PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
H△G
ニコニコ動画に投稿した動画作品がきっかけで話題となったH△G。サウンドコンポーザーチーム、ミュージシャンチーム、レコーディングエンジニアチーム、デザイナーチームによって構成されるクリエイター集団である彼らは、青春期の葛藤や胸の痛み、そしてその蒼さを、言葉やサウンド、デザインで表現しているという。圧倒的な存在感を放つヴォーカルChihoを中心に、DJSandy Beach Surf Coaster、SKY Raddishのメンバーらも在籍するH△G。新しい音楽のスタイルを提唱する彼らと、共にスプリットを作り上げたMili のYamato Kasaiに話を訊いた。

Q.H△Gは所謂「バンド」ではなくクリエイター集団なんですよね。

Yukihito:はい。楽曲のイメージの元に集まったメンバーの総称をH△Gと呼んでいます。曲を作るサウンドコンポーザーチーム、レコーディングやミックスをするエンジニアチーム、アートワークを手掛けるデザイナーチーム、そして楽曲を実演するためのチーム、全てがH△Gです。


Q.なるほど。話題となった動画やホームページを見ても正体が不明だったので「H△Gとは何者なんだ?」と思っていました。

Yukihito:僕ら、正体不明ですよね(笑)。


Q.はい(笑)。それで謎を解きに今日はライブを観に来たんです。そしたらメンバーに知ってる人が3人もいて(笑)。これ、正体はバラしてもいいのですか?

Yukihito:あははは。Sandy Beach Surf Coasterではお世話になりました(笑)。

Takeshi:お久しぶりです(笑)。

Yukihito:事情はリーダーのYutaが説明します(笑)。

Yuta:僕はSKY Raddishが活動休止した後もずっと曲を書いていて。その曲を世に出そうっていうところからメンバーが集まったんです。その中に「星見る頃を過ぎても」や「少女たちの終わらない夜」のデモもあって。


Q.デモの段階ではひとりで作っていたのですか?

Yuta:はい、細々と(笑)。それを見たBaby Rock Diamondの桂さん(石川桂介)が僕にバンドをやらせるために動いてくれたんです。

Yukihito:それで集まったのがレーベルメイトの僕らです(笑)。


Q.Chihoさんはどうやって加入が決まったのですか?

Chiho:急遽ですね(笑)。たまたま私の歌を桂さんが聴いてくれて。そのとき丁度H△Gのヴォーカルを探していたようで誘ってもらいました。


Q.先程ライブを観て驚いたのですが、音源を聴いて期待はしていたものの、その更に上をいく歌の存在感でした。

Yukihito:そうなんですよ。声の良さとかピッチ感とか、僕も今まで色んな人の歌を聴いてきましたけど、その中でもズバ抜けていると思います。歌を表現するって意味ではピカイチです。

Chiho:恐縮です…。


Q.ライブを観て正直「あれ?口パク?」って思ってしまうレベルでした(笑)。

Yukihito:たまに言われます(笑)。Chihoの歌はライブでも音源のままなんですよ。

Chiho:もともとクラシックやミュージカルをやっていたので…。嬉しいです(笑)。


Q.歌の謎が少し解けた気がしました。正直、ライブを観るまで実態が分からなかったんですよ。

Yukihito:実はそこを狙っていて。「本当に存在するの?」っていう。現実感のない不思議な感じを楽曲や見せ方で提示して、実際ライブを観てもらった人に「本当にいたんだ」って思ってもらえるような。僕らは奇跡的なバランスで生まれてきたプロジェクトなのでそういう部分は大事にしたいなって思っています。


Q.ライブを観ていてもパラレルワールドを観ているような感覚だったんですよね。

Takeshi:それが表現出来ているのなら凄く嬉しいです。


Q.照明のライトの当て方ひとつにしてもかなり拘りを感じました。

Yuta:照明はかなり拘っていますね。照明のリハーサルを1時間くらいします(笑)。

Yukihito:H△Gの世界観を表すのに照明は欠かせないですからね。照明監督がシビアにやってます(笑)。


Q.Shokoさんはバンドにとってどのような存在なのでしょうか。

Shoko:DJとしてパソコンで同期音源を操っています。DJだけじゃなく、パフォーマンスやコーラスをしたり、バンドにいるだけで必要って思ってもらえる存在になれるように頑張っています。


Q. Chihoさんはバンドで歌うのは初めてですか?

Chiho:はい。なので全く新しいことをやってる感覚です。

Yukihito:僕らも今までやってきたバンドがどちらかといえば衝動的なバンドだったので、H△Gのようなコンセプチュアルなバンドは初めてなんですよ。だからまたゼロからバンドをやってる感じはありますね。決まりがないから何でもやれますし。


Q.それはMiliとのスプリットにも表れていますよね。異色のスプリットだと思いました。

Yuta:Miliも目に見える活動をしているユニットじゃないんですよ。Miliはカナダ在住のmomocashewと日本在住のYamato Kasaiのユニットなんですけど一緒にやったら面白いだろうなって。


Q.Miliはどのようなユニットなのですか?

Kasai:コンセプトがないのがコンセプトですね。表現したいものは全部やっています。総合芸術の域までいきたいと思っています。僕の書く曲は幅広いのでジャンルに捉われずに歌える人を探しているときに、海外で僕の曲を歌ってネットにUPしていた子を見つけたんです。それがmomocashewで。彼女は凄くアレンジ能力が高かったので、一緒にやろうとメールで誘いました。

Yukihito:僕はMiliでベースを弾くこともあるんですけど、ここにきてまた新しい挑戦が出来ていることが嬉しいですね。今物凄くモチベーション高いです。


Q. H△GもMiliも未知数なのがワクワクしますよね。

Kasai:はい。僕は誰もやったことがないことやりたいので。Miliを通して誰も行けなかったとこに行きたいと思っています。

Yuta:H△Gは企画的な始まり方だったので普通のバンドとはスタートが違うんですよ。なので企画物として終わってしまう可能性もあると思うんです。でも僕はこれからもこのチームで音楽を作っていきたい。H△Gでいられることが物凄く幸せなんです。


H△G :
Yukihito(Ba)
Takeshi(Dr)
Chiho(Vo)
Shoko(DJ)
Yuta(Gt)

アルバムジャケット

H△G × Mili
Amazon 限定発売
H△G × Mili
WWSP-1001

NOW ON SALE

¥999(tax in)

【HPアドレス】
http://hag-official.jp/

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993