PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Say,it ain’t so
2011年3月に名古屋で結成されたSay,it ain’t so。これまでにリリースされた3枚のシングル「Say,it ain't so」「BREAK DOWN」「SHAME」が耳の早いリスナーから話題となり、「NAGO-STEP!!!2013」に出演するなど、活動やバンドの幅も広げてきた彼ら。自らのスタイルを「ROCK DISCO」と掲げる彼らの楽曲からは「激しさと重さをポップに落とし込み聴く者を踊らせる」といった独自のスタイルを感じることが出来る。「ロックミュージックはダンスミュージック」と言い放つ彼らの音楽を是非体感して欲しい。

Q.結成の経緯を訊かせて下さい。

YOSHIKI:僕が前に違うバンドをやっていたんですけど、段々活動のペースが落ちて来て。それで別のプロジェクトを始めようと思ってx-monを誘って結成したのがSay,it ain’t soです。前のバンドではパワーポップをやっていたんですけど、そのバンドではやれなかったダンサブルな楽曲や、ハードだけどポップな音楽をやりたいっていうところから始まりました。


Q. x-mon君はYOSHIKI君が前にやってたバンドは見てました?

x-mon:見ていましたね。歌メロがしっかりしていて、洋楽が好きなんだろうなっていう印象でした。YellowcardやWEEZERからの影響を反映させた曲にうまく日本語を組み合わせていて、かっこいいなって思って見ていましたね。

YOSHIKI:初めて褒められました(笑)。

x-mon:普段絶対褒めないですからね(笑)。


Q.バンド名からも「WEEZERっぽいバンドなのかな?」って思っていたのですがSay,it ain’t soの楽曲はWEEZERよりかなり重いですよね。

YOSHIKI:そうですね(笑)。確かにバンド名はWEEZERの「Say It Ain't So」から付けたのですが、僕はFOO FIGHTERSやHOOBASTANKのような重いものも好きなので、取り入れてみたらハマったんです。それからはハードコアやメタルのような重いものもどんどん取り入れていき、今のスタイルになりました。


Q.みなさんのバックボーンはどのような音楽なのですか?

x-mon:僕はSay,it ain’t soの前は女性Voのポップパンクをやっていたんですけど、歌がしっかりあるような音楽が好きで聴いていましたね。メタルもハードコアも良いと思うものは何でも聴きます。

cari:僕はメロコアバンドをやっていました。Hi-STANDARDやELLEGARDENが青春です(笑)。でもメタルも好きでKillswitch Engageとか聴いていましたね。自分でもよく分かりません(笑)。

YOSHIKI: 僕はTRICERATOPSのような踊れるロックが好きでした。


Q.Say,it ain’t soは「ROCK DISCO」を掲げていますが、今言ってもらったようなメタルやハードコアやメロコアを踊れるものに昇華しているのが面白いですよね。

YOSHIKI: 僕のルーツにある踊れるロックを重い音楽に持ち込むっていう実験的な音楽なのかもしれません。

x-mon:Fear,and Loathing in Las Vegasのような電子音ありきのダンスビートを出す音楽が主流になってきてるじゃないですか。だから僕たちは電子音無しでやれるとこまでやってみたいんですよね。


Q.人力で踊らすことに拘りたいと。

YOSHIKI:ライブもコミュニケーションを重視しているので、そこで踊らせたいなって思いますよね。


Q.これまでに3枚のシングルをリリースしていますがどんどん重くなっていますよね。

x-mon:音は重くなりましたね。

YOSHIKI: 2ndシングル「BREAK DOWN」からcariが入ってギターが2本になったのが大きいと思います。表現したい事が明確に表現出来るようになったんですよね。

x-mon:「SHAME」のイントロとか、cariが弾いたリフから発展していますしね。

YOSHIKI: 遊びで弾いていたリフから発展して、速めの4つ打ちや疾走感のあるメロディーを足したら凄く良い曲になりました。


Q.メンバーの要素が上手くブレンドされていますよね。

YOSHIKI: そう思います。ギターが1本増えたことで音楽性も拡がったと思います。だから何でもありなんですよ。


Q.音楽性という意味ではどこにも属さないバンドなのかもしれませんね。

YOSHIKI:それは自負しています。だからこそ僕らは僕らなりの信念を持ってやっているし、どのシーンでもやっていける自信もあるんですよね。


Q.バンドのテーマや目標にしていることってありますか?

YOSHIKI: テーマは完全にROCK DISCOですね。僕はロックミュージックはダンスミュージックだと思っていて。なので「いかにお客さんを踊らせるか」がコンセプトであり目標でもありますね。

cari:来年はミニアルバムを作りたいですね。

x-mon:cariが入って1年半くらい経つもんね。アルバムは作りたいね。

YOSHIKI:応援してくれる人、待ってくれている人、支えてくれる関係者やライブハウスの人達に恩返し出来るような活動をしていきたいです。あと僕らのライブに来てくれた人がその日を笑顔で過ごせるような、また明日も頑張ろうって思えるような音楽を作りたいんです。それは常日頃から思っていますね。


Say,it ain’t so:
cari (Gt/Cho)、YOSHIKI (Vo/Gt)、x-mon (Ba)


【HPアドレス】
http://sayitaintso.org/

アルバムジャケット

Say,it ain’t so
NEW ALBUM
SHAME
ライブ会場 / imc限定発売

NOW ON SALE

800yen(TAX IN)
imc特別価格500yen

Live Schedule

11/5   大須ell.SIZE
11/17  藤が丘MUSIC FARM
11/30  今池3STAR

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993