PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
舟橋孝裕
舟橋孝裕という男は何を考えているのだろう。JONNY、パイプカツトマミヰズ、ワッペリンでベースギターを担当する彼の活動はバンドに留まらず、演劇活動、ラーメン屋のコピーバンド(意味が分からない)と、多岐にわたるにも程がある。一体何が舟橋をそうさせるのか。舟橋は一体何がしたいのか。謎は深まるばかりだ。彼の行動を見た者の中には「舟橋はバンドを捨て演劇にいった」と言う者もいた。「舟橋は終わった」という声も彼の耳に届いたという。様々な憶測が飛び交う中、ついに渦中の舟橋の口から衝撃の言葉が飛び出した。「僕は死んでないぞ」。彼が語るバンドマンとは、演劇とは、そして衝撃の発表とは…。舟橋孝裕、激白。

Q.まずは自己紹介をして頂けますか。

舟橋:JONNY、パイプカツトマミヰズ、ワッペリンでベースギターを弾き、犬丸ラーメンでラーメンを提供し、未確認尾行物体で朗読し、サポート活動としてi GO、ナトリネ、孤独部などでベースギターを弾いています。ソロ活動として演劇の作家、演出、出演も行っています。舟橋孝裕です。


Q.肩書、多すぎです(笑)。

舟橋:はい。多けりゃ良いってもんでもないですが、僕以上の肩書を持つ人に会ったことはないですね。


Q.今回は「舟橋孝裕って何なの?」という謎を紐解ければと思っています。

舟橋:よろしくお願いします。


Q.まずこれだけの活動をする理由を知りたいです。

舟橋:根っこは単純ですよ。やりたいっていう衝動です。僕のメインコミュニケーションツールであるベースギターは他人とアンサンブルすることで力を発揮する楽器だと思っていて。だから人と何かをやるのが楽しくて仕方ないんです。


Q.音楽だけでなく、演劇や様々な創作活動もされていますよね。

舟橋:はい。面白いと思ったものは何でも。バンドは勿論、演劇も、ラーメンを作ることも、僕の中では同じ表現活動だと思っています。


Q.なるほど。舟橋君は解散してしまった不完全密室殺人というバンドにオリジナルメンバーとして参加されていましたよね。

舟橋:はい。


Q.あのバンドは舟橋君の活動の根っこにあるものだったと思うのですが。これだけ様々なバンド、プロジェクトに参加しているのって、不完全密室殺人が解散したことと関係しますか?

舟橋:直接的に関係があるわけではありませんね。そもそも今僕がやっていることって不完全密室殺人の頃からやっていたことなんですよ。あのバンドはライブで演奏だけでなく、演劇、詞の朗読、即興演奏、MC代わりの寸劇など、色々やっていました。そういった表現の中で脚本を書いていたのが僕だったんです。それをライブハウスの方が面白がってくれて「演劇公演やってみたらどう?」って声をかけてくれたんですね。そうしたらふとした事で本職の演劇の人達と出会って。


Q.それが孤独部との出会いですね。

舟橋:はい。元々、孤独部のかしやま君(かしやましげみつ)が犬丸ラーメンを食べに来てくれたのがきっかけで。いつかは演劇公演をやってみようと考えていたんですけど、遂に僕の射程範囲内に本職の人間が入ってきたなって。出会って程なくして「演劇作品でベースを弾きませんか」と誘ってもらったんですけど「音楽が必要なら力を貸すから、僕が演劇をやるときは力を貸せ」と(笑)。僕は彼から演劇のノウハウを学んだし、素晴らしい人材も紹介してもらいました。それで演劇公演が出来る状況が整ったんです。


Q.それで演劇活動が活発化したと。

舟橋:そうですね。でも先程も言ったように、僕の中では不完全密室殺人というバンドをやっていた頃からやっている事が変わったつもりはありません。


Q.でも最近のバンドマンとしての舟橋君しか知らない人はそうは思いませんよね?

舟橋:そうですね。近しいバンドマンに「演劇にいったの?」って言われたりもしましたしね。でもね、僕はあくまでもバンドマンなんです。今やっていることの全てもバンドマンという視点から面白いと思っています。バンドマンがやる演劇とか朗読とか、これはもうバンドマンにしか作れない。でもそれを一つのバンドでやるとなると受け手も混乱する。だから暫定的に僕の名義でやったりしているってわけで、演劇にいったわけではないんです。そもそもものを作る人間として全ての表現物は等しく同じだと思っているので「何やってるの?」って声を聞くと「じゃあバンドマンでフライヤーのデザインをする人は?DJやる人は?」って思います。だってそれと同じ感覚で演劇をしているんだもの。お客さんはともかくとして、同業者にそこを線引きされると同じものを作る人間として違和感を感じますね。


Q.全ての活動が「バンドマン舟橋孝裕」がやっていることだと。

舟橋:じゃないとライブハウスでやらないですよね。バンドマンだからライブハウスで遊ぶのは当たり前じゃないですか。僕が演劇をやる意味を考えたとき「ライブハウスを使ったバンドマンとしての演劇」というのは当たり前のことなので。僕はバンドマンとしてそのまま演劇の人の中に飛び込んでいくので彼らからすれば普段では居ない存在なんですよ。逆に演劇の人がバンドの中に飛び込んでくるときは向こうがそうなんです。そういう異文化同士が両媒体を使った表現間におけるコミュニケーションを取ることに面白みを感じています。だから普段「ライブハウスは自由な場所だ」って言っている表現者から「舟橋は何がしたいんだ」って言われると「マジか」って思いますよね。


Q.では舟橋君はバンドと演劇を両立させたいと考えていますか?それともバンドと演劇の間に境界線はないと考えていますか?

舟橋:今年の8月に僕の企画で初日は「ふたりの演騒」、2日目は「ふたりのひとりしばい」と題して「サマーウォーズ、とでも名付けるかと思ったかね。」という2日間に渡るイベントを開催したんです。初日はバンド、2日目は演劇公演で。僕はバンドも、朗読も、ラーメンも、演劇も、ブログも、twitterも、全部が僕だと思っているんですけど、その中でも分かり易くみなさんの前で表現出来る媒体としてバンドと演劇を選び2日間で僕を表現しようと臨んだんです。でもやってみた結果、音楽と演劇の垣根がミックスしないなって思ったんです。僕はバンドと演劇の両方でひとつの表現として提示したかったのでチケットも通しチケットにしたんですけど、やっぱり自分の力不足もあってミックスし得ない現状を突き付けられて。当たり前といえば当たり前なんですけど。それで「これはバンドと演劇のそれぞれをまず突き詰める必要があるな」と。ライブハウスでベースギターを弾く僕と、ライブハウスで演劇をする僕を一度離して考えたほうがそれぞれ面白いものが出来るかなと。ひとつにするのはそのときだなって。


Q.舟橋君からふたつに分かれた「バンド」と「演劇」がそれぞれ強くなって、いつかまたひとつになったら、神様とピッコロが同化したみたいな完全体のナメック星人になるかもしれないですよね。

舟橋:完全体舟橋孝裕!それめちゃくちゃ格好良いじゃないですか!そうなんですよね、だから今はそれぞれの商品価値を高める時期なのかなとも思っています。でもあの2日間のイベントは僕のスタンスを周りに示す上では有益だったと思っています。


Q.そして今度はワンマンと再び演劇公演がありますよね。

舟橋:今度は2日間、別物としてやります。クラブ・ロックンロールは僕が初めて出たライブハウスなんですよ。あそこでやってきたから今の僕があると思っています。そして演劇を初めてやったのもロックンロールなんです。今の僕のスタンスを形成したホームですね。そのホームであるロックンロールの21周年を祝うために2年振りにワンマンをやることにしました。


Q.そもそもベーシストがやるワンマンとはどういうものなんですか?

舟橋:僕が正式に所属しているバンド、サポートで参加しているバンドに可能な限り出てもらって全バンドでベースギターを弾こうと思ってます。それが舟橋ワンマンです。その翌日には演劇公演もやります。この日はライブハウスを熟知した僕が演劇の人間と手を組んで作る実験的な演劇公演になると思います。演劇作品としての強度も高めたいですね。是非両日とも遊びに来て頂きたいです。


Q.バンド、演劇と頑張って下さい。流石にもう他にはないですよね?

舟橋:…僕ね、新しいバンドを始めるんですよ。こういうざっくりした表現で伝わるかわかりませんが。


Q.ええ!!!

舟橋:僕って、るろうに剣心の外印さんみたいな奴なんですよ。


Q.すいません、ちょっと分からないです(笑)。

舟橋:強い人の近くで、その人と一緒に強い芸術を作ることで自分の音楽に関する表現も磨かれてきたって事です。僕は今まで所属したバンドで沢山の良い曲を作ってきましたが、それはバンドの皆で作った曲であって、マクロな視点で見たときに舟橋孝裕が作った曲って存在しないんですよね。自意識が強い僕からすると実はそれが凄いコンプレックスで。コンプレックスがあるとバンドメンバーとの曲作りにも素直に向き合えないでしょう?だから自分で曲を書いて、自分で歌詞を書いて、自分でメンバーを集めた、そういうバンドをやってみる必要があったんですよね、自分の関わる全ての音楽活動のために。今年の1月に舟橋孝裕名義で初めて演劇公演をやったことで僕の中に作家性が芽生えたんですよ。「自分を全て出す表現とはこういうことだ」って思えたんです。それで「これは音楽でもやらなきゃいけない」と思ったのが始まりですね。今現在やってるバンドにももっと強靭なバンドマンとして関わって強靭な音楽を作るために、自分だけで曲を作る経験は必要な事だと考えています。


Q.2013年は舟橋君の改革の年だったのかもしれませんね。

舟橋:まさに。だから今、物作りをする人間として健やかですよ。僕ね、今まで自分に自信があったんですよ。でも親しい人間との死別に打ちのめさせられたことで、それまで「物を作らない人生なんて無価値だ」「高邁な精神が人生を素晴らしくさせる」と思っていたんですけど、今は「生きているだけで素晴らしい」って思うようになったんです。だから、それまでは自信に満ちていたのに、今は良い意味で気持ちの浮き沈みが出来るようになりました。それが良いなって。強いパンチを出すためには拳を引かなきゃなりませんから。なので、今の舟橋孝裕は面白いですよ。「舟橋は終わった」って思っている人に、今回のワンマンで目に物見せてやりたいですね。


【HPアドレス】
http://funahashiiiiiii.jimdo.com/

舟橋孝裕 所属バンド
ワッペリン
http://wapperin3.wix.com/wapperin
パイプカツトマミヰズ
http://pipecutmummies.web.fc2.com/
JONNY
http://www.jonny-web.com/

舟橋孝裕 サポートワーク
i GO
http://www.i-go-net.com/
孤独部
http://kodokubu.jimdo.com/
ナトリネ
http://natorine.web.fc2.com/

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993