PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ヒステリックパニック
2012年に名古屋で結成し、ライブより先にネット上で「WiLL」を公開したことで話題となったミクスチャーバンド、ヒステリックパニック。所謂ラウドやスクリーモを軸としたバンドであるが、Tack朗の超絶ハイトーンが映えるメロディーと、ともの強烈なシャウトが交錯する楽曲、ヘヴィーなだけではないポップでキャッチーな楽曲、独特な言葉遊びが面白い日本詞など、他のバンドと一線を画す独自のラウドミュージックを聴かせてくれる。過去最高の盛り上がりを見せるラウドシーンに、名古屋から新たな風をピューと吹くヒスパニ!大大大注目です!

Q.どうやって結成したのですか?

TACK朗:2012年に僕が最初のドラムと2人で始めたんですけど、スタジオにともが遊びに来てそのまま加入が決まって(笑)。その後、大学の後輩のおかっちが入りました。

SEIGO:僕は今池3STARで働いているんですけど「おや?このバンド、いっちゃうんじゃない!?」って思って入るなら今だと。(一同爆笑)

やっち:僕はラウドなバンドをやりたくて3STARの店長に相談したら、SEIGOさんが「ヒスパニ入ったら?」って(笑)。最初は正直変わったバンドだなって思っていました(笑)。

TACK朗:ポップでキャッチーが大前提にあって、そこに速くて、重くて、ドライブ感のある楽曲をやりたいんですよ。要は何でもありです!


Q.みなさんのルーツはどういう音楽ですか?

SEIGO:僕はダンスミュージックですね。最近流行りのダブステップとか。それと同時にハードコアやメタルコア、エモ、ラウドも聴きます。

やっち:僕はL'Arc?en?Cielを聴いてビビッときてドラムを極めたくなりました。その後、スリップノットきっかけでラウドなバンドを聴くようになりました。

おかっち:僕は元々BUMP OF CHICKENや藍坊主を聴いていたんですけど高校に入ってアニソンやボーカロイドも聴くようになりました。だからラウドやメタルは聴いたことなくて。大学の先輩だったTACK朗さんにヒスパニに誘われたんですけどこういう音楽を始めて聴いて衝撃を受けました。

TACK朗:僕はELLEGARDEN、10-FEET、マキシマム・ザ・ホルモンが3強ですね。

とも:僕はHIP-HOPが好きなのでライブハウスよりクラブに行ってました。だから有名なバンドにはあまり興味なくて、海外のアンダーグランドのゲボゲボ言ってるようなものしか聴いてないです。だからラップやマニアックなヘヴィーなものを昇華して自分のスタイルを作っています。


Q.なるほど。だから良い意味でごちゃまぜな要素を感じるんですね。

SEIGO:うまいこと言いますね!乗っかりますよ?(一同爆笑)

TACK朗:あまりいない感じのバンドをしたいんですよ。隙間産業的な(笑)。


Q.ツイン・ヴォーカルも特徴的ですが、女の子と間違えられません?

TACK朗:それよく言われます(笑)。Twitterで「ヒスパニのVoって女の子だよね?」って書いてあるの見ると「よし!」ってなります(笑)。


Q.僕も女の子だと思ってました。なのでアー写を見てこの中に女の子がいるとしたら…不細工なのかなって(笑)。

SEIGO:(爆発)

TACK朗:僕らはライブより先にネットで音源を公開したので、ライブを見たときに「あれ、男じゃん!」っていうインパクトも与えれると思ってます(笑)。


Q.歌詞も面白いですよね。

とも:日本語で歌うことに拘ってますね。ヒスパニの曲はメロディーをTACK朗が書いて僕が歌詞を書いてるんですよ。普通のバンドって歌詞もメロディーも同じ人が書いてるじゃないですか。でも僕はメロディーを客観的に受け取ってそこに歌詞を乗せるっていう変わった手法なんです。だから唯一無二なものが出来ているんだと思います。

TACK朗:たぶん僕が歌詞を書いたら普通のスクリーモになっちゃうと思うんです。でも歌詞とメロディーのやりとりをメンバー間ですることで、時間はかかるけど面白みは出ていると思います。


Q.ライブはどのくらいのペースでやっているのですか?

TACK朗:去年4月にネットで「WiLL」という曲をUPしてから半年くらい、敢えてライブをやらず楽曲先行でバンドを知ってもらおうと思ってたんですよ。今池3STARで2012年の9月に初ライブをやってからまだ10本くらいですね。ライブ回数は少ないけど、発信の仕方が良かったのか最初から色んな人に興味を持ってもらえて嬉しいです。勿論最初は厳しかったんですけど、ネットで拡がってからのスピードは早かったですね。


Q.初の流通音源はどのような作品になりましたか?

TACK朗:ジャンルに捉われないヒスパニらしい4曲が入っています。曲によって歌い方や声の使い方も違うんですけど、色んな手法を使って歌で遊べてると思います。中毒性もありますね。

おかっち:4曲にヒスパニがギュッと詰まってます。

とも:どういうバンドか知ってもらうための自己紹介的なシングルになったと思います。


Q.バンドとして目指すものはありますか?

TACK朗:唯一無二なバンドになりたいです。今、ラウドやスクリーモのバンドって多いし、こういうシーン自体が日の目を浴びていると思うんですよ。若いバンドもキャリアを積んでいるバンドも沢山いますよね。その中で僕らはラウドやスクリーモのバックボーンを持っていないメンバーがやっていることを逆手にとって、ラウドを軸にしながら、そこに僕らの個性をブチ込んで、面白可笑しくて、尚且つかっこいいバンドになりたいと思っています。


Q.あらゆる概念を壊すバンドなのかもしれないですね。

TACK朗:そうありたいですね。バンド名がカタカナなのもそういう狙いがあるんですよ。

おかっち:かっこいいラウドバンドの名前って大胆3つくらい単語が並んでいますからね(笑)。そこにヒステリックパニックですよ(笑)。

SEIGO:完全に舐めくさってるよね、僕達。(一同爆笑)
アルバムジャケット

ヒステリックパニック
NEW SINGLE
4U
HYRS-0001

2013年7月17日発売

¥525
※タワーレコード限定

ヒステリックパニック:
おかっち(Ba)  TACK朗(Vo、Gt)  とも(Vo)  SEIGO(Gt、Cho)  やっち(Dr)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993