PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The ChronoHEAD
The ChronoHEADというバンドは作品毎に物凄くドラマがあるバンドだ。様々な経歴を持つメンバーから成るスーパーバンドでありながら、シングル「CURIOSITY e.p.」をあえてライブ会場限定で販売することでオーディエンスと正面から向き合ってきた彼ら。そのツアーの果てに生まれたのが今作「Hakucho The Loop」だ。ツアーで培った経験がそのままダイレクトに詰め込まれたような「これぞThe ChronoHEAD!」なバンド史上最高傑作となっている。

Q.メンバー間のケミストリーが衝動的に詰め込んだのが「LATENT FIRE」でしたし、その化学反応を確信に変えたのが「SUPERNOVA」でした。

真田:まさにその通りですよ。1作目はある意味はっきりとしたクロノヘッド像も無かったし、自分らですら分かんなかったし。でもかっこいいと思える曲が出来たらCD出してツアーやりたいじゃないですか(笑)。その後やりたいことが沢山出て来て、そのカラーが浮かび上がって来たらもうゆーいち(平山)とアイデア出まくりで(笑)。それで「SUPERNOVA」を出しました。更にもっともっとやりたいことが出て来て、それをやったのが今作っす。


Q.ベストアルバムをレンタル限定でリリースしたのも面白かったですね。

石黒:いつもレーベルのスタッフとThe ChronoHEADは衝撃的な事をしていきたいねって話してて「最初からベスト盤なら衝撃じゃね?(笑)」って(笑)。


Q.その後、「CURIOSITY e.p.」を会場限定でリリースしたのもバンドとしての成長がライブにあるからだと確信しているからだと感じました。

石黒:自分たちにとってのライブの大切さ、そして色んな場所で待っててくれる人達にまたすぐに会いに行きたいっていう気持ちから、ライブ限定盤を作りました。これも衝撃がテーマで(笑)。「SUPERNOVA」のツアーが長かったんで、その後から今に繋がる架け橋が作れて良かったって思いました。

真田:CURIOSITYはライブでやることで完成した感はありますね。

平山:クロノ以外のバンドも多少経験してきて、そしてツアーも思いっきり回り切って、ある程度ツアーバンドとして、バンドマンとして自分がどう在りたいかは今までずっと考えてきたつもりでした。でも、歳も重ねて疲弊してしまった部分もあって。でも最近しゅう(真田)がライブで言ったんです。「今年もまた僕たちは、成長する事ができませんでした」。僕達、少なくとも僕は、未だにクロノヘッドとしてリスナーに何が出来ているか分かっていません。が、一本一本のライブをするたびに、初めてギターを持ったあの日の様に、胸が熱くなります。僕にとって、きっとこの気持ちは変わっていかないし、それはメンバーがいて初めて成立する事だと思います。今年もクロノらしさ…その「らしさ」が楽曲、ライブ、ツアー、クロノヘッドを作っていくし、ずっとそれでいいのかなって僕は思います。

河合:やっぱり100時間のスタジオより1本のライブですから。演奏面だけじゃなくて、人間的にも成長させてもらってるなって思います。行く先々で、ステージ上の時間に限らず、そこにしかない場所とそこでしか逢えない人達とエネルギーを循環させて。…酷いエネルギーをぶつけてる時もあるけど(笑)。それで身体に沁みこんだものを次のライブ、新しい音源に封じ込めるんです。マニュアル本丸暗記してて、それ現場で引用してるだけじゃ通用しねーよ、みたいな考えはありますね。でも、ちゃんと成長したことと言ったら…ナビなしで運転できる場所が増えたことと、各地の美味しいもの覚えたくらい、かな(笑)。


Q.「Hakucho The Loop」というタイトルにはどういう意味があるのですか?

真田:本当は「はくちょう座ループ」って言葉なんだけど、実際に存在する言葉なんですよ。「座」のところは文字ってますけど。長くなりますよ(笑)。2万年前に、はくちょう座の星が超新星爆発(SUPERNOVA)を起こしたその残骸がはくちょう座ループっていうんですけど、別名が星の化石とも言われてるんですよ。もう存在してない星なんですけど、その空間にはまだまだそのSUPERNOVAの余韻みたいなのが存在してて、もう死んで存在しない星なのにまだ存在してるような、それを天文学者たちは未だ研究し続けてるんですよ。死んでもなお輝く星みたいな。超かっこよくないですか(笑)今話したはくちょう座を人に置き換えてれば、意味は完成です。


Q.今作もライブ感のある作品ですがThe ChronoHEADにとってライブはどのようなものですか?

真田:やっぱりLIVEを想像しながら曲を作ってるのはありますよ。だって、俺たちが作ったものや空間でどうにでも動かせる場所ですからね。夢があるとこですよ。

平山:ライブは楽しい。悪かったライブは一度も無い。地球上最強だと、常に自分達で思い続けている、スーパー勘違いバンド。それが最高に気持ちよすぎて死ねます。

石黒:ライブはThe ChronoHEADが爆発する空間、かなあー。

河合:綺麗も汚いも全部ひっくるめて、リアリティーと本性の追求。と、Liberation Of The Soul。曲と共に全てを出し切るとこです。


Q.改めてどのような作品になりましたか?

真田:いつもながら最高!

平山:いつも通り最高です。

石黒:今までで1番ライブが見える作品になった気がします!

河合:The ChronoHEADの過去も未来も見える1枚ができたかな、と思います。


Q.最後にリスナーにメッセージをお願いします!

真田:曲聴いてLIVEに来てくれたら嬉しいです!待ってます!

平山:一度耳で聴いて、目で観て欲しいです。そして、大好きか大嫌いになって下さい。

石黒:ロックに生きようぜ!

河合:難しいこととか周りのこととか何も考えずに、只々楽しんでもらえたら!!!!


【HPアドレス】
http://chronohead.jp/

アルバムジャケット

The ChronoHEAD
NEW ALBUM
Hakucho The Loop
WTCC-1005

2013年7月3日 発売

1500円

The ChronoHEAD TOUR 2013「Hakucho The Loop」

07.20 sat
新潟・上越 EARTH
07.21 sun
新潟・三条 ROCKET PINK
07.26 fri
兵庫・神戸 太陽と虎
07.27 sat
滋賀・石山 U★STONE
07.28 sun
奈良・奈良 NEVER LAND
07.30 tue
愛知・池下 CLUB UPSET
08.02 fri
山梨・甲府 CONVICTION
08.03 sat
長野・長野 LIVE HOUSE J
08.04 sun
富山・富山 SOUL POWER
08.09 fri
愛知・名古屋 MUSIC FARM
08.10 sat
愛知・岡崎 CAM HALL
08.11 sun
静岡・浜松 MESCALIN DRIVE
08.16 fri
福岡・小倉 FUSE
08.17 sat
長崎・長崎 Astro Space
08.18 sun
福岡・天神 SPIRAL FACTORY
08.23 fri
鳥取・米子 AZTiC laughs
08.24 sat
島根・松江 AZTiC canova
08.25 sun
三重・四日市 CLUB CHAOS
08.31 sat
千葉・柏 DOMe
09.01 sun
埼玉・北浦和 KYARA
09.14 sat
愛知・豊橋 club KNOT
09.21 sat
大阪・福島 2ndLINE
09.27 fri
東京・下北沢 SHELTER(ワンマン)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993