PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ノグチサトシ
沼津発、期待のオールドルーキー、ノグチサトシが初の全国流通音源「負け犬」をリリースする。2002年から弾き語りを始めた彼の歌は毒を含みながらも、隠しきれない優しさや愛が滲み出る人間味溢れるものとなっている。海北大輔(LOST IN TIME)、片山豊(SLIMEBALL、NOSHOW)、遠藤貴志(GOOFY’S HOLIDAY)、町田直隆(ex.BUNGEE JUMP FESTIVAL)といった豪華メンバーが彼のために集結して作られた今作は、聴く人の心に突き刺さるリアルなアルバムだ。嘘偽りのない彼の言葉からノグチサトシのメッセージを受け止めて欲しい。

Q.ノグチさんが弾き語りを始めたきっかけを教えて下さい。

ノグチ:あるバンドのライブを観に行った帰り道で夜中に大阪の千日前を歩いていたらスナフキンみたいな風貌の人が歌っていて。その人の歌、空気感、佇まいがとにかくかっこよかったんです。ギター1本と声ひとつなんですけど、さっき観たどのバンドのライブより迫力があって。それからその人のライブに通うようになり弾き語りを見続けていく中で、僕も弾き語りを極めてみたくなったのがきっかけです。沢田ナオヤさんっていうシンガーです。


Q.運命的な出会いだったんですね。

ノグチ:今も超えられない壁ですね。ずっと前を走っていて欲しい人です。ライブを観る度に変化しているのも凄く面白いし、本当にずっと追っていたい人です。


Q.ノグチさんの歌からは毒やタブーと同時に、隠しきれない人の良さや優しさ、ユーモアを感じます。

ノグチ:そう言ってもらえるのが一番嬉しいです。歌詞に嘘を書きたくないんですよ。だから自分から出てくるものをそのまま歌詞にするので毒もあればユーモアもあるのかもしれません。結局僕は自分に向かって書く事が多いから、嘘は書けないし、もし嘘だったら長く歌えないんですよね。自分の気持ちを偽りなく、かっこ良いこともかっこ悪いことも歌ったらこういう歌になりました。


Q.アルバム参加メンバーが豪華ですね。

ノグチ:ギターの遠藤さん(GOOFY’S HOLIDAY)が僕を気にかけてくれていて。アルバムを作るきっかけも遠藤さんがくれたんですよ。ドラムの片山さん(SLIMEBALL/NOSHOW)は面識がなかったんですけど遠藤さんに紹介してもらいました。初めてお会いしたときも「サクッと良い作品作っちゃう?」みたいな(笑)。凄く頼もしい方でした。海北さん(LOST IN TIME)は1年くらい前に沼津で対バンしたことがあって「何か一緒にやろうよ」って言ってくれたんです。海北さんも遠藤さんが出会わせてくれましたね。町田さん(ex.BUNGEE JUMP FESTIVAL)は僕が物凄く影響を受けている方で。今の僕があるのは町田さんのおかげでもあるのでどうにか作品に参加して欲しくてハーモニカで参加してもらいました。豪華なメンバーと作品が作れて嬉しいです。


Q.M-1「負け犬」には沼津という地でノグチさんが歌うということが集約されているような曲ですよね。

ノグチ:僕はこの曲は沼津という町に対して歌いたいことがあるから歌っています。反骨精神ほどクリエイティブものってないと思うんですよね。僕は反骨精神が芽生えることで「じゃあ何をやるか」だと思っているので。


Q.なので、ある意味レベルミュージックなんですよね。

ノグチ:反骨精神は僕の活力ですね。


Q.M-4「週末ロックンローラー」は働きながら音楽をやってる人に聴いて欲しいなって思いました。

ノグチ:バンドをやってる人にもよく言われるんですけど、当初はそういうつもりで書いた曲ではなかったんです。でも歌ってみたら周りのバンドマンから普段絡みのなかった刺青が入ったようなバンドマンにまで「痺れた」って言ってもらえて。そのとき、歌詞で垣根を越えることが出来たと思いました。「弾き語り」と「バンド」の間にある壁を越えられたなって。言葉とギターだけでもロックすることが出来るって教えてくれた曲です。


Q.M-3「信じるチカラ」は面白いストーリーだなって思いました。僕の個人的な話なんですけど最近同じマンションの住人と揉めたんですよ。それで隣にどんな人が住んでいるとか、よく考えたら知らないなって思ったんです。

ノグチ:まさにそういうストーリーで、僕の場合は隣の人が本当に良い人で昔から挨拶とかするんですけど、実際はあの人が何をしている人か全然知らないなって思ったんです。子供の頃から知ってる人だから今さら「実は殺人鬼です」とか言われても信じられないなって。でもそれって盲目ですよね。そういう物語の歌です。


Q.M-6「笑える日」は震災が起きて書かれた曲ですか?

ノグチ:それもみんなに言われるんですけど実は震災の前に書いた曲なんです。この曲は家族に向けて歌った曲なんです。当時、僕の家族が立ち直れないくらいの状況だったので。その当時からずっと歌ってきたんですけど、あの震災以降にこの曲を歌うとリンクする人が多いみたいで「勇気をもらいました」って言ってもらうことが多くなったんです。


Q.ノグチさんの歌はリアリティーが凄いと思うのですが意識することはありますか?

ノグチ:歌や言葉の持つ力とか影響力って物凄いと思うんですよ。例えば明日死のうと思っている人に僕の歌を聴かせたら死ぬのを辞めようって思わせる力があるかもしれないじゃないですか。歌ってそういう力があると僕は思うんですよ。逆に明日死のうと思っていた人を今日殺してしまうかもしれないし。それくらいの影響力が音楽にはあると思います。そこを履き違えないように自分の正義を歌って行きたいなって思っていますね。


Q.それはノグチさんが音楽の力を信じているからこそですよね。

ノグチ:その通りです。実際僕が音楽で心動かされたことがありますしね。だから僕は音楽を絶対的に信じているし、ずっと歌っていきたいと思っています。


【HPアドレス】
http://tosp.co.jp/i.asp?I=99072005

アルバムジャケット

ノグチサトシ
NEW ALBUM
負け犬
DQC-1165

2013年10月9日発売

1500円

Live Schedule

11/3 下北沢風知空知
11/4 沼津Quars

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993