコを出して良いんだって思いました。(一同爆笑)

フミ:それはNOT REBOUNDの影響だよ(笑)。

ショウイチ:でもチンコがかすむくらいかっこいいライブだったんですよ。それで一緒にやりたいなって思ってたら、THE SWiTCHERSの初ライブがANGRY NERDと一緒だったんですよ!

カズー:Pelotanのレコ発だよね?その日、俺もDJで出てたよ。

ショウイチ:そうですよね。その日の打ち上げでヤゴさん(ANGRY NERD)に言われた一言が僕はずっと忘れられなくて。

フミ:なんて言われたの?

ショウイチ:「おまえら客に何言われても先輩に何を言われてもブレんじゃねえ」って言われたんですよ。

フミ:今、ヤゴちゃん、ブレブレだよ。(一同爆笑)


Q.nodevans周辺からの影響は大きそうですね(笑)。

ショウイチ:勿論です!地元にこういうパイセンがいるのは励みになります!

カズー:ちょっと馬鹿にしてるでしょ(笑)。

フミ:だよねえ(笑)。

ショウイチ:馬鹿にしてないですよ!パイセンはお手本だけど、簡単にお手本にしちゃいけない存在というか。励みになるし、頼りになるパイセンなんですけど、「俺を頼ってくんじゃねえ」って気迫も感じるんです。

フミ:俺、気迫なんかゼロじゃない?(一同爆笑)

カズー:勝手にショウイチが思ってるだけでしょ(笑)

ショウイチ:そうかもしれないですけど僕は感じてるんですよ。

フミ:適当だなあ(笑)。


Q.ZOOとはどういう付き合いをしているのですか?

カズー:3割増しで言うんだぞ(笑)。

まこと:僕は4stepsでよくカズーさんのイベントに誘ってもらったり、個人的にもお店で色んな音楽を教えてもらったりしています。CDを買うのも楽しいんですけど、買う予定がなくてもお店に寄って音楽の話をするのも凄く楽しいです。今度は自分達で作ったCDが並ぶと思うと嬉しいですね。

カズ―:(小声で)中古が安いって言っといて。

まこと:え?あ、中古が安いです。(一同爆笑)


Q.まこと君もショウイチ君もバンドをやりながらのレーベル運営ですが。

ショウイチ:そこは完全にSTIFFEEN RECORDSの影響というか。現場に一番近いのはバンドマンだと思うんですよ。まだ誰も知らないようなバンドと僕らは最初に対バンで知り合えるから、そこで出会ったかっこいいバンドをレーベルでリリースできたら最高だなって。

フミ:でもそれが自然なことだよね。レーベルにしろイベントにしろ、昔は今よりもっとバンド主体だったもんね。

まこと:今はバンド企画が少ないですよね。イベンターさん企画の方が圧倒的に多い気がします。

フミ:昔はバンドが企画するのが当たり前だったからね。よく「誘って下さいよ」って言われるけど「何で自分達でやらないの?」って思うこともある。だからバンドマンが動いてレーベルをやるのは凄く良いと思うよ。俺はバンドが決めたことをサポート出来ればいいかなって。ANGRY NERDみたいに中々動かないバンドはケツ叩くけどね(笑)。

ショウイチ:勉強になります!

フミ:やめてよ(笑)。


Q.レーベルとして今後の予定はありますか?

まこと:まずはTHE SWiTCHERSとJUNK FOOD PANICKのスプリットをしっかりリリースしたいです。あとは僕たちがかっこいいって思えるバンドを集めたコンピレーションを出したいですね。


Q.スプリットやコンピレーションを最初にリリースする辺りもnodevansやSTIFFEENやI HATE SMOKEと似ているのかもしれませんね。

フミ:そうだね。

カズ―:基本的な質問なんだけどさ、スプリットがTHE SWiTCHERSと4stepsじゃないのはなんで?。

まこと:一緒にされるのが僕の中ではちょっと違うかなって。仲も良いからスプリットを作るって発想は頭の中にあるんですけどまだ今じゃないかなって。

ショウイチ:あとは県外のバンドとスプリットを出すのが面白いなって思うんですよね。

フミ:ちなみに好きなスプリットってある?

ショウイチ:僕は完全にBEAT CRUSADERSとYOUR SONG IS GOODのスプリットですね。あのスプリットの影響でTHE SWiTCHERSとJUNK FOOD PANICKも共作をやってますから(笑)。

フミ:やっぱりそういうのあるよね。俺もnodevansでego trunkとMEAL!のスプリットを作ったけど、CRADLE TO GRAVEとSPRAY PAINTのスプリットに影響受けてるから紙ジャケにしたし。

ショウイチ:わかります!僕はパッケージはデジパックに拘りました。高くてびっくりしましたけど(笑)。

フミ:でも拘っている部分は高くてもやることに意味があるからね。

ショウイチ:あと帯にも燃えますね。そこは大事にしたいです。ライナーもI HATE SMOKEの大澤さんに書いてもらったのでパッケージで手に取って欲しいです!


Q.では最後にレーベルとしての意気込みを聞かせて下さい!

まこと:僕はレーベルを大きくして名古屋はBUNS RECORDSだよねって言われるくらい頑張りたいです。あとはとにかく自分の好きなバンドをみんなに紹介したいと思っています。

フミ:それ大事だよね。出したいバンドを出すっていう最初の気持ちがブレたら絶対に駄目だから。あとは2人でやっていくんだから喧嘩しないように(笑)。俺はのほほんと見えて我が強いから2人でやるのは凄いなって思う。揉めないように頑張ってね(笑)。

ショウイチ:ありがとうございます!頑張らないとね。

まこと:そうだね。気合い入れていかなきゃ。

ショウイチ:まずはこのスプリットをしっかり売ろう。

まこと:そこはカズ―さん、お願いしますよ。

カズ―:発売日から50%オフで売ろうかな。

ショウイチ:ちょっとパイセン勘弁してくださいよお!(一同爆笑)


ながさきまこと
photo
BUNS RECORDS/4steps/PARTY’Z
BUNS RECORDS代表その@。2013年3月9日に心の友サカイショウイチと共同でBUNS RECORDSを設立。名古屋を中心に活動するはちゃめちゃパンクバンド4stepsのメンバーでもある。勿論ドラム。Live&Diner Party'zで務めつつ、意を決してレーベルをスタートさせる。特技はハンバーガー作り。

サカイショウイチ
photo
BUNS RECORDS/THE SWiTCHERS
BUNS RECORDS代表そのA。2013年3月9日に竹馬の友ながさきまことと共同でBUNS RECORDSを設立。ポップでゴキゲンなオルガンパンクバンドTHE SWiTCHERSのヴォーカルでもある。相方であるながさきまこと所属の4stepsとではなく東京のJUNK FOOD PANICとのスプリットをリリースする。

フミ
photo
nodevansRecords
名古屋インディーズレーベルnodevansRecords代表。ANGRY NERD、SUPER USA!、ego trunk、meなど名古屋の良質バンドをリリースする名古屋の良心レーベル。1999年にイベントを主宰したことをきっかけに定期的にイベントを開催、2004年にVA「DO NOT REGRET」のリリースを機にnodevansRecordsを開始する。

 

Kazoo
photo
RECORDSHOP ZOO
大須RECORD SHOP ZOOオーナー。「良いものを質良く安く」をモットーにALL ROCKを中心とした70'sパンク〜メロコア、オーセンティックSKA〜ネオスカ、ネオロカ〜サイコビリー、UKインディー〜ギターポップなど、中古盤のみならず輸入盤から国内のインディーズまで独自のセレクトで展開。大須のロック番長。

JUNK FOOD PANIC
photo
http://music.geocities.jp/junk_food_panic/
東京着 GOKIGEN スウィートロックバンドJUNK FOOD PANIC。
この世にあふれる喜怒哀楽を味付けフルーティで山盛り、かつポップな目線で音欲フルチャージ。
100%無添加サウンドはあなたの日常にピリ辛スパイスをトッピング
人間臭いライブパフォーマンスとVoイソノのハスキーボイスは老若男女問わず見るものを虜にしている。

THE SWiTCHERS
photo
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=theswitcherssssss
各メンバーの持つ幅広い音楽性によってJ-Pop,Ska,Funk,Soul,Raggae,Melodick Punk,更には90’s emoなどからも色濃く影響を受けながらも一般リスナーの耳をキャッチして離さないPOPかつダンサブルなサウンドに昇華して放出しまくる愛知発のオルガンパンクバンド。見る者の心を掴んで離さないアツいLIVEパフォーマンスも特徴。一般リスナーだけではなく、対バンしてきた数々のバンド、関係者からの評価も非常に高く、東名阪を中心に幅広い場所で土日イベントに出演している。

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993