PICK UP INTERVIEW
WEB限定
前のページに戻る
みそっかす
みそっかすが「三次元からの離脱」「異次元からの来訪者」に続くミニアルバム「三次元への回帰」を発表した。今作は全体からバンドの初期衝動が飛び散りそうなパッション溢れる作品になっている。状況の変化、自主レーベルも立ち上げ、メンバーチェンジと、バンドを取り巻く環境が目まぐるしく変わる中で彼らが辿り着いたアルバムは一体どんなアルバムなのか。作品について、バンドのこれからについて、はるきち(Vo、Gt)に話を訊いた。

Q.3枚目のミニアルバムにして物凄く初期衝動を感じる作品でした。

はるきち:正直、そこは凄く意識しました。1stミニアルバム「三次元からの離脱」を出したときは凄く評判も良くて一気に動員も増えたんですけど、2ndミニアルバム「異次元からの来訪者」は自分達の感覚としてはあまり若い子に届かなかった印象があって。それで今回は、原点回帰とはまた違うんですけど、音楽の楽しさをもう一度取り戻す作業というか、まずは自分達が楽しんで音楽を作るっていうところまで遡って作ったんです。


Q.なるほど。でも「異次元からの来訪者」を経たからこそ生まれた作品だとも思いましたよ。

はるきち:そうですね。あのアルバムがあったからの今作だとは僕も想います。「異次元からの来訪者」を作った直後は最高のものが出来たと思っていましたし。でもアルバムのツアーで気付いたんですけど、「異次元からの来訪者」の曲ってセットリストに入れ難いんです。僕らのライブに来てくれる人ってライブで騒ぎたい人が多いと思うんですけど、「異次元からの来訪者」の曲はライブでの反応が薄かったんですよね。


Q.確かに今作はライブ映えしそうな曲ばかりですよね。

はるきち:ここにきてやっとライブを意識するようになりました(笑)。以前のみそっかすはアルバムを出したからってツアーをやらなくても良いと思っていましたから。前のアルバムのツアーも東京のDJの方が誘ってくれなかったらやらなかったと思いますし(笑)。でも今作はツアーを念頭に置いて作ったし、自分でライブハウスに電話したり、バンドを誘ったりしてツアーを組んでますからね。当たり前のことなんですけど(笑)。ツアーって大変ですね、本当に(笑)。


Q.何か意識の変化があったのですか?

はるきち:メンバーチェンジが大きいですね。確実にバンドのモチベーションが上がったと思います。前のドラマーが仕事の関係で活動に制限があったので、ガンガン活動したい僕らとの間にズレが生まれていて。あと奴は全然練習しなかったので(笑)。でもジャンボリー加藤はドラムの練習を滅茶苦茶するんですよ。彼に他のメンバーも感化されるんです。


Q.みそっかすはパフォーマンスやルックスが目立ちますけど、個々のプレイヤーの演奏面での役割がしっかりしていますしね。

はるきち:全員主張が強いですからね。かなり個性的だと思います(笑)。


Q.ヴォーカルの存在感もどんどん出てきて。

はるきち:嬉しいです。存在感がないって言われ続けてきましたから(笑)。


Q.歌詞に変化はありましたか?

はるきち:たぶん次のアルバムで変わると思います。ノブりる=ラヴィーンが書いたM-2「アメリカと中国と静岡」の歌詞が凄く良くて、同じバンドのメンバーなのに何故か悔しくなっちゃって(笑)。ストレートな歌詞と真っ直ぐなメッセージが刺さるんですよ。このアルバムの歌詞を殆ど書き終えた頃に彼の歌詞に影響を受けたので、次はストレートで刺さる言葉やメロディーを書こうと思っています。あとキュウソネコカミの歌詞とかライブで初めて聴いても覚えられるじゃないですか。ああいう歌詞も次のアルバムでは書いてみたいですね。僕らの周りにはかっこいいバンドが沢山いるんですよ。キュウソネコカミもそうだし、KANA-BOONもそうだし。彼らがどうして人気が出たかを考えた時に自分達にないものが見えたんです。その最たるものが歌詞だったんですよね。次のアルバムではそこも意識したいですね。今作には活かせてないですけど(笑)。


Q.素直に取り入れるのが潔いというか、面白いですよね。

はるきち:全部欲しいんですよ。きっと欲張りなんでしょうね(笑)。


Q.M-1「SEXY DYNAMITE」なんて欲張り以外のなにものでもないですし。

はるきち:あははは。欲張り過ぎて歌う部分少ないですからね(笑)。この曲はカラオケに入ってるんですけど歌うとこ少なくて申し訳ない気持ちになりますから(笑)。バンドでやっていると中々気付かないんですけどカラオケで歌ってみると歌と演奏のバランスが気になるんですよね。そこも次回作では注意して作りたいです。


Q.そこまで考えているのは凄いです。この曲はいかにもみそっかすな曲ですが曲作りはどうでした?

はるきち:実はこの曲はアルバムの最初に作り始めたんですけど、出来上がったのもアルバムの最後なんです。最初はリードギターのフレーズがなかったんですけど何かが足りないなって思っていて。それで最後の最後にギターを乗せたら「これぞみそっかす!」な曲に仕上がったんです。凄く欲張りな校正になったし、みそっかすの面白さが凝縮されていると思っています。


Q.M-8「ファッキンポリス」はバンドの新境地かなって思いました。

はるきち:この曲は同機を取り入れたり、僕がギターを弾かずにハンドマイクで歌ったりしているんです。ライブを意識したからこそ出来た曲ですね。この曲、実は音源をリリースした段階ではあまり評判が良くなかったんですよ…。


Q.え!?

はるきち:全然人気がなかったんです。でもライブで演ったらリードの2曲より盛り上がったんです。これには僕もびっくりしました。また勉強になりましたね。


Q.「ファッキンポリス」もM-4「憧れのギブソン」も歌詞の世界観がみそっかす節全開ですよね。

はるきち:僕はそこを壊したいんですけどね(笑)。この世界観は3枚のミニアルバムで確立したと思っているので、次はそこを壊したいです。これまでも変化を繰り返してきましたけど4枚目も新しいみそっかすが見せられるといいなって思っています。


Q.離脱と回帰をくり返す訳ですね。

はるきち:あははは。次は4次元に突入してやろうかな(笑)。


Q.あははは。ではバンドとしての展望はあったりしますか?

はるきち:個人的にはフルアルバムって尺が長いかなって思うんですけど、僕らは曲が短いのでフルアルバムを作ってみてもいいかなって思っています。あとは人気のあるバンドと一緒にライブをやれるようになったので、次はワンマンでツアーが出来るバンドになりたいですね。会場もどんどん大きくしていきたいですし。


Q.ジャンルの幅も拡がっていますよね。

はるきち:名古屋だったら04 Limited SazabysやTHREE LIGHTS DOWN KINGSやBACKLIFTとやっても面白いと思います。どんなジャンルのバンドにも音楽で勝負出来ると思っているんですよ。みそっかすはどうしても色物のイメージがあると思うんですけど僕はそのイメージを壊したいと思っているので。


Q.だから先日もtwitterで「着物を脱いだらどう想いますか?」っていうアンケートをしていたんですね。

はるきち:そうなんです。着物を脱ぐなら今かなって考えていて。Twitterでアンケートをしたらみんな反対だったんですけど(笑)。でもそれはみそっかすを知っている人にしか聞いてないので、僕らを知らない人に聞いたら「何で着物?」ってなるだろうし。だから凄く迷っています(笑)。でも、正直僕は着物をダサいって思っていないんですよ。着物、ダサかっこいくないですか?着こなしたら普通にかっこいいだろうし。


Q.そう言われるとみそっかすというバンド名も一周してかっこいい気がしてきました(笑)。

はるきち:初めて2YOUのインタビューを受けたときも「名前を変えるなら今のうちだよ」って言われたの忘れていませんよ(笑)。正直、何度も変えようと思いましたけど、この名前が定着した今はもう変えるつもりもないですね。


Q.着物もバンドの世界観には合ってると思いますけどね。

はるきち:音楽性とみそっかすという名前の橋渡し役に着物がなっている気がするんですよ。僕らがスキニー履いてジャケット着てたら嫌じゃないですか(笑)。それで「みそっかすです!」って何か違うなって(笑)。結局、どんな名前でも何を着ていても売れたもん勝ちなんですよ。


Q.以前のみそっかすは売れることに興味がなかったですよね。

はるきち:全然思っていませんでしたね。でも今は単純にバンドが楽しいんですよ。この楽しいことをいつまでも続けるために売れたいんです。そこは明確に意識しています。今だから言えるんですけど「異次元からの来訪者」の頃は本当に辛くて、メンバーとも喧嘩ばかりだったし、ツアーに出ても喧嘩してたので帰りの車内とか険悪だったし…。本当に辛い時期だったんです。でもメンバーが変わってバンドが変わって、今ははっきりと売れたいって思うようになりました。その意識の変化はみそっかすにとって凄く大きいですね。


【HPアドレス】
http://misokkasumisokkasu7.com/

アルバムジャケット

みそっかす
NEW ALBUM
三次元への回帰
DOR-003

NOW ON SALE

¥1,680(tax in)

みそっかす3rdアルバムリリースツアー

2013年11月10日(日) @新木場STUDIO COAST
2013年11月30日(土) @仙台MACANA
2013年12月1日(日) @水戸SONIC
2013年12月7日(土) @天王寺fireloop
2013年12月14日(土) @池袋ADM
2013年12月21日(土) @池下クラブアップセット

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993