PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
MISTY
TRUST RECORDSが放つ至高のグッドメロディーメーカー、愛知県安城市発メロディック・パンクバンドMISTYが待望のニューミニアルバムを完成させた。2011年にリリースした「your story,my story」が無名の新人でありながらその突出したメロディーセンスが早耳のキッズの心を掴んだ。その後、メンバーチェンジ、上京とバンドの環境が変わる中、2013年にTRUST RECORDSからリリースされたミニアルバム「Dream and Hope」がスマッシュヒットを記録。その勢いのまま前作から僅か8ヶ月、ニューミニアルバム「Write you again」がリリースされた。シーンのド真ん中に躍り出たMISTYから目が離せない。

Q.前作「Dream and Hope」はバンドが再スタートしたような作品だと思うのですが手応えはどうでした?

SHINJI:まさに再スタートでしたね。レーベルの移籍もあったし、何よりメンバーも代わっていますからね。ライブに来てくれるお客さんもガラッと変わりましたし。

Low4:僕とKASHIWAGIは初めてのリリースだったんですけど、4人になったMISTYをお客さんが受け入れてくれるかっていうプレッシャーがあって。

KASHIWAGI:でも「4人になって良かった」って声を沢山もらって安心しました。


Q.今作は僅か8ヶ月という短いスパンでのリリースですが。

SHINJI:時間が空いちゃうと中だるみするんですよ。短い間隔でやった方が締まったままの状態でアルバムが出来るんです。6月29日にツアーが終わって3ヶ月でアルバムが完成しましたからね(笑)。バンドのモチベーションも良いですよ。


Q.曲はツアー中に作ったんですか?

SHINJI:はい。M-4「my dream」だけ昔からある曲ですけど、あとは全部新曲です。


Q.「Write you again」というタイトルにはどういう気持ちが込められていますか?

SHINJI:本当はもっと長いタイトルになる予定だったんですよ。でも長すぎると響き的にかっこ悪いなって思って、文章の一部だけ抜粋したんです。MISTYを聴いてくれる人の中には僕らの顔や名前を知らないで聴いてくれている人もいると思うんですけど、そういう人に届くように僕らは何回でも曲を書くっていう意味を込めてこのタイトルにしました。


Q.MISTYの楽曲はメンバーそれぞれの個性やルーツが色濃く反映されていますが曲作りで意識することはありますか?

Low4:僕が加入して単純にギターが1本増えたので、僕のギターという色をバンドに加えることで新しい可能性を感じることが出来るようなアレンジを意識していますね。今までのMISTYになくて僕にあるものをバンドに加えたいんです。


Q.M-3「take your hand」のイントロのギターとかLow4君のカラーが物凄く出ていますよね。

Low4:スクリーモから受けた影響が思いっきり出ていますね。こういうギターとSHINJIのメロディーが上手く合わさったらバンドの可能性が拡がると思います。


Q.M-6「shooting star」の畳み掛けるようなリズムと、綺麗なメロディーの融合もMISTY節ですよね。

SHINJI:ありがとうございます。当初、この曲は1サビで終わる予定だったんですよ。でもサビだけで終わるのが勿体ないなって思えてきて。それで既にレコーディングも終わっていたんですけど、歌詞も変えて録り直したんです。曲を作るときって大体僕が一人で弾き語りで作るんですけど、この曲は作っている段階から速い曲になるって分かっていました。


Q.MISTYの歌詞には「夢」という言葉がよく出てきますが、バンドのテーマとして「夢」があるのですか?

SHINJI:これ、たまたまなんですよね(笑)。歌ってるとつい「夢」になっちゃうんです。今回のアルバムで言えばM-2「sign」とかそうですよね。この曲はワンピースを読みながら書いた曲なんですよ。

Low4:やっぱりそうなの?

KASHIWAGI:聴けば分かるでしょ(笑)。

SHINJI:ワンピースの主題歌にならないかな(笑)。

KASHIWAGI:ワンピース側からオファー来たらやばいね(笑)。 誰かこの曲使って勝手にワンピースの動画作ってくれないかな(笑)。

CAMA:MAD的なやつね。(一同爆笑)


Q.このように何かにインスパイアされて曲を書くことはよくあるのですか?

SHINJI:ありますね。僕がやっているのは、映画やドラマを見ていて、エンディングになったらテレビの音を消すんですよ。それで映像だけ流しておいてそれに合わせてギターを弾いたりするんです。「sign」もワンピースのエンディングでテレビの音を消して作りましたからね。

KASHIWAGI:それ言っちゃっていいの!?2YOU読んだ他のバンドマンが真似しちゃう!(一同爆笑)


Q.その方法は真似したくなりますね(笑)。MISTYの楽曲は基本的にはメロコアを基調にしているじゃないですか。でも歌が乗ることでテレビアニメの主題歌に使われても違和感のないくらいJ-POP感が出るのも面白いですよね。

SHINJI:ワンピースかメジャーを狙ってますからね(笑)。

CAMA:メジャーはガチだね(笑)。

KASHIWAGI:あとこち亀ね。

SHINJI:こち亀は好きだけど、こち亀の主題歌狙うんだったらバンドの方向性随分変わってくるよ?(一同爆笑)


Q.あははは。では改めてMISTYとはどのようなバンドだと思いますか?

KASHIWAGI:僕は歌ものだと思っています。たまたまテンポが速かっただけで歌ものバンドですね。

Low4:グッドメロディーのイケてるバンドです(笑)。

CAMA:僕は音楽的なことじゃないんですけど、地元の友達が集まってバンドをやれているのが嬉しいんですよ。だから極端な話、この4人でやればどんな音楽でも楽しめる自信があるんです。それくらい楽しいバンドですね。

SHINJI:僕もジャンルとかどうでも良くて、作った曲に合うリズムであればそれでOKなんですよ。だから次のアルバムはテンポが遅いものになる可能性だってあるんです。でもそれだってMISTYだって自信を持って言えるんですよね。

KASHIWAGI:そうだね。だからこち亀の主題歌みたいな曲だって生まれる可能性は…。

SHINJI:ある…かな?(一同爆笑)


MISTY:
SHINJI(Vo.Gt)
KASHIWAGI(Ba.cho)
Low4(Gt)
CAMA(Dr.cho)


【HPアドレス】
http://misty-official.com/

アルバムジャケット

MISTY
NEW ALBUM
Write you again
RCTR-1023

NOW ON SALE

¥1,680 (Tax in)

Live Schedule

2013.11.03 [Sun] 宮城@仙台Bird Land
2013.11.04 [Mon] 千葉@千葉LOOK
2013.11.05 [Tue] 神奈川@横浜FAD
2013.11.07 [Thu] 兵庫@神戸太陽と虎
2013.11.08 [Fri] 広島@広島CLUB BORDER
2013.11.10 [Sun] 福岡@福岡QUEBLICK
2013.11.17 [Sun] RAD CREATION presents GRANDLINE2013
2013.11.19 [Tue] 愛知@栄R.A.D
Write you again Release Party!!
2013.11.24 [Sun] 神奈川@横浜BAYSIS
2013.11.30 [Sat] 大阪@京橋ism
2013.12.01 [Sun] 東京@池袋MANHOLE
2013.12.01 [Sun] 東京@池袋MANHOLE
2013.12.08 [Sun] 愛知@名古屋大須RAD HALL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993