PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
5 exit
2006年に大阪で結成された3ピース・メロディックパンク・バンド、5exitが1stフルアルバム「Dark knight rainbow」をリリース。メロディックパンクを基に、ハードコア、メタル、エモなどの要素を含んだ疾走感溢れるサウンドと、圧倒的な存在感を放つツインヴォーカル、絶妙のコーラスワークは関西のみならず全国のキッズの心を掴んでいる。結成当初は5人だった彼ら。その後、幾度のメンバーチェンジの末、現在のスタイルに辿り着き、2012年に発表したT.C SPEAKERとのスプリット「REVERSIBLE」を経て完成させたバンドの集大成ともいえる今作は、メロディックパンクシーンの要注目バンドとして彼らの名を一気に知らしめるだろう。

Q.5exitはどのように結成されたのですか?

SHOGO:最初はメンバー募集サイトでまったく知らない赤の他人の5人が集まって5exitを結成したんですけど、それからどんどんメンバー抜けていって僕とドラムだけになったんです。当初は別にヴォーカルも居て僕はヴォーカルじゃなかったんですけど、ヴォーカルの脱退を機に僕が歌う事になって。ドラムとベースじゃバンドできないんで、また最初に集まった同じメンバー募集サイトでギター募集したらUKが加入したいって言ってくれて今に至る感じです。


Q.UKさんとSHOGOさんのツインボーカルがバンドの圧倒的な武器だと思うのですがUKさんが加入するまでの3年間は今とは音楽性は違っていましたか?

SHOGO:昔は前のヴォーカルに合わせて曲作りしてたんで今とは別の音楽でしたね。UKがボーカルできるんで、UK加入をきっかけにツインボーカルになって今の自分達で鳴らしたい音楽に方向転換しました。


Q.結成から6年、数々のデモやSPLITを経て待望の単独作リリースですが振り返るとどのような6年でしたか?

SHOGO:無駄な6年ではなかったんですが、とても長かったです。今でも単独作品がリリースされるのが夢みたいです。


Q.楽曲からはメタルやハードコアやエモというバックボーンをメロディックパンクに落とし込んでいる印象を受けました。みなさんのルーツはどのような音楽ですか?

SHOGO:僕は音楽に関しては何でも聴くんですけど、メロディが綺麗な音楽が好きです。でもこういう音楽に触れるようになったきっかけのHi-STANDARDの影響は大きいです。」

UK:よく「メタルやハードコアから入ったんですか?」って言われるんですけどそんな事なくて、音楽を始めるきっかけはフォークソングでした。その頃はバンドサウンドがうるさいと思ってましたから(笑)。高校くらいからバンドを聴くようになって、ハードコアやメロコアを聴くようになったのはそっからですね。メロディーに関しては日本の音楽から影響を受けてます!


Q.アルバムには過去のデモ音源の再録から新曲まで、バンドのこれまでとこれからが収録されていますがどのようなアルバムになりましたか?

UK:そうですね、現時点でのベストだと思っています、今までやってきた事と、今やりたかった事がうまく合わさったと思ってます、そしてこれからに繋がる大事なアルバムになりました!

SHOGO:ほんまにいろんなカラーの曲が入ったアルバムになりました。メロコアっていうジャンルだけに縛られたくないんで、飽きないアルバムになったと思います。


Q.M-1「Core」はメタリックな部分とポップな部分、疾走感と重厚感というバンドの持つ要素があらゆる方向に向かって放たれている「これが5exitだ!」という曲に感じました。

UK:この曲はリフから広げた曲で、初めは5exitには重た過ぎると思ってたんですけど、サビのメロディーを思いついた時にすごいうまい事合わさってスタジオでテンション上がったの覚えてますね、この曲のおかげである意味吹っ切れたと言うか、幅が広がった瞬間でしたね!

SHOGO:間違いなく、うちの代表曲ですね。


Q.M-4「Never let go」M-9「Over」はツインボーカルのハーモニーがとにかく素晴らしいです。

UK:ありがとうございます!「Never let go」に関しては特にメロディー重視の曲なので歌を届ける事を意識しています!「over」はコーラスをハズさないように心掛けています(笑)。

SHOGO:やっぱり2人居るんでパート分けもそうですけどコーラスワークを大事にしてます。


Q.M-2「Useless」M-8「The battle with myself」のヴォーカルやコーラスの乗せ方からはニュースクールハードコアの影響も感じました。2ビートにこの歌が乗ることで圧倒的な個性を感じました。

SHOGO:ライブ映えする曲に作った2曲なんで飛び道具的な曲ですね。

UK:2ビートの曲を作る以上は中途半端に作るとホントにありきたりになってしまうのでリフ、メロディー、展開すべて意識してます!「The battle with myself」に関しては特に苦労しましたが結果的に満足してます!


Q.最後にリスナーにメッセージをお願いします!

SHOGO:僕が結成当初からずっと待ってた5exitのフルアルバムが完成しました。何度も聴いてもらえる、みんなに愛されるアルバムになればいいなと思います。10月から全国ツアーも始まるので是非足を運んで欲しいです!

UK:自分たちの夢だった1stフルアルバムが作れて本当にうれしいです!今までやってきた事が無駄じゃなかったんやなーってそれだけで救われる気がします!これを引っさげてガッツリツアーに回りますんでおれたち5exitと音楽で繋がりましょう!!よろしく!


5exit:
KEISUKE (Dr,Cho)  SHOGO (Ba,Vo)  UK (Gt,Vo)


【HPアドレス】
http://www.5exit.com/

アルバムジャケット

5exit
NEW ALBUM
Dark knight rainbow
YYSS-1003

2013年9月4日発売

2100円

Live Schedule

9月7日(土)香川 高松DIME
9月15日(日)富山 Soul Power
9月22日(日)静岡 磐田F.M STAGE
10月4日(金)大阪 アメリカ村新神楽

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993