PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
CRAZY興業

名古屋バンドシーンの永遠のトップバッターことCRAZY興業が、なんとバンド結成10周年を迎えた。初志貫徹、何も変わらない(変われない)スタイルで走り続けた10年間。メンバーの脱退、バンドの浮き沈みを繰り返しながらもその下手糞な歌(褒め言葉です)を歌い続けた渡辺タツヤの説得力と言ったら物凄いものがある。それは彼らの情熱をストレートに感じることが出来るライブを見れば一目瞭然だ。今回2YOUでは10周年を記念して渡辺タツヤとバンドのマスコットキャラクターはちみつに話を訊いた。バンドがやりたいんだったら始めれば良い。簡単なことだけど簡単にいかないようなことを、CRAZY興業が改めて教えてくれるだろう。

Q.10周年おめでとうございます。

渡辺:ありがとうございます。10年バンドやってきて今が一番楽しいです。


Q.当時はどういうバンドをやろうと結成したのですか?

渡辺:LIFEBALLの日本語版みたいなバンドをやろうと思っていました。好きなバンドのフェイバリットにLIFEBALLやFRUITYって名前がよく挙がってたから聴いてみたんです。それで演奏が上手じゃなくてもかっこいい音楽は出来るんだって衝撃を受けて。


Q.それはある意味パンクの特権ですよね。CRAZY興業だって滅茶苦茶かっこいいけど滅茶苦茶下手…。あ!

はちみつ:あははは。

渡辺:今、絶対に下手って言いましたよね。(一同爆笑)


Q.いや、でもこれからバンドを始めようと思ってる子に本人の知らないどこかで勇気を与えてるかもしれないですよね(笑)。

渡辺:そうっすよ!中学生にもコピー出来るバンドを目指してるんですから。


Q.目指しているのか、それしか出来ないのかで大きく意味は変わってきますけど(笑)。

渡辺:そこは追求しないで!(笑)。でも「CRAZY興業を見てバンドを始めました」っていうお客さんが多いんですよ。10年やってきて良かったって思いますね。


Q.10年前と今で何か変わったことはありますか?

渡辺:バンドを始めた頃はお客さんをじゃがいもとしか思っていなかったけど今は一緒に歌うことを前提に曲を書いてます。その変化は大きかったですね。


Q.きっかけは何かあったのですか?

渡辺:バンドを始めて1年半くらいでメンバーが抜けたんですよ。そのときにバンドで何をやりたいのか見つめ直したんです。それでZARDくらいキャッチーな歌を作ってライブでみんなで一緒に歌いたいなぁと思うようになったんです。


Q.あの…。1年半ですか?

渡辺:はい、1年半です。


Q.初期の段階で既に変わってるじゃないですか(笑)。

はちみつ:あははは。

渡辺:初期の話です(笑)。


Q.10年やっていれば色んな時期があると思うのですが、振り返るとどんな10年でした?

渡辺:バンドを始めて、とにかく無茶苦茶やってたら、割と早い段階でお客さんが増えたんですよ。イベントにも100人くらいお客さんが来てくれてたし。でも最初にメンバーが抜けたくらいから一気にお客さんが来なくなって。またゼロからのやり直しですよね。その後は盛り上がったり落ちたりの繰り返しです。今はまた盛り上がってる時期です(笑)。


Q.最近、新メンバーが見つかったとか見つかってないとか…。

渡辺:最新情報で言いますと研究生が入りました。


Q.すいません、説明してください(笑)。                                             

渡辺:去年ベースが抜けてからずっとメンバー募集をしてたんですよ。でもびっくりするくらい応募がなくて(笑)。そんな中、たまたまライブを見てくれた子が「ライブが良かった」ってTwitterに書いてくれてて。その子のプロフィールを見たらベースをやっているって書いてあったから「ベースやってよ」って誘ったんです。当然その子もためらっていたんですけど、後日「耳コピしたからバンドで合わせたいです」ってメールが来て。それで合わせたんですけど正直、キターッ!て程でもなかったんです。でも、 光るものもあって…。 だから、断るのは勿体ないなって。 それで「どうしよう?」「研究生だ!」ってなりました。


Q.そういえば去年のインタビューのときに「10周年で流通音源を出します」って宣言してましたよね。

渡辺:はい。今年は出しますよ。今年音源を出すにあたって10周年、10曲、1000円っていうアルバムを出したかったんです。でもnothingmanに先にやられました(笑)。

はちみつ:あははは。

渡辺:とにかく早くCDを出してみんなに聴いて欲しい。最近「あたしをダイアに連れてって」という名曲が出来たんですよ。


Q.名古屋のバンドマン・アンセムになりそうな名曲の予感がビンビンします(笑)。

渡辺:(きっぱり)名曲です。この曲をダイア(ダイアモンドホール)で歌いたいっす。


Q.一生出て欲しくないなあ(笑)。

はちみつ:あははは。

渡辺:ちょっと(笑)。これにはエピソードがあるんですよ。名古屋のサーキットイベントに出演したときに、僕らはクラブ ロックンロールだったんですけど会場にダイアもあって。それでイベントが終わってTwitterで「いつかダイアでやりたい」って呟いたら、それを見たお客さんが「あたしをダイアに連れてって」ってリプライをくれたんですよ。それでグッときちゃって。そこから曲の完成までは早かったです(笑)。


Q.CRAZY興業の曲は全部ドキュメントなんですよね。新曲を聴けばバンドの現状が凄く分かるっていう。

渡辺:僕もそう思います。


Q.物凄く売れたら「このギャラじゃ歌えない」とか。

はちみつ:あははは。

渡辺:そんなこと言ってみたいすよ(笑)。


Q.あははは。では改めて10周年イヤー、これから面白くなりそうですね。

渡辺:まずは7月13日、14日の2日間、僕ら主宰の「ダイナマイトストリップ2013」がありますからね。あとはさっきも言った通りCDを出したいです。僕は既に出来上がっているものに参加するんじゃ満足出来ないので自主レーベルからリリースしようと思っています。


Q.でもレーベルから声かかったら?

渡辺:「はい!」って言います。

はちみつ:あははは。


CRAZY興業:
渡辺タツヤ(Vo) ラッシー(Gt) はちみつ(Dr)


【HPアドレス】
http://www.geocities.jp/crazykougyou/

CRAZY興業presents ダイナマイトストリップ2013

名古屋新栄SONSET STRIP

【7月13日】
CRAZY興業、明日、照らす、3markets(株)、ザ・ラヂオカセッツ、シャビーボーイズ、ザ・サイレンズ、JUNIOR BREATH、アクロバット☆少年
【7月14日】
CRAZY興業、The キャンプ、i GO、THE WELL WELLS、THE SNEEZE、LIE-DOWN、BLACK VELVET LUCY、ユタ州、ギャラクシアンズ

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993