PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
THIS MORNING DAY
名古屋の男女混声ツインヴォーカルによるエモーショナル・ロック・バンドTHIS MORNING DAY。数々のデモCDの発売やコンピレーションCD参加を経て、2011年3月にZESTONE RECORDSから「NIGHT AND DAY」をリリース。その後、ツアーに次ぐツアーで人気、実力ともにグングン伸びていく最中、2012年12月にメンバー脱退を機に活動休止となる。そして2013年5月、新メンバーに新堂拓馬、笹俣香名を迎え新生THIS MORNING DAYとして再び動き出した彼ら。早くも届いた会場限定シングルを是非ライブハウスで手にして欲しい。

Q.「NIGHT AND DAY」のリリースから約1年半ですが、どのような活動をしていたのですか?

清水:ひたすらライブをしていましたね。当時は土日しか活動できない状況だったので、レコ発ツアーも半年かけて回りました。その後も「名古屋ど真ん中計画」のツアーや沖縄旅行もあって…。

長尾:旅行じゃなくてツアーね(笑)。

清水:あはは。その後もFREEDOM NAGOYA 2012やFIVE NEW OLDとのツアーもありましたし。でも12月にドラムが抜けて半年間活動休止することになり、更にギターも抜けて。

長尾:今年の5月に新メンバーを迎えて活動再開しました。


Q.新メンバーとはどのように出会ったのですか?

長尾:新堂君は大阪の人間なんですけど、共通の友達に「良いベースいるよ」って教えてもらって。

新堂:メンバーと面識なかったんですけど長尾さんに「大阪の新堂と申しますが」って電話しました(笑)。それで話がポンポン決まって名古屋に引っ越してきました(笑)。

笹俣:私はTwitterでメンバー募集しているのを見て連絡しました。

長尾:あまりにも決まらないので「ドラム降ってこい!」とかふざけて呟いてたら…。

清水:凄いのが降ってきちゃいました(笑)。

笹俣:Twitterで募集しているのをたまたま見てYOU TUBEでMVを見てみたんですよ。私の中では男女のツイン・ヴォーカルっていうのが新しくてかっこ良くて。それでコンタクトを取って、4月1日に初めてスタジオに入って、4月26日にはライブをやっていました。長尾さんに丸め込まれました。(一同爆笑)


Q.年齢差もありそうですが。

清水:ちゃんかな(笹俣)とはジェネレーションギャップを感じることがありますね(笑)。

笹俣:私が一番年下なので。

長尾:結構バラバラですね。僕は同い年だった2人が抜けたので寂しいです(笑)。


Q.2人はバンドに入ってみてどうでしたか?

笹俣:難しかったですね。まず曲を覚えるとこから始まったので。THIS MORNING DAYみたいな音楽をやるのも初めてだったので今でも困惑しながらやってます(笑)。

新堂:僕は名古屋に引っ越して来るまでの2ヶ月間大阪から通っていたんですよ。あとピック弾きから指弾きにも変えたんです。生活もスタイルも変わって、人生で一番努力した2ヶ月間だったと思います。初めてTHIS MORNING DAYでライブをやったときにみんなから違和感ないって言ってもらえて、僕は単純だからそれを真に受けて「俺結構馴染めていけそうやん」って絶賛踊らされている最中です(笑)。


Q.髪型的にはTHIS MORNING DAYに馴染んでると思いますよ(笑)。

清水:違うんですよ!ダサかったから染めさせたんです!

長尾:ヤンキーみたいだったもんね。

清水:なんか汚い茶色だったんですよ。

新堂:やめろ!(一同爆笑)


Q.では智絵ちゃん(清水)がピンヴォーカルになったのは?

清水:単純にベースが下手だったからです(笑)。

長尾:そうなんです(笑)。それで歌に専念させようと思ったんです。

清水:でもピンヴォーカルになったらなったで今までと全然違って難しかったですね。歌い方も歌う姿勢も変わってきて。キーも高くなりましたし。

長尾:智絵に求めることは多くなったと思いますね。


Q.智絵ちゃんの歌に変化があったことで坂中君の歌との絡みがまた面白くなりましたよね。

坂中:もっと褒めて下さい(笑)。


Q.いや、坂中君を褒めたわけじゃないんですけどね(笑)。

坂中:褒めて下さいよ〜。(一同爆笑)


Q.ピンヴォーカルがいて、曲によってはメインを歌うヴォーカルが他にいるっていうスタイルは斬新ですよね。

長尾:そこは完全に狙ってますね。海外のバンドでピンヴォーカル意外のメンバーもガンガン歌うバンドがいるんですよ。僕らもそこは狙ってますね


Q.新体制になってバンドのポテンシャルも上がったんじゃないですか?

長尾:そうなんですよ。今ならやれることも多いと思います。とにかく良い曲を沢山作って沢山の人に聴いて欲しいですね。


Q.新体制での初の音源はどのような作品になりましたか?

長尾:THIS MORNING DAYの再出発を飾る作品になったと思います。ツアーやメンバーチェンジを経て成長したと思いますし、状況も環境も変わったのが作品からも感じてもらえると思います。以前にも増してより聴き易い音楽を作りたいっていう意識がこの作品には強く表れていますね。


Q.坂中君はどうですか?今日あまり喋っていませんけど。

坂中:最近やばいんですよ。


Q.やばい?

長尾:彼、車を当て逃げされたみたいで(笑)。

清水:しかも彼のお母さんも当て逃げされたらしいんです。絶対にお祓い行ったほうがいいですよね(笑)。

坂中:それが最近の僕の出来事です。(一同爆笑)


Q.あの…。では坂中君からリスナーにメッセージを頂いて締めましょうか。

坂中:はい。THIS MORNING DAYは当て逃げ犯人を探しています。

長尾:おまえだけだろ。(一同爆笑)


THIS MORNING DAY:
長尾健太郎(Gt)
笹俣香名(Dr)
清水智絵(Vo)
新堂拓馬(Ba)
坂中亮太(Vo、Key)


【HPアドレス】
http://www.thismorningday.com/

アルバムジャケット

THIS MORNING DAY
NEW SINGLE
John Doe
TMD-005

2013年7月5日発売

¥1,050

Live Schedule

2013.7.3名古屋 栄R.A.D
2013.7.5名古屋 栄R.A.D
2013.7.18名古屋 栄R.A.D
2013.7.20 FREE DOM2013大高緑地公園特設ステージ
2013.8.1 渋谷eggman
2013.8.4 福岡Queblick
2013.8.5 神戸太陽と虎
2013.8.6 心斎橋 CLUB DROP
2013.8.25 千葉LOOK
2013.9.3 京都GROWLY
2013.9.8 栄R.A.D(ツアーファイナル)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993