PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
the Lucy
2007年に結成されたthe Lucyが数々の作品を経て、初の流通音源「Sympathy」をリリースした。メンバー全員が中学の同級生という彼らは、UKロックからの影響を強く感じる音楽性に、ダンスロックやエレクトロの導入、日本詞と抜群のコーラスワークが乗る独創的なポップを鳴らす新世代ロックを担う存在として頭角を現している。間違いなくシーンのド真ん中に躍り出るであろうthe Lucy、2YOU MAGAZINE初登場です!!

Q.結成の経緯を教えて下さい。

杉崎:はじめはカズキ(石原)と大ちゃん(林)と僕の3ピースでした。高校を卒業する頃に「3人でやりたいね!」って始めたのがきっかけですね。当時、大ちゃんがドラマーで、後に「やっぱりギター2本欲しいよね」ってところから、僕が当時通ってた専門学校からドラマーを見つけてきて活動していました。インチョ(石倉)が加入したのはそのドラマーが辞めた後の2009年の年末です。

石倉:僕はもともと別のバンドをやってたんですけど、この頃はもっと色んなバンドでドラムを叩いてみたいという気持ちも強く、さらにはthe Lucyのメンバー全員が同級生なんで絶対に面白いだろうと思い、即OKしました。最初の数ヶ月はサポートでしたが、加入して最初のライブのMC中に正式メンバーになることを決めました(笑)。

石原:僕は小学校4年生の時点でメンバー全員と出会ってますね。今は毎年、大晦日はみんなでスマブラ大会を開催してます(笑)。


Q.バンド結成時にイメージしたサウンドはありますか?

林:イメージというか、バンドサウンドのバランスを大事にしたいと思っていました。これはThe Strokesの影響が大きくて、二つのギターのアンサンブルをかなり意識して結成しました。ただ最初はシンセやダンスという概念はなかったです。

石原:結成時は曲作ってるのが楽しかっただけですね。サウンド的には大ちゃんに頼ってました。当時はよく分かんなかったので(笑)。


Q.The Strokes の名前が出ましたが、the Lucyからはロックンロール・リヴァイヴァル・ムーブメント、Vampire WeekendやTwo Door Cinema Clubと同じ匂いを感じました。ルーツにあるのはどのような音楽ですか?

石原:バンドに興味をもったのはBUMP OF CHICKENがきっかけですね。今でも好きです。その後、2000年代のUKロックの影響が大きいですね。

林:バンド共通のルーツは、今言われたバンドはもちろん、イギリスのリヴァイヴァル・ムーブメントからニューレイブで流行ってた時の音楽がルーツになっていると思います。自分のルーツは、The Strokes、Red Hot Chili Peppers、foals、Arctic Monkeys、Two Door Cinema Club、The Wombatsは外せないです。

杉崎:名前があがってないところだとPHOENIX、Mystery Jetsの1作品づつ進化していく姿勢が僕の中に根強いルーツになっていますね。

石倉:僕個人としては、ドラムを始めた当初はHi-STANDARDやBRAHMANとかばかり聴いてました。ちなみに初めて買ったCDは、はっぱ隊の「YATTA!」です(笑)。


Q.わははは。では歌についてですが、日本語詞の語感が特徴的だと思いました。あと歌とコーラスのバランスが最高です。

石原:歌詞を書く時はいつもタイトルを決めて、その言葉から派生するイメージとその時考えていること、自分の内面的な部分を混ぜて書いてます。ヴォーカルとコーラスの感じは、コーラスがメインみたいな部分もあるし、楽器を鳴らすのと一緒でやっぱり歌もみんなで歌うのが好きですね。


Q.今作はM-1「Galaxy in the Dance」やM-5「Dream Disco」のようなアップリフティングな疾走感のある曲、ドリーミーなインストM-4「Sympathy」、テンポを落として聴かせるM-6「Henry Lampard」と、バンドのスケール感とポテンシャルの高さを感じました。聴き所も沢山ありますよね。

石原:the Lucyを直球で伝える作品が出来ましたね。って、出来た後に思いました(笑)。僕は全体的なコーラスワークだったり、大ちゃんのギターフレーズがつぼですね。「Henry Lampard」みたいな曲は今までなかったんですけど、次の楽曲へ繋がる色が出せたかなと思います。

林:今作は、Galaxy、Dream、Seaなどの単語があらわすように、浮遊感が漂う作品になったと思います。狙ってなったというよりごく自然に向かっていった様に思いました。でも「Galaxy in the Dance」で「Galaxyっぽいソロを」と言われた時はかなり悩みました(笑)。今作はギターソロが多いのでそこもひとつ聴き所だと思います。「Sympathy」は、個人的にインストやイントロの入ったアルバムが好きで今回も入れました。曲作りにおいて、メンバーの意見を取り入れている部分がthe Lucyのスケール感やポテンシャルの高さになっているのだと思います。


Q.同級生というのもあるのかもしれませんが、the Lucyからは音楽をやる楽しさや喜びのようなものを感じました。

石原:間違いなくこのメンバーでやってるから楽しいですね。感じてもらえたように、この4人だから音楽をやる楽しさを僕は伝えられる気がします。それがこのバンドで伝えたいことかもしれません。

林:まだまだ4人で楽しいことが絶対できるので、模索し続けたいです。次の作品も絶対楽しくなりますよ。


Q.最後にリスナーにメッセージをお願いします!

石原:聴いてくれたみんなの何かになれば、それで最高です。

杉崎:じっくり聴き込むにもBGMにするにも、どちらにも合うアルバムに仕上がってます!

石倉:今作、かなり聴きごたえアリです。僕らを知らない人には、是非オススメしてあげてください。

林:バンドは常に進化しています。それは例外なくthe Lucyもそうです。ライブに足を運んで今作の曲を聴いたら、また違う景色がそこにあるかもしれません。そしてthe Lucy初のインタビューでした!読んでいただきありがとうございました!


the Lucy:
石原(Vo、Gt)
林(Gt、Key)
杉崎(Ba)
石倉(Dr)


【HPアドレス】
http://thelucy.net/

アルバムジャケット

the Lucy
NEW ALBUM
Sympathy
SOSR-1

NOW ON SALE

1050円

Live Schedule

11/2@下北沢CLUB QUE
11/18@名古屋APOLLO THEATER
12/6@横浜FAD
12/22@KOGA SPIDER

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993