PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
my way my love

my way my loveがニューアルバム「The Fact Is」をリリースする。今作は2011年に配信された「ヒミツノセカイ」から約2年振りとなる今作は、avexのロックレーベル“binyl records”内レーベル「dive in! disc」からのリリースとなる。「The Fact Is」と名付けられた今作は、まるでmy way my loveというテーマパークを音で構築したような作品となっており、実験的でありつつもファンタジックな一面を感じることが出来るアルバムになっている。my way my loveの頭脳、村田有希生に話を訊く。

Q.今作はテーマパークのようなアルバムですね。

村田:ありがとうございます。僕は常に自分を取り巻く360度を全部詰め込みたいって思っているんですよ。だからその時に聴いていた音楽や環境でアルバムの方向性が決まってくるんです。そういう意味ではここ数年、ザ・フレーミング・リップスの新しい方法論だったり彼らのアルバムから感じる遊園地っぽさの影響は受けていますね。


Q.アルバム全体からファンタジー感が出ていますよね。あと村田さんが物凄く楽しんでいるのが伝わります。

村田:これまではプロデューサーがいたんですけど、今回は自分でプロデュースをしたんですよ。そうなればレコーディングにおける方法論も変わるわけで。そこが大変ではありましたけど、何よりも楽しんで音を作ることが出来たんです。そこは音に出ていると思います。


Q.映画のサウンドトラックっぽさも感じました。

村田:映画音楽は好きですね。サウンドトラックもよく聴くし、そこも自然と出ているんだと思います。セルフプロデュースなので僕の好みがそのまま出ているんだと思います(笑)。


Q. my way my loveは毎回実験的なことをされていますが、今回もM-1「Element X」やM-10「Biopic」の3D感がまるで耳のすぐ傍で鳴っているようで面白かったです。

村田:アメリカやヨーロッパのノイズミュージックの影響もあると思います。ブラック・ダイスとか大好きですし。あと僕は家でレコードを聴くよりサンプラーの電源を入れてマイクを立てて、サンプリングのネタを探しているような音楽ライフをプライベートでは送っていて。だから凄い数の音の素材があるんですよ。アルバムを作るときは所謂ポップスの曲が出揃ったあとに、曲達を繋ぐ為だったりアルバムに立体感を出す為に短いノイズミュージックを加えるんです。それでああいうトラックを作ったんですけど、今回も面白いのが出来たと思っています。


Q.M-3「The Last Apple On The Tree」はリミックスver.も収録されていますが。

村田:アルバム制作と同時期にU-re:xっていう僕の別プロジェクトも同時進行していて。この曲はシンプルなサーフミュージックだと思っているので、U-re:xの視点でリミックスしてみたいなって思ったんです。当初アルバムに入れる予定はなかったんだけど、メンバーからもスタッフからも受けが良かったので(笑)。


Q.この曲からも感じたのですが、今回のアルバムはもしかしたらブライアン・ウィルソンへのオマージュなのかなって思いました。

村田:間違いなく影響は受けていますね。正直、意識もしています。ビーチ・ボーイズも大好きですね。もっと言うと、その根底には海が好きっていう部分があって。山よりも海なんですよ。なので僕が海にドライブに行くときに気持ち良い音楽が欲しかったのかもしれません。


Q.ライフワークが音に表れているんですね。

村田:それはありますね。この2年間はレーベルも変わったりして以前より少しゆったりした時間も過ごせたんですよ。ドライブも沢山したし、海にも行きました。映画も沢山観たし、本も読んだ。それが作品に出ているんだと思います。


Q. my way my loveは海外での評価も高いですが、日本での活動と違いはありますか?

村田:そこはあまりないですね。僕は日本の音楽シーンも海外の音楽シーンも、更には音楽業界のルールにも似たようなことすら受け入れようと思っているんです。受け入れることでルールやノルマも課せられているというか。自分をルールの中に置いたほうが個性が発揮されると思うんですよ。だから日本を捨てて海外でやろうとかも全然思ってないんですよね。日本においては日本のルールを受け入れたいです。最近、縁があってアイドルに曲を書かせてもらったんですけど、my way my loveと全く同じテンションで出来ましたからね。だからルールっていうのは個性を発揮するためには大事な仲間だと思っています。


Q.なるほど。では最後に、my way my loveはバンドマンからの支持も厚いと思いますので、彼らに向けたメッセージを頂けますか。

村田:今回my way my loveは所謂ポップミュージックとして日本に新しいポップスの美学を提示したつもりです。このアルバムはレーベルも決まっていない状態で作ったんですけど、良い作品を生めば良い出会いがあることを立証出来たと思っています。みんなも信念持って本物を生んで欲しいですね。同士として、芸術家として、お互い本物を追求していきましょう。まだまだ世界は素晴らしい。


my way my love:
村田有希生(Vo、Gt) 林 克哉(Ba)  石田翔三(Dr)

アルバムジャケット

my way my love
NEW ALBUM
The Fact Is
HDID-1001

NOW ON SALE

3000円(tax in)

The Fact Is ” VAMPIRE ” Japan Tour 2013

7/03(水)東京新宿@JAM
7/05(金)旭川@CASINO DRIVE
7/06(土)室蘭@Live cafe Soliste
7/07(日)札幌@Spiritual Lounge
7/10(水)仙台@Flying Son
7/12(金)越谷@Easygoings (murata solo)
7/13(土)尼崎@Deepa (murata solo)
7/14(日)尼崎@Deepa
7/15(月/祝)神戸@Art HOUSE
7/16(火)徳島@CLUB GRIND HOUSE
7/17(水)倉敷@RED BOX
7/19(金)福岡@graf
7/20(土)広島@MADHOUSE
7/21(日)周南@rise
7/23(火)東京下北沢@MOSAIC
7/24(水)新潟@RIVERST
7/26(金)稲毛@K’s DREAM
7/27(土)越谷@Easygoings
7/28(日)伊那@GRAM HOUSE
8/09(金)名古屋@HUCK FINN
8/10(土)大阪@FANJtwice
8/11(日)東京吉祥寺@PLANET K

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993