PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
シャビーボーイズ
シャビーボーイズが実に3年振りとなるミニアルバム「朝」を完成させた。前作「こんにちは未来」のリリース以降、名古屋を中心に活動の幅を全国に拡げてきた彼らだったが、大学を卒業し、いよいよ本格的な活動を始めようとした矢先にメンバーが脱退、活動休止を余儀なくされた。充電期間を経て活動を再開させた後もベースが決まらず、1年ほどベースレスで活動してきた彼らであったがこの期間にバンドとしての体力を着々と付け、2012年11月、伊藤理絵が加入。ボーイズにガールが入ることで一気に加速するシャビーボーイズは4曲入りミニアルバム「朝」を完成させる。バンドの今が詰め込まれた「朝」に触れてみて欲しい。

Q.3年振りの音源ですが、この期間にバンドには様々なことがありましたよね。

高津:あり過ぎました(笑)。

杉本:「こんにちは未来」の頃からメンバー3人辞めてますからね(笑)。


Q.メンバーの脱退が続いたことで、バンドのモチベーション的にはどうでした?

杉本:ドラムが脱退して本田が入ったときはモチベーションはガンガン上がってましたね。

高津:うん。上しか見てなかった。

杉本:その後大学を出て、これからどんどん活動の幅を拡げていこうってときにギターが抜けて…。

高津:そこでもまだ折れなかったんですよ。4人で頑張ろうって。

杉本:うん。でもその2ヶ月後に今度はベースが辞めることになって…。そこでポキッて。

高津:心が折れちゃいまして。ぶっちゃけ僕は解散するんだろうなって思いました。

杉本:メンバーが立て続けに辞めたことでマイナスな見られ方もしましたし。それで話し合って活動休止することになって。

高津:ベース無しでライブをやるっていう選択肢がなかったので止まらざるを得なかったんですよ。と言っても休止していたのは2ヶ月間なんですけど。

杉本:その間はベースを探しながら曲を作っていました。頑なに正式メンバーに拘っていたのでサポートを入れてやるつもりはなかったんです。


Q.正式メンバーが決まったのはいつ頃ですか?

高津:休止から1年後くらいですね。3人の時期はとにかくプレイヤーとしてのレベルを個々で上げる期間でした。

杉本:僕は絶対にサポートは入れたくなかったんです。理由は特にないんですけど、それが筋のような気がしてて。ベース抜きでライブをやってた期間もあるんですけど、どんな良いライブをやっても「本当はもっと凄いのに!」ってずっと思ってました。

高津:ベースレスでの初ライブはSeapusっていうフェスだったんですよ。

杉本:3人でSeapusに出演したらfoltが企画に誘ってくれて。Seapusに出たことで「シャビーボーイズ、ライブやるんだ」っていうのが仲間に伝わって、どんどんライブに誘ってもらい、3人での活動が始まりました。そこから正式なベースが決まるまで何人ものベーシストとスタジオに入ったけどしっくりこなくて。


Q.そこで現れたのが…。

伊藤:シャビーボーイズのガール担当、伊藤理絵です。(一同爆笑)


Q.あははは。どのように加入が決まったのですか?

杉本:とにかくずっとベースを探してたんですけど去年の10月のある日、4人のベーシストとスタジオに入ることになって、僕らの中では「今日の4人の中から正式メンバーを決めよう」って話していて。その中にりっちゃん(伊藤)がいたんです。スタジオが終わってメンバーとスタジオのロビーで「どうだった?」って話をしたら3人とも「りっちゃんかなぁ」って意見がふわっと一致して。

高津:ふわっとね(笑)。

伊藤:そこはバシッと来て欲しかったです(笑)。

杉本:スタジオに入ったその日のうちに連絡しようってなって、まずりっちゃんのTwitterをチェックしたんですよ。りっちゃんは岐阜なので帰ってると思って。

高津:そしたら「大丸らーめんに行きます!」ってツイートしてて。(一同爆笑)

杉本:「今池にいる!」って(笑)。

伊藤:まさか連絡が来るなんて思ってなかったのでTwitterで「シャビーボーイズさんのスタジオにお邪魔しました!良い経験になった!よし、大丸行こう!」みたいなツイートをしたんです。それで今池に着いたら知らない番号から電話がかかってきて。

高津:それまで敬語だったのにいきなりタメ語で「もしもし〜、今池着いたけど〜」って言われて(笑)。

伊藤:「あの…高津ですけど」って(笑)。一緒に大丸ラーメンを食べに行く約束をしていた友達と勘違いして電話に出たので、タメ口になってしまったんです(笑)。それでシャビーボーイズに入ることになりました(笑)。


Q.りっちゃんを選んだ決め手は何だったのですか?

杉本:とにかく音がゴリゴリだったんです。お腹が痛くなるくらい低音がビリビリきたんです。

高津:女の子なのにゴリゴリの音でかっこ良かったんですよ。

杉本:あと一緒にスタジオに入ったベーシストの中で唯一言い訳をしなかったんです。それが好印象で。

伊藤:もっと褒めて下さい。(一同爆笑)


Q.4人の初ライブはどうでした?

高津:4人になってすぐですね。学園祭でした。

杉本:10月に初めてスタジオに入って、11月2日には学園祭に出ていました。密度の濃い半月でしたね。3人でやってたときは地方にも行けなかったし、やりたくてもやれないことばかりだったので、りっちゃんが入ってどんどん予定が決まっていくのが嬉しかったです。メンバーになったその日に色々決まりましたから(笑)。

伊藤:私が入ってライブハウスでの初ライブはUPSETだったんですけど、その日のことで誰にも言ってない話があるんですよ。

杉本:え!何それ?

伊藤:新しいメンバーだから注目されるだろうし、震えるくらい緊張してきて、ライブ直前に受け付けの外に出たんです。そしたら誰かが高津さんに「新しいベース決まったんだよね。どんな子?」って聞いてる声が聞こえて。ドキドキして聞いてたら高津さんが「別に大したことないよ」って言ってたんです。(一同爆笑)

高津:あははは。

伊藤:絶望ですよ(笑)でも逆に「負けないぞ」って思いました。この話、初めてしました(笑)。


Q.この4人での初音源「朝」はどういう作品になりましたか?

杉本:「夜」って歌詞が沢山出てくるんですけど、だからといってネガティブな意味じゃなく、逆に光が射しこむイメージがこの音源にはあって。なので夜とは逆の「朝」と名付けました。

高津:夜明けって感じではなかったんですよね。「夜明け」より「朝」がしっくりくるアルバムなんです。「朝」って言葉には夜が明ける希望もあるし現実が始まる朝もあるって僕の弟が言ってました(笑)。


Q.楽曲からは以前より素に近い印象を受けました。

高津:そこは意識しました。前作はギターも2本だったし、プロデューサーの方や手伝ってくれる人もいたんですけど、今回は全部自分達だけでやったのでメンバーの素がそのまま出ていると思います。

杉本:今出来ないことも勿論あるけど今しか出来ないこともあるので、無理なアレンジはせずありのままを収録することにしたんです。


Q.流通を通さず会場限定にしたのは?

高津:今の実力を実感したかったんです。自分達で音源を作って、パッケージして、売って、お金を貰う。そうすることで今自分達がどれくらいの場所にいるのか実感しながら進むことが出来ると思い流通は通しませんでした。

杉本:流通しないと届かない場所もあると思うんですけど、今は音源を自分達で届ける方法を探ってみたかったんです。勿論勝負する自信がなくて会場限定にしたわけではなくて、ライブハウスで直接お客さんにCDを販売することで経験値を溜めてレベルを上げたいんです。バンドがもっと注目されるための足掛かりの1枚になったら良いなって思っています。


Q.バンドの指針になる1枚なのかもしれませんね。

高津:まさにそういう音源です。


Q.改めてどういう作品になりましたか?

高津:メンバーが抜けて初めてギタリストとしての自分と向き合ったんですよ。最初の頃はシャビーボーイズが好きだからギターを弾ければなんでも良かったんです。でもギターがひとりになって、ギタリストとしての責任が増えたことでここにきてギターがまた楽しくなったんです。なので僕個人的にはミュージシャン色が色濃く表れた作品になったと思います。

本田:りっちゃんも感じていると思うんですけど、やっと僕の音が入った音源が出来たのでこれで胸を張って「シャビーボーイズのドラムです」って言えます。今まではライブでしか僕のエネルギーは感じて貰えなかったんですが、CDに僕のドラムがパッケージされたことで伝えれるのは嬉しいです。

杉本:新しい音源を作るとき、メンバーに脅迫くらいの勢いで「この小さいスタジオだけで完結するのはやめよう」って伝えたんです。僕はラジカセの向こうまで届けたいんです。そこまでイメージして僕はレコーディングしたんです。レコーディングブースのその先に聴いてくれる人の顔が見えたんですよ。それだけ思いを込めたCDなのでしっかり届けたいです。

伊藤:私はとにかく自分の音がCDになって嬉しいです。今まではライブで3年前の音源を売りながら「これ私じゃないんだよなあ」って少し思ってました(笑)。これからは堂々と自分の音源を売れるのが嬉しいです。シャビーボーイズに入ったのが今世紀最大の幸せだったんですけど、CDが出来てその幸せが更新されました。本当に嬉しいです。


Q.この作品が出来て本当の意味でシャビーボーイズがシャビーボーイズになったのかもしれませんね。

伊藤:私はガールですけどね!

杉本:そこはシャビーボーイズで良いと思うよ。(一同爆笑)


シャビーボーイズ:
高津直視(Gt、Cho) 本田拓人(Dr) 伊藤理絵(Ba、Cho) 杉本惠祐(Vo)


【HPアドレス】
http://shabbyboys.net/

アルバムジャケット

シャビーボーイズ
NEW ALBUM

NOW ON SALE

会場限定発売 全4曲入 1,000円

Release Tour~友達になろうよ~

8/31(土)池下CLUB UPSET
9/3(火) 水戸 SONIC
9/4(水) いわき SONIC
9/5(木) 仙台 PARK SQUARE
9/12(木) 新宿 JAM
9/17(火) 大阪 福島 2nd LINE
9/18(水) 大阪 天王寺 Fireloop
9/21(土) 四日市 CLUB CHAOS
9/22(日) 鶴舞 DAYTRIP / K.D japn
※ツアーファイナルは2会場行き来自由

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993