PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
或る感覚
センセーショナルで大胆不敵な発言、それを裏付けるだけの自身と実力、引っ掻くようなエッジな楽曲、圧倒的な熱量で放たれるライブで、その存在を一気に全国に知らしめた或る感覚。2011年の「閃光ライオット」における日比谷野外大音楽堂でのパフォーマンスが話題となり「やばいバンドがいる…!」という噂がライブハウスシーンを駆け巡ったという。2012年発表のデモCD「city style alternative」、2013年発表のアルバム「カウンター」を経てバンドが完成させたのはトリプルA面シングル。収録された3曲からはバンドの振り幅の広さを感じることが出来る。自らのバンドを「大器晩成型鬱バンド」と言い放つ或る感覚の頭脳、ロンにインタビューを決行した。

Q.2011年の閃光ライオットで一躍話題になったと思うのですが、どのような思いで出演されたのですか?

ロン:閃光ライオットは典型的な青春の形な気がして、卑屈な僕らはめちゃくちゃにしてやろうと、白いシャツにイカスミで爆撃をおこなう気持ちで出場しました。


Q.「カウンター」を聴いた印象として、憧れ故のアンチテーゼのようなものを感じました。例えばナンバーガールやcinema staffやハヌマーンなどに対する憧れと「そこには負けない」という確固たる意思のようなものを感じたのですが。

ロン:正直に嘘をつかないで生きるというのは表現者として絶対だな、と思うので自分がリスペクトする音楽をわざわざ隠す必要もないと思っています。うちはメロディがとても良いバンドで自分の歌がちゃんとあります。そこにすごく自信があります。だから自分のメロディはちゃんと守って曲を書くようにしています。


Q.発言からも同世代のバンドにはない大胆不敵な部分を多く感じるのですが自分自身のバンドをどういうバンドだと思っていますか?

ロン:大器晩成型鬱バンド。


Q.なるほど。楽曲にも人間性が滲み出ていると思うのですが、音楽性と人間性の関係をどう捉えていますか?

ロン:今はすごく自分のウィークポイントが目について憎い。毎日鬱になる。そのコンプレックスを日々超えていく、するとまた一段階上のコンプレックスが生まれまた超える、とコンプレックスを重ねて生きています。だから今はそのフラストレーションや葛藤や苦悩がサウンドに直にあらわれていると思います。僕が思うソングライターの目標というのは負のエネルギーから正の歌を生み出すということです。今は負を負としてしか表現できないんです。これが本当に悔しい。一番のコンプレックスです。


Q.今回のシングルはトリプルA面ですが、この3曲から或る感覚というバンドの振り幅の広さを感じます。

ロン:M-1「ナチュラル」はまさに今の自分を嘘なく書きました。今の自分は目指す目標があって、それにまだまだ追いつけていなくて悔しくて藻掻いてる状態なんです。だけど自分の歌うべきこともわかっていて、それを自分の声でちゃんと歌っていくという決意を書きました。自分ありのままを歌いたいということでナチュラルと命名しました。M-2「初夏のピラニア」は、僕はバンド人生を一年に例えるなら初期というのは夏を指していると思いまして。初夏のピラニア=初期衝動の比喩です。なんかすごい衝動的に曲完成したのでこのタイトに行き着きました。歌詞に関しては、僕は目で見た物が自分の現実だと思っているので、夢や幻も目でみたものならとりあえず全部受け入れてみよう、というのがテーマです。だから幽霊の女の子など様々な非現実的なものが登場してます。見ただけでめちゃくちゃなファンシー感を感じさせたかったんです。だから歌詞を見て、「結局よくわかんねぇ笑」という感想をこぼすのが正解です。M-3「ロマンチックアルカイダ」は大野が作詞作曲をした曲ですね。サウンドは今までのバンドの曲の中でも随一のPOP感です。実はロマンチストでハッピーエンドを好む大野という人間がよく出てると思います。


Q.或る感覚を聴くとどこかに引っかき傷が出来ているような感覚を覚えます。ご自身ではどういうバンドだと思いますか?またどういうバンドでありたいですか?

ロン:現状はトゲトゲしてるのは間違いないです。ギターの音も耳に痛いし。だから音を聴いて抉られてると感じる方もいるかもしれない。今後コンプレックスを乗り越えて行くうちに心境が変わるかもしれませんけど。少なくとも今は良い歌を良い精神で歌えるバンドではないです。だから今は今できることを全力で。張り詰めたサウンドで刺激的な曲を書き、刺激的なライブをする。そういうバンドとして今の最先端にいたいです。そのときの気持ちに毎回嘘をつかずに全力で曲を書いていきます。ただ刺激だけでは聴いてる方も辛いし、僕も多分ずっとは耐えれない。だから成長はしたい。負から正を生み出せるようなソングライターにバンドになりたいです。


或る感覚:
ロン(Vo、Gt、Key)
Kou(Ba)
北原ジャンクション(Dr)
大野(Gt)


【HPアドレス】
http://arukankaku.main.jp/

アルバムジャケット

或る感覚
triple A side single
ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ
ROBIN-003

2013年918日発売

1050円

Live Schedule

9月6日(金)渋谷O-Crest

915()池下UPSET「ゲス乙女ルーレット?名古屋編?」
W/ゲスの極み乙女。

1025日(金)新代田FEVER
或る感覚「ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ」レコ発〜DAN NO URA 秋の陣 東京編〜
W/+1Guest
ローソンチケット(Lコード:74085)
e+http://eplus.jp

10月27日(日)大阪CLAPPER

113日(日)新栄CLUB ROCKN'ROLL
或る感覚「ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ」レコ発〜DAN NO URA 秋の陣 名古屋編〜
W/+1Guest
ローソンチケット(Lコード: 41056)
e+http://eplus.jp

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993