PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
cinema staff
cinema staffのニューシングル「great escape」がリリースされた。バンドの集大成ともいえるアルバム「望郷」でひとつの到達点に辿り着いたcinema staff。待望の新曲は、今や社会現象となっている「進撃の巨人」のTVアニメ版後期エンディングテーマ曲として書き下ろされたタイアップ曲だ。バンドにとって初の試みとしてプロデューサーに亀田誠治氏を迎えるなど、cinema staffの可能性がまた拡がったことを作品から感じることが出来る。飯田、三島に話を訊く。

Q.「望郷」は上京後の経験、バンドの状態、気持ちがこれでもかってくらい詰め込まれた作品でしたよね。

三島:正直出し切りましたね。だから今、ぶっちゃけ空っぽです(笑)。


Q.あははは。ツアーもかなり濃いツアーだったみたいですし。

三島:めっちゃ楽しいツアーでしたね。ここ数年のツアーではズバ抜けて良いツアーになったと思います。対バン形式が多かったのも刺激的でしたね。なんか「バンドやってるぜ!」みたいな(笑)。

飯田:モチベーションもずっと高いままでしたしね。


Q.ツアー名物「辻君の怪我」もシネマらしいなって。

三島:あははは。シネマらしいって言わないで下さい(笑)。そこは辻君だけですから!


Q.あははは。でも作品としてもツアーとしても、cinema staffがひとつの到達点に辿り着いたような印象を受けました。

三島:それはあるかもしれません。勿論まだ何かに到達したわけではないんですけど、10年後とかに振り返ったらこのタイミングが一区切りだと思う気はします。


Q.あの作品を完成させたことでバンドが次に向かう場所はどこなのかなって。

三島:どこに行くんですかね(笑)。こんなに何も考えてないのは久しぶりってくらい本当に空っぽなんですよ。だから今はインプット期間なのかな。


Q.ではこのタイミングで「進撃の巨人」のタイアップが決まったのは凄く意味のあることなのかも。

三島:完璧なタイミングですよね。


Q.「進撃の巨人」と今のcinema staffって共鳴するというか…凄くリンクする部分がある気がします。どちらも脱出した先のスタートを連想させるイメージがあって。

飯田:まさにそのイメージで作りました。この曲は「進撃の巨人」ありきで作ったんですけど、漫画をみんなで読み込んで感覚を共有することからスタートしたんですよ。そしたら僕らの状況とリンクする部分があるなって。「進撃の巨人」サイドの方からは「速い曲」「団結感のあるイメージ」っていうキーワードだけもらって、あとは僕らの解釈とメッセージを込めて作りました。


Q.確かにメンバー全員で巨人に立ち向かっているような団結力を各パートから感じました。

三島:そこは思いっきり意識しましたね。今回はメンバーそれぞれのストロングポイントを活かすことを考えたんです。普段とは違った環境というか、特殊な状況だったので、そこを楽しみながら作りましたね。


Q.RPGのラスボス感もありますよね。

三島:戦闘音楽っぽいですよね。まさに巨人に立ち向かっていくイメージです。


Q.この曲は飯田君もギターを弾きまくっていますよね。

飯田:弾きまくっています(笑)。最初、歌いながら弾くのは大変でした。

三島:反復練習しましたから(笑)。作っている段階で歌いながら弾くことをあまり考えてなかったっていう(笑)。

飯田:ギターで印象的なメロディーを弾きながらしっかり歌を歌っているので聴き所は沢山あって面白いと思います。


Q.コーラスも今までになく前面に出ていて。

三島:こういうコーラスもあまりやったことなかったので新鮮でした。


Q.MPを気にせずに必殺技を惜しげもなく出しまくっているような曲ですよね。

三島:MP全部使いきってますよね(笑)。


Q.亀田さんとはどのような作業だったのですか?

三島:時間がたっぷりあったわけじゃなかったので全体をプロデュースして頂いたというより、僕らが作った楽曲に対してアドバイスを頂いたり、レコーディング時のサウンドメイクや空気作りをして頂きました。僕らはずっとセルフ・プロデュースだったのでルーティンになっている部分もあったんですけど、そこを壊せたのは大きかったですね。

飯田:亀田さんに指針になって頂くことでレコーディングが凄くスムーズに進みました。僕らが出したい音やどうしたいかっていう意思を伝えたら、亀田さんがレールを作ってくれるんです。あと亀田さんは本当に優しい方なので、リラックスしてレコーディング出来ましたね。


Q.「進撃の巨人」にしても亀田さんとの出会いにしても、このタイミングだったのは凄く意味のあることだったのではないですか?

三島:今回の事がなかったら半年くらい休んでいたかもしれませんからね(笑)。全体的な方向性が決まったわけではないですけど、ヒントは貰えたと思います。サウンド面でも前はアナログレコーディングでローファイな感じだったのが、亀田さんとやることでハイファイの音の聴こえ方も知ることが出来ましたし。これからも色んなチャレンジはしたいですね。


Q.それは最後の「また会おうぜ、地図にない場所で。」という歌詞に表れていますね。

三島:まさに。壁の外に何があるのかわからないけど、行ってみないと何も始まらないっていうメッセージをあの歌詞には込めていいます。


Q.「望郷」を完成させ、今回新たな挑戦をしたことでcinema staffのポテンシャルがまたあがりますね。純粋に楽しみです。

三島:ありがとうございます。活動を続けていく中でメンバーそれぞれのパーソナルもどんどん出て来てると思うんですよ。だからバンドがどうなっていくか楽しみでもあり、不安でもあります(笑)。


Q.バンドのイニシアチブを取るメンバーが変わる可能性も…。

三島:大いにありますよね。突然辻君が「次のアルバムは全部僕が曲を書く!」って言うかもしれないし。極端な話、それでも良いと思うし。

飯田:…良いの?

三島:まずないですけど。(一同爆笑)


cinema staff:
三島想平(Ba) 辻 友貴(Gt)飯田瑞規(Vo、Gt) 久野洋平(Dr)


【HPアドレス】
http://cinemastaff.net/

アルバムジャケット

cinema staff
NEW ALBUM
great escape
PCCA-03900

NOW ON SALE

¥1,300

Live Schedule

9/15(日)渋谷O-EAST&duo MUSIC EXCHANGE
9/21(土)梅田CLUB QUATTRO
9/22(日)名古屋CLUB QUATTRO
9/28(土)仙台CLUB JUNKBOX
10/5(土) 新宿LOFT
10/26(土) 岐阜 CLUB G

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993